カテゴリー

『私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)』(Ado)の音域

こんにちは。今回はAdoさんの『私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)』(Ado)
『私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)』(Ado)の音域







【地声最低音】mid2A(A3) 

※【裏声最高音】、【補足】を参照ください

【地声最高音】hiD(D5)  ※全体で1回のみ

☆生hiA[き]てhiB地[るんだ]hiChiD地[今日[も][ぉ]【Bメロ】


【裏声最高音】hiE(E5) ※多いです

hiEhiD#-hiC#hiB[だい]じょ]う]ぶ]よ わhiA[た]しは最hiE裏[強]【サビ】

m2A[ト]ゲが刺さってしhiEhiD#hiC#B[まっ]た]な]ら]【Aメロ】
★絶対hiEhiD#hiC#hiBA[に]観]れ]る]の]なぜならば【Bメロ】

【補足】hiAhiDを含むフレーズ一覧

hiB裏[さ]ぁ こhiA[わ]くはない ふA[あ]んはない【サビ】
hiB裏hiA[私]の]夢は みA[ん]なの願い
★歌hiBhiC#[唄[え]ば] ココロ晴hiA[れ]

m2G#[わ]たしのこm2A[え]が小鳥を空[へ は]hiA裏hiB[こ[ぶ]【Aメロ】
★(靡いた服も)おm2G#hiA[ど[り][み]た]いでさ
hiC#裏hiB[ほ][ほ]ら]m2G#[お]いで
★見たm2G#hiA[こ[と]な]い 新しhiB裏A[い]け][し]【Bメロ】

★無hiAhiB裏[理[は]ちょっB裏A[とし]て]でも【2番Bメロ】
★花に水はあhiB裏hiA[げ]た]いわ
★そhiAhiB[う[やっ]ぱ しhiD裏[たい]ことしhiC#裏B[な]きゃ]
☆くhiC地hiB[さる]で]しょう? きC裏BA[た]い]に]A地[こ][え]B地[の]

☆(いつかの夢が) わhiA[た]しのしAhiB地[ん[ぞう]【ラストサビ】
☆何度hiC#地hiB[で]も] 何度hiA[で]も 言うわ

 まず、『私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)』についてです(以下、『私は最強』)。同曲は、2022年に女性歌手のAdoさんによりリリースされたシングル作品です。今週リリースされたアルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』の先行曲として『新時代』(過去記事)とともに発表されました。

 『私は最強』は尾田栄一郎さんの同名漫画を原作としたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌として書き下ろされました。作詞作曲をMrs. GREEN APPLEの大森元貴さん、編曲をミセスと伊藤賢さんが担当されております。アニメの人気と楽曲の質が相まって、公開されているミュージックビデオは既に、900万回近い再生回数を記録しております(2022年8月現在)。
 ちなみに、映画の公開により、主題歌や挿入歌にも注目が集まり、『新時代』、『逆光』、『ウタカタララバイ』などを含め、Adoさんの楽曲がストリーミングランキングで軒並み上位を独占しております。Adoさんの歌唱力、豪華な楽曲提供者、原作および映画の人気が見事に融合しており、それが音楽チャートにも表れているようです。


 『私は最強』の音域的な特徴についてです。同曲は女性としては一部高いレンジが登場しますが、全体でみると大よそ女性の音域の範囲内といえます。ただ、Adoさんの発声の器用さが感じられる作品でもあり、地声や裏声を巧みに使いこなしております。そうした面で非常に難易度のが高い作品です。「高音域が得意な女性」は地声ベースで歌唱するのも良いですし、「標準的な音域の女性」はAdoさんの器用な発声が参考になりやすそうです。
 ちなみに、男性が同曲を歌唱する場合は当然キーを下げた方が歌いやすいです。ただ、高音域が非常に得意な男性などは原曲キーでチャレンジしてみるのも良いかもしれません。



 最後に『私は最強』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の範囲内(一部が高め)です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDは1番Bメロで1~2回だけ登場します。このhiD辺りは女性としては高めのレンジになり、またテンポも速いためメロのコントロールが難しそうです。場合によってはキーを少し下げてもよいと思います。
 ちなみに、同曲はhiB~hiDの高音階が地声で登場する場面が多くありません(上の音域一覧の☆のところ)。そのため、全体でみると標準的な女性でも取っ付きやすいレンジになります(ただし、器用な裏声発声が必須となる)。

 『私は最強』ではAdoさんは裏声の表現を多用しております。そのため、器用な裏声の使い分けが求められます。例えば、サビの【hiE[だい]じょうぶよ 私は最hiE裏[強]】で登場するhiEは最初と最後で発声の仕方がかなり異なります。余裕のある方は、そうした微妙な使い分けも表現したいです。


 『私は最強』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。歌い慣れた人はもちろんですが、音域的にはビギナー向けの調整も可能だといえます。ただ、先述のように、音域面以外の部分で難しい要素が多いですので、難しいと感じられた方は、別の曲と並行して練習してください。

 『私は最強』はアップテンポの楽曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。また、全体的にAdoさんの歌唱表現が豊かであり、参考になりやすい部分も多いと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    リクエストお応えいただきありがとうございます。とてもミセス感しますよね。大森さんご本人が歌ってるのも見てみたいです。

    • もりっしー より:

      この曲は他の方もリクエストされてました。
      逆光と迷ったのですが、先にこちらにしました。
      もしかしたら次のアルバムとかに収録されるかもしれませんね。