スポンサーリンク
カテゴリー

『Lamp』(sumika)の音域

こんにちは。今回はsumikaの『Lamp』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『Lamp』(sumika)
『Lamp』(sumika)の音域








【地声最低音】mid1D(D3) 

★勇まm2E[し]いあm1D[し]m1G[取]り見惚れ[た]【2番Aメロ】

※落としてもそこまで目立ちません。m1Gを低音の基準としてもよいです。


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストサビ[転調+1]で登場

★まっさm2G#[らでい]m2G[い]m2F[だ]ろう【ラストサビ[転調+1]】  
m2G#[ここか]m2G[ら]m2F[が][サビ]G#[だよ]

※曲全体で10回

【裏声最高音】mid2G(G4) ※曲全体で2回

★足が速い人羨んで 真似てm2E[走]m2G裏[た]ら擦りむいた【Aメロ】


【補足】mid2Emid2Gを含むフレーズ一覧

m2E[あ]m2G[せ]m2F#[ら][なく][て]G[いい][ん][だ]【Bメロ】
★見せておいでおいで 勲章 m2G[Oh] m2F#[Oh] m2E[Oh] Oh【2番Bメロ】
★いつかせーm2E[の]で 見m2G[せ]m2F#[合][え]


 まず、『Lamp』(ランプ)についてです。この楽曲は、4人組ロックバンドsumikaによりリリースされたアルバム『AMUSIC』に収録されております。アルバムの1曲目に収録されており、『祝祭』とともにリード曲的な位置づけになっております。そうしたこともあってか、MVも制作されており、sumikaのYouTube公式チャンネルで公開されております。
 同アルバムには、『願い』(過去記事)『センス・オブ・ワンダー』(過去記事)といった楽曲が収録されております。

 『Lamp』はアップテンポの明るいバンドナンバーです。音楽ユニットのtricolor(トリコロール)がバンジョー、フィドル、アコーディオンでゲスト参加しており、 アイルランド音楽のようなアレンジが施されております。演奏時間は2分半程度と短くラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります(#1)。

 『Lamp』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、男性の音域よりもやや高めで歌メロが作られております。上図では分かりにくいですが、基本的にはm1G~m2G#で歌メロが作られているため、音域自体はそこまで広くありません。こうした特徴を備えた楽曲は、意外と持久力が必要になりますので、キーを少し下げてもよいと思います。

 さて、『Lamp』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dについては曲全体で1回登場します。ここはあまり落としてもそこまで目立たないのではないかと思います。低音の基準をmid1Gに置いてもよいと思います。

 一方、地声最高音mid2G#はラストサビで登場します。登場回数は10回ほど登場するため、やや多いです。この楽曲はラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。そのため、通常のサビではmid2Gが最高音となります。
 この辺りは一般的な男声の音域の範囲内とも言えるのですが、中高音域の登場頻度を考えると、一般的な男性はキーを少し下げた方が歌いやすいかもしれません。目安として、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。

 『Lamp』は大まかにみると、音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。大きなキー調整に抵抗が無ければ、普段歌い慣れていない人向けのキー調整も可能なのではないかと思います。ボーカル片岡健太さんのような表現をするには当然練習が必要なのですが、比較的練習曲として使いやすいと私は分析しました。
 一方で、①音域が広くない、②キーはやや高めといった特徴を備えているため、原曲キーの場合は持久力が求められます。地声音域だけで見ると、sumikaの人気曲『Lovers』(過去記事)あたりに近い印象です。初めはキーを下げて、少しずつ慣らしていくのもよいと思います。

 『Lamp』は明るいポップナンバーですのでカラオケなどでも歌いやすいと思います。歌詞も優しくて良いです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
 ちなみに、この楽曲は低音が高めなので、女性にもお奨めしやすいです。一般的にはキーを少し上げた方が歌いやすいですが、高音域が苦手な方は原キーでも良いかもです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする