カテゴリー

『Best Friend』(西野カナ)の音域 [ 2010年の作品 ]

 こんにちは。今回は西野カナの『Best Friend』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。非常に人気の高い歌手ですが、これまでに全く取り上げる機会がなかったので、今回自選曲としました。よって、当ブログで西野カナさんを取り上げるのは今回が初となります。


『Best Friend』(西野カナ)、Best Friend(Kana Nishino)
『Best Friend』(西野カナ)の音域






【地声最低音】mid1G(G3) ※曲全体で1回

★ママにm2A#[も 言えないこと]も全部 誰よりも分かって[く]れる【Aメロ】
★真っ先にメールくれる優しさに もうm1G[な]んども救われて【2番Aメロ】

※mid1Gを除くと、mid2A#辺りが低音域

【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで登場

★君hiA#hiD#裏[がい[て]hiD地hiC[く]れ][て]本当よかっ[た]【サビ】

※地声音域が高くない人はhiDは裏声でもよい

【裏声最高音】hiG(G5) ※サビやCメロで登場

★好きだhiD#裏[よ]、大好きだhiFD#[よ]ぉ]FhiG[ぉ[ぉ]ぉ][ぉ]【サビ】
★世hiC地hiA#[界]で]hiD#hiC[い]ち]D#hiFhiG[ば[ん[に]【Cメロ】
hiGhiFhiD#[し]あ]わせ]D#F[なっ[て][し]い]


【補足】hiA#hiFを含むフレーズ一覧

★何でも打ちhiA#裏[明]けられる ママにも【Aメロ】
★嬉しい時hiA#[は]m2G#[自分]の事みたいに喜んでくれて【Bメロ】

★どんなとhiC裏hiA#[き]も]祈っているよ【Cメロ】
★(例えば、離れていても) 何年経っhiA#[て]もぉhiCA#[お]ぉ]【ラストサビ】
hiD#裏hiC[わ][し][ち][Be]st] hiF[Frie]nd]hiD#

 まず、西野カナ(西野カナ)さんについて少し説明します。西野カナさんは2008年より活動する女性歌手です。デビューから1年後の2009年の『君に会いたくなるから』で注目を集めます。その後、『もっと…』、『Dear…』、今回取り上げる『Best Friend』、『会いたくて会いたくて』などヒット曲を連発、日本を代表する女性歌手の1人として、大きな活躍を見せました。2010年より9年連続で紅白歌合戦に出場されております。

 西野カナさんの代表的な作品としては、先に挙げた楽曲に加え、『if』、『君って』、『トリセツ』などが挙げれられます。ポップな歌メロディーに、共感性の強い等身大の女性の歌詞などが大きな魅力です。私自身は、声の良さも非常に光ると感じます。2010年代に特にヒットした女性歌手の1人といってよいと思います。

 西野さんはCDアルバムの売上などでも大きなセールスを記録しているのですが、とりわけ着うたやダウンロードでの面で爆発的な売上を残しております。シングル作品については、ダウンロードで7曲ものミリオンセールスを記録しました(Billion Hitsより)。日本ではCDシングルやストリーミング再生回数の記録が注目されることが多いですが、こうした側面にもっと光が当たっても良い気がします。


 さて、『Best Friend』(ベストフレンド)についてです。この楽曲は、2010年に女性歌手の西野カナさんによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、同じ年の『to LOVE』に収められております。同アルバムには、『もっと… 』、『Dear…』、『会いたくて 会いたくて』などのシングル作品が収録されております。同アルバムは、CDで75万枚ものセールスを記録し、日本レコード大賞の優秀アルバム賞にも選出されました。
 『Best Friend』も大きな売り上げを記録し、CDシングルでも10万枚近いヒット、配信では着うた、ダウンロードいずれでもミリオンヒットを記録しました。西野さんを代表する楽曲の1つといえます。


 『Best Friend』はミドルテンポのポップナンバーです。ピアノが基調となったしっとりとして楽曲であり、ストリングスなども用いられております。歌メロについては、頭サビで始まり、AメロBメロサビと展開します。全体的にメロディアスな作品であり、非常に親しみやすいです。ちなみに、私自身は、歌詞なども印象に残りました。

 『Best Friend』の音域的な特徴についてです。同曲は、サビで地声のhiDが登場する等、女性としては高めのレンジで歌メロが作られております。また、サビやCメロでは裏声が多用されており、器用な裏声表現が必要不可欠になります。ある程度高音域が得意な女性は原曲キーでも良いと思いますが、一般的には少しキーを下げたほうが歌いやすいといえます。


 最後に『Best Friend』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、サビを中心に登場します。このhiDは女性の音域としては標準~やや高いレンジとなります。そのため、一般的な音域の女性でもキーを下げることがありえる高さです。今回の『Best Friend』はサビの尺も長いですので、通常はキーを下げた方が歌いやすいのではないかと私は分析しました。一つの目安ですが、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください(♭1~♭2)。
 私なりの印象ですが、サビで登場する「hiDを裏声」にして、hiC辺りから地声感を意識するというのも良いかもしれません。高音域が得意でない方はそうした歌い方を選択肢に入れてみてください。


 『Best Friend』は低音域に若干の余地があり、キー下げなどは可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに調整することができるといえます。一方で、歌い慣れてない人などは、もしかしたら一部難しく感じる部分が出てくるかもしれません。同曲は裏声が多く用いられており、その点でも力量が問われます。キーを調整するにしても歌い慣れた人向けの作品といえます。

 『Best Friend』を原曲キーで歌唱する場合、hiC~hiD辺りを地声でしっかり歌いこなせる力が求められます。また、先述しておりますが、この楽曲では裏声が多く用いられており、その点でも器用な発声が求められます。よって、「標準よりやや高めの女性」~「ある程度高音域が得意な女性」などが合いやすいと私は考えております。また、標準的な音域の女性でも、裏声が器用に使いこなせる方は、原曲キーでのチャンスがあるのではないかと思います。

 『Best Friend』はメロディーもそうですが、私は歌詞なども非常に魅力的に感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 優雅 より:

    調査お疲れ様です!
    やはり女性歌手なだけあって非常に高いですね!
    UVERworldの件ですが早くにKINJITOもリクエストされてたんですね。気付かなかったです。KINTITOはラップ多いし音域広くて調査しにくいのは凄く分かります。
    D-tecnolifeを取り上げてくださると嬉しいです。

    • もりっしー より:

      西野さんは発声が凄く綺麗ですね。
      あと声質がすいいです。彼女が一時代を築いたのもうなずけます。

      昨日、D-tecnoLifeを調査しました。
      いつ取り上げるかは決まってませんが、
      面倒な部分とかも無いので、比較的早く記事になると思います。

      • 優雅 より:

        D-tecnolifeの調査ありがとうございます!
        先程もう一度KINJITOについて調べたら最低音がmid1Bと記載してるサイトがありました。
        lowG#なのかmid1Bなのか判断が難しいです。

        • もりっしー より:

          私も今度しっかり調査してみます。
          以前より調査能力が上がってるので、上手く調査できるかもしれません。

  2. 優雅 より:

    KINJITOと打ったつもりがKINTITOになってました
    地声最低音がlowG#と記載してるサイトが幾つかありました。低音部分も多いのでどこら辺がlowG#か僕には分かりにくいですね。
    地声最高音がhiD#で比較的分かりやすいですが女性コーラスの部分もhiD#ですかね?