カテゴリー

『イージーゲームfeat.和ぬか』(natsumi)の音域

 こんにちは。今回はnatsumiの『イージーゲームfeat.和ぬか』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、今回はラストサビ前の台詞パートのような部分は音域調査から除外しております。また、男性パートと女性パートは基本的に1オクターブ違うレンジを歌っております(例えば、女性がhiEならば男性はmid2E)。音域のその辺りも踏まえて、ご拝読ください。


『イージーゲームfeat.和ぬか』(natsumi)、『Easy Game feat.Wanuka』(natsumi)
『イージーゲームfeat.和ぬか』(natsumi)の音域






【地声最低音】mid1B(B2),mid2B(B3) 

★後ろのm1B(m2B)[正]面 [探し]てるけど 鬼につ[かまって]【Aメロ[男性パート]】


【最高音】mid2E(E),hiE(E5) ※サビで複数回登場

★まhiB[さ]hiC#[しょ]hiE[う]C#[が][い]我が身は焼B[き]直し【サビ】

※女性パートは地声最高音hiC#、裏声最高音hiEのように歌唱してもよいと思います。


【補足】hiBhiD#を含むフレーズ一覧

hiC#hiB[1ぱ][お見]舞い[して]やる] A[B]【Bメロ】
★愛想振りまき従うすhiB[が]たは hiC#[数][あ]C#[中][で]C#[見苦しい]

★ライフ無しアピるの分hiB[か]らず屋【サビ】

★宝を見つけてうhiD#裏[ばい去]hiC#[る]【Cメロ】
hiC#[ハー]hiB[ド]C#[じん]B[せ]C#[懲り]B[懲]B[です]【ラストサビ】

 まず、『イージーゲームfeat.和ぬか』についてです。この楽曲は、2021年に女性シンガーソングライターのnatsumiさんによりリリースされたシングル作品です。同曲は、タイトルにもあるように、『寄り酔い』(過去記事)等で知られる男性シンガーソングライター和ぬかさんとのコラボ曲であり、作詞作曲を和ぬかさん、アレンジを100回嘔吐さんが担当しております。
 natsumiさんは、まだ活動間もない歌手ですが、オリジナル曲『君と歌』や人気曲の弾き語り動画がYouTubeのチャンネルで公開されております。ギターの弾き語りをするということもあり、声の良さが光ります

 さて、『イージーゲームfeat.和ぬか』はアップテンポのポップナンバーです。タイトルにもあるように、コーラスボーカルに男性シンガーソングライターの和ぬかさんが参加しております。和ぬかさん、natsumiさん両者ともギターを弾かれることもあってか、デジタル感のあるサウンドワークにアコースティックギターの演奏が加えられております(YouTubeで字幕設定をすると、コードが出てきます)。また、タイトルから想起されるように、TVゲームの起動音や操作音などが導入されております。

 『イージーゲーム』はやや抽象的な歌詞が並びますが、私自身は、人生をゲームに喩え「イージーモードでプレーしたい」といったことを歌っているのではないかと思います。人生とは各々違うものであり、過酷な環境を乗り越えていかなければならない人もいれば、親族などの財産を運用しつつ、比較的楽に生きていけるような人もいらっしゃると思います。そうした十人十色の人生の中でも、「やっぱりイージーモードで行けたらいいよね」という願望は誰しも抱かれるものではないかと思います(いうまでもなく、私もそうです…)。

 『イージーゲーム』の音域的な特徴についてです。同曲は、基本的に男性パートは女性パートの1オクターブ下を歌唱されております。よって、男性パートか女性パート化で難易度が変わります。男性パートについては、やや低めのレンジで取っ付きやすいのに対し、女性パートは高めになります。一般的なレンジの男性の場合は、男性パートはそこまで難易度は高くないです。反面、女性の場合は、キーがやや高く、場合によっては裏声なども駆使する必要があります。ちなみに、原曲は男女のデュエットになりますが、1人で歌うことも可能です。
 男女のデュエットソングについては主に、①合唱などのように男女それぞれのレンジでハモる、②同じレンジを歌う、③1オクターブ上下で歌うといったケースがあると思います。『イージーゲーム』は③のケースになりますが、私なりのイメージですが、この③の場合は、女声の方が大変になることが多い気がします。


 最後に『イージーゲームfeat.和ぬか』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2),mid2B(B3)~【最高音】mid2E(E),hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。男性の場合は、一般的な男性の声域の範囲内であります。反面、女性の場合は、やや高めです。以下、見ていきます。

 まず、男性パートについては、一般的な男性の音域の範囲内であります。最近のJ-POPの傾向から言えば、やや低いかもしれません。通常の男性の場合は原曲キーでも良いですが、高音域が得意な男性はキーを上げてもよいと思います。低音がやや多いですが、高音域は歌い慣れていない人でも比較的取っ付きやすいと私は分析しました。

 一方、女性パートは最高音がhiEになります。地声最高音としてhiEを歌唱してもよいですが、hiC#やhiBを地声最高音にして、hiEを裏声最高音にしてもよいと思います。私自身、natsumiさんの楽曲については多くを視聴しているわけではないですが、同曲ではnatsumiさん全体として裏声が多く使われているように感じます。
 女性が歌唱する場合は、高音域を歌いこなす力、もしくは裏声と地声を器用に切り替える力などが求められます。歌メロ自体はそこまで難しくはないですが、男性に比べて、難易度が上がります。1人で歌唱する場合はキーを下げても良いと思います。

 『イージーゲーム』は男女2人で歌唱する場合は、キー調整の融通は利きにくいです。反面、1人で歌唱する場合は、男女ともにキー調整しやすいです。歌メロ自体がやや速めで、歌詞をしっかり覚えておく必要がありますが、練習曲として比較的使いやすいです(1人で歌唱する場合)。再生回数も2021年7月現在、既に360万回に達しており、人気が高いです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きつね より:

    和ぬかさんの「ニゲラ」のコメントでリクエストさせて頂いておりました。リクエストにお答え頂きありがとうございます!!

    またしてもリクエストになるのですが、よければWurtsさんの「分かってないよ」の音域調査して頂けると嬉しいです。YouTubeよりご視聴頂けます。

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。

      ニゲラのラップパート(台詞パート)の部分、調査出来てなくてすみません。
      「分かってないよ」リストアップしておきます。