こんにちは。今回はJanne Da Arcの『月光花』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『月光花』(Janne Da Arc)、Gekkouka(Janne Da Arc)
『月光花』(Janne Da Arc)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★悲しげに咲く花に 君のおm1F#[もか]げを見た【Aメロ】
m1F#{夜]に揺られて m1F#[溜][息]一つ【Bメロ】 


【地声最高音】hiA(A4)  

★月のm2F#[か]hiA[ら]m2G[を][あ]F#[め]【サビ】

※曲全体で8回です。

【補足】mid2F#mid2Gを含むフレーズ一覧

★堕ちたはm2E{な]m2F#{び]【Bメロ】

m2G[ゆ]m2F#[め][か]ざり眠る【サビ】
m2G[あ]m2F#[の][ろ]へ還F#[れ]G[な][い]

m2F#{い]まはもう君[は]m2G[い][な]m2F[い]F#[よ]【2番サビ】


 まず、『月光花』(げっこうか)についてです。この楽曲は、2005年に5人組ロックバンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『JOKER』や、シングルコレクションにも収録されており、ジャンヌのシングル作品としては最高売上を記録しています(次点は『振り向けば…/Destination』になります)。

 同曲は、手塚治虫さんの同名漫画を原作としたテレビアニメ『ブラックジャック』のオープニング曲としてタイアップが付きました。同曲はアニメへの書き下ろしではなく、元々、前作のアルバム『ARCADIA』の頃から存在していた曲だそうです。そうしたこともあってか、アニメのオープニング
では、歌詞がシングル版と一部異なっており
ます。アニメファンなどはカラオケの際には気を付けられてください。
 余談ですが、私自身は『ブラックジャック』が非常に好きな漫画であり、アニメも視聴しておりました。同アニメを見ていた人にとっては思い入れの強い作品でもあると思います。

 『月光花』はストリングスなどが用いられたバラード作品です。私は同バンドの全ての曲を把握しているわけではないですが、『月光花』はJanne Da Arcの作品としてはやや異色なのではないかと思います。私なりの印象では、ジャンヌはもっとバンドサウンドやテクニカルな演奏がが前面に出たアレンジのものもが多いと考えております。



 さて、『月光花』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで複数回登場します。また、hiA以外にもmid2Gなども多く登場します。このhiAやmid2G辺りをしっかり歌いこなせることが、同曲を歌いこなす肝になります。
 このhiA辺りは一般的な男性の音域よりもキーがやや高めですので、少しキーを下げてもよいです。原曲キーから2つ程度下げて歌唱すると合いやすいのではないかと思います。

 『月光花』は音域自体は広くなく、キー調整もしやすいです。キー調整に抵抗がないのであれば、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。バラードなのでややリズムがとりにくい部分もあるのですが、練習曲としては比較的使いやすいです。

 『月光花』は原曲キーの場合は、サビでは高めの音が連続します。ただ、当ブログで過去に取り上げた『DOLLS』(過去記事)『桜』(過去記事)と比べると、『月光花』サビが長くなく、hiAの登場回数も少ないので、取っつきやすいのではないかと私は分析しております。また、AメロBメロとサビでメリハリが利いているので、その点でも歌いやすい印象です。