カテゴリー

『Lunatic Gate』(Janne Da Arc)の音域[1999年の作品]

 こんにちは。今回はJanne Da Arcの『Lunatic Gate』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Lunatic Gate』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログでも動画の添付は致しません(ストリーミングなどでは配信されております)。

『Lunatic Gate』(Janne Da Arc)
『Lunatic Gate』(Janne Da Arc)の音域






【地声最低音】mid2A#(A#3) 

※【補足】などをご参考下さい。


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※曲全体で25回以上登場

m2G[いつも]m2G#[の 誰][にで]m2F[も]ぉ見せ[る お]hiA#[得意]G#[のめ]G[で]【Aメロ】

★きm2F[み]m2G[を][ナ]G[ティ][ク]G[ゲ]hiA#[ー]m2G#[ト]G[ま][で]【サビ】
hiA#[こ]m2G#[の]m2G[ぼ]くいがA#[い]G#[に][は] 誰にもできないこG#[と]G[ぉ]

★一人きりm2F[の]hiA#[よ]m2G#[る]m2G[の][う]【ラストサビ】

【補足】mid2Fmid2G#を含むフレーズ一覧

m2G[冷めた君]m2F[のひ]とみ m2A#[あ]い変わらずF[無機]G[質な][宝]石みたい【Aメロ】
★“僕のm2G[か]m2F[じょ]~”と君[に][し出]す度【Bメロ】
★聞かないフリm2A#[し]て ぼ[く]m2F[口]唇に[かみ]m2G[ついて]m2G#[来][る]G

★(君をLunatic Gateまで)m2A#[連れて]m2G[いっ]m2F[て][げ]G[る]【サビ】
★(何か隠してるその扉) m2F[ひ][いて]みせて
★(一人きりの夜の方が) 好きm2A#[だ]ったはずなm2F[の]m2G{に]【ラストサビ】


まず、『Lunatic Gate』(ルナティック・ゲート)についてです。この楽曲は、1999年に5人組ロックバンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)によりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、2000年にリリースされた『D・N・A 』(ディー・エヌ・エー)に収められ、2003年にはシングルコレクションに『SINGLES』にも収められました。『D・N・A』には、当ブログでも以前取り上げた人気曲『桜』(過去記事)が収められております。

 Janne Da Arcは、「ヴィジュアル系の最終兵器」という触れ込みで1998年にメジャーデビューします。ただ、バンドとして人気が大きく広がり始めたのは、2000年代半ば(フルアルバムでいうと『ARCADIA』)の辺りからになります。よって、この『Lunatic Gate』の頃は、まだまだ売り出し中ということになりますが、高い演奏技術やメロディアスな作品性は当時から健在であると思います。


 さて、『Lunatic Gate』はアップテンポのバンドナンバーです。私なりのイメージですが、サビのキーボードなどは、どことなくV系らしいサウンドワークで、ゴシック感があります。歌メロについては、AメロBメロサビと展開しますが、全体としてボーカルの勢いが強く、曲全体で高めの音階が求められます(詳細は後述)。ちなみに、私自身は、ラストのサビで少し調子が変わる場面があるのですが、そこが非常に好きです(【一人きりの夜の方が好きだったはずなのに】の場面です)。


 『Lunatic Gate』の声域的な特徴についてです。同曲は、歌メロが1オクターブで作られており、ポップスとしてはそこまで音域が広くありません。ただ、男性としては高い音域であるため、「男性としては高め音域が全体を通して続く曲」といえると思います。声域的には女性の方が合いやすいかもしれません(J-POPの女声曲だとちょっと高いという人に特におすすめです)。



 最後に『Lunatic Gate』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2A#については、曲全体を通してどこかしらに登場します。この辺りは男性であれば、発声が難しいという音階ではないと思います。
 一方で、男性曲でこのmid2A#辺りが最低音となる楽曲は、ほぼ「一般的な男性にとってキーが高い曲」となります。私としては、Janne Da Arcのみならず、yasuさんのソロプロジェクトAcid Black Cherryもこうした傾向を持つことが多い印象です。

 一方、地声最高音hiA#はAメロやサビで登場します。曲全体を通して25回以上登場し、回数としても非常に多いです。この辺りは、普通の男性としては高いため、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから2~3つ程度[♭2~3]下げてみてください(歌い慣れた人の場合)。

 『Lunatic Gate』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。よって、歌い慣れた人はもちろん、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います(大きなキー調整が必要になります)。ただ、ボーカルのyasuさんのようなエモーショナルな歌唱を安定して行うためにはしっかり歌い慣れておく必要があります。その辺りをしっかり踏まえて練習に励みたいところです。

 同曲を原曲キーで歌唱する場合、先にも述べたようにmid2F~hiA#辺りの中高音域が曲全体を通して頻出します。そのため、そうした高い音階を安定的に歌いこなす能力が求められます。スタミナも必要不可欠です。声域的には高音が得意な男性、もしくは声がやや低めな女性が合いやすいと思います。

 私なりのイメージですが、Janne Da ArcやAcid Black Cherryは、「男性としては高いレンジが断続的に続く曲」というのが非常に多い気がします。そのため、声が高い男性や、やや声域が低めな女性などに合いやすいものが見つかりやすいと思います(反面、一般的な声域の男性には高いものが多いです)。

 『Lunatic Gate』は歌詞がややエロティックであり、カラオケ等で歌う際はTPOが求められるかもしれません(ヒトカラなどではあまり気にする必要はないと思います)。ただ、アップテンポでノリがよい楽曲であります。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    改めてJanne Da Arcを聞き返すと本当に演奏がテクニカルだなと思いました、この曲の場合特にイントロのドラムと間奏が好きですね、(音源の質とかが気になり始めました)
    歌メロに関しては声が少し低めな女性が歌うといい感じになるレンジだと思いますね、音域が狭い曲は大体そうなる気がしますが

    • もりっしー より:

      この曲いいですよね。
      私は普段そこまで音質を気にかけないのですが
      確かに、リマスタリングとかしてほしいと感じました。
      ジャンヌはまだまだ人気が高いはずなのに
      アルバムのリマスターとかベストアルバムとかも出てないんですよね。

  2. ぴたっくま より:

    寧ろジャンヌは音がいいなと思ったのです、曲は好きなのにCDの音が…というのが結構あるので、ジャンヌは音が良いのでより聞きたくなるな、と最近思いました。 自慢では無いですが最近、定価30万オーバーのイヤホンを買ってしまったのですw、このレベルだと音源が全て見えてしまいます(リリースの時代と音質ってそこまで関係ない感じですね、最近のでも音が余り良くないの結構あります、良い悪いは個人の感じ方なのであくまで自分の中でですが)

    • もりっしー より:

      そうなのですね。
      私は、Spotifyの配信をPCのスピーカーで流した程度なので
      ぴたっくまさんの方が正しいと思います。
      ストリーミングでRed Zoneなどを聴いたときに、若干音が悪く感じたのです。

      確かに「音圧競争」などといわれるように
      新しいほど音質がいいというわけではないですよね。
      30万円超ってすさまじいですね。
      Twitterの投稿とかもよく見てます。