スポンサーリンク
カテゴリー

『LOST IN PARADISE feat. AKLO』(ALI)の音域 / アニメ『呪術廻戦』ED曲

 こんにちは。今回はALIの『LOST IN PARADISE feat. AKLO』』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『LOST IN PARADISE feat. AKLO』(ALI)
『LOST IN PARADISE feat. AKLO』(ALI)の音域








【地声最低音】mid1A#(A#2) 

★gotta get it homie gotta move [it]m1A# if you gonna do it then 他二のつA#[ぎ]【ラップパート】
☆ I got beaten, stompin‘[on]m1C love【2,3番Aメロ】

※ラップパート以外ではm1Cが最低音ですが、重要度は低い。キー調整の際はmid1Fを低音の基準とするとよい

【地声最高音】hiA#(A#4)  

★keep on dance now m2G#[hey] hiA#[hey]【ラストサビ】

※フェイクですが、歌詞表記があるので最高音に含めました。ここを除けば、サビのhiAが高音になります。

【裏声最高音】hiC(C5) ※曲全体で2回

m2F[And I] won’t give up the fight in my life stand off and groove on hiC裏hiA#[ti][me]【Bメロ】


【補足】mid2FhiDを含むフレーズ一覧

★I won’t give m2F[up] the fight in F[my] li[fe]F【Bメロ】 

★Tokyo prison I’m going to relight your m2F#[fee]li[ng] F#[when] time gets rough【サビ】
m2F#{there’s no] hiA[time] F#[to ex]plain
☆Fu hiA[Fu] hiB[Fu] hiD[Fu] B[Fu] A[Fu] Fu

★Oh god might understand. nobody can’t hold me m2F#[do][wn]m2F【3番Aメロ】

m2F#[Lost in] paradise F#[night and day are]  fading out【ラストサビ】 
★keep on dance now hiA[hey] m2F#[hey] hey hey hey

※☆の部分はフェイクですが、重要なので記載しております。歌詞表記は無いので、裏声最高音には含めておりません。


 まず、ALI(アリ)について少し説明します。ALIは2016年より活動する7人組バンドです。メンバーは日本、欧米、南米、アジアなどにルーツを持つ多国籍なバンドであります。ジャンルとしては、ファンク、ソウル、ヒップホップ、レゲエ、ジャズなどがオーバーラップしております。

 ALIは2019年に、板垣巴留さんの同名漫画を原作としたアニメ『BEASTARS』のオープニング曲『Wild Side』を担当し、話題を呼びました。私自身は、原作の漫画のファンであり、この主題歌も非常に印象に残っております。その後、アニメ『呪術廻戦』のエンディングテーマ曲『LOST IN PARADISE feat. AKLO』を担当し、そちらも大きな注目を集めました。上述の2曲は、2021年Crunchyrollのアニメアワードで、それぞれベストオープニング賞、ベストエンディング賞を受賞しました。私なりのイメージですが、日本以上に海外でも評価の高いバンドなのではないかと思います。


 さて、『LOST IN PARADISE feat. AKLO』についてです。この楽曲は、2020年にALIによりリリースされたシングル作品です。新しい作品ですので、現在シングルのみでのリリースであり、アルバムとしては未収録であります。
 この楽曲は、芥見下々さんの同名漫画を原作としたアニメ『呪術廻戦』のために書き下ろされました。人気アニメのED曲ということもあり、ALIのYouTube公式チャンネルで公開されているMVは、再生回数が2500万回を超えております。公開から約半年ですので、異例の再生回数といえます。

 『LOST IN PARADISE feat. AKLO』はミディアムテンポのファンク、ヒップホップナンバーです。タイトルにもあるように、ヒップホップアーティストのAKLO(アクロ)さんとのコラボレーションであります。歌詞のほとんどの部分は英語詞で書かれております。
 歌メロの音域的な特徴についてです。ラップパートはやや低く、歌メロの部分は男声としてはやや高めであります。ただ、図で示す程低音は辛くなく、また高音域もそこまで目立たないと思います。私なりのイメージですが、歌メロについては地声でmid2F#辺りまでがしっかり歌えると形になりやすいです。
 この楽曲は、音域以上に、リズム感や微妙な抑揚の付け方が難しく、その辺りが重要度が高いのではないかと思います。私自身、2番以降のAメロなどは、R&B・ダンスポップの大家、マイケル・ジャクソンを想起させられました。

 さて、『LOST IN PARADISE feat. AKLO』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めであります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はラストサビで1回だけ登場します。この場面以外では、サビやラストサビでhiAの登場回数がやや多いです。
 この楽曲は、hiA場面以外は、mid2F#辺りが頻出します。私なりのイメージですが、このmid2F#辺りが地声しっかり歌いこなせれば、同曲は形になりやすいです。一般的な男性の場合は、原曲キーもしくは少しだけキーを下げてもよいと思います。

 『LOST IN PARADISE feat. AKLO』は図で見ると、極めて音域が広く見えます。ただ、AKLOさんのラップパートと、LEOさんのボーカルパートを分けると、LEOさんのパートは大体、mid1F~hiA#で歌メロが構成されております。よって、見た目よりはキー調整はしやすいです。ある程度歌い慣れた人であれば、キー調整込みで歌いやすいレンジが見つかるのではないかと思います。

 先にも述べましたが、同曲は、音域以上にリズムや抑揚の付け方などが重要になります。例えば、ラップパートで音程が少しズレてもよいですので、リズミカルかつ程度な強弱で歌いこなせる方が、見栄えがよいと思います(カラオケの得点は高くは出にくいかもですが…)。
 そうした点を考えると、全体としての難易度はやや高めになります。歌詞が英語という点もハードルになります。

 『LOST IN PARADISE feat. AKLO』は音域的には滅茶苦茶に難易度が高いわけではないですが、それ以外の部分での力量が問われます。ただ、その分、歌いこなせるとカッコいいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする