カテゴリー

『Dear』( Mrs. GREEN APPLE ) の 音域

こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『Dear』(2024)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。



 ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。『Mrs. GREEN APPLE』の音域一覧(まとめ)


『Dear』(Mrs. GREEN APPLE)
『Dear』(Mrs. GREEN APPLE)の音域








【地声最低音】mid1F#(F#3) 

m2D#[な]にがあるm1F#2ED#[かわ]か]ら]ないけ[ど]【Aメロ】
★ひm2E[だ]り胸の鼓動をm1F#m2F#地[感じ]てる]【通常サビ】
★Bye – 時の流れに任せm1F#[て S]mile


【地声最高音】hiB(B4) ※全体で1回

m2G#hiAhiB地[無く[し[た]も]の]をさ[がす]【Dメロ】


【裏声最高音】hiE(E5) ※Dメロで1回

★人hiA地BhiE裏DBhiC#^-A地[生[のい[ち]ぶ]と呼][ば]な]きゃ]いけないなら m2G#地[ど]うか


【補足】mid2F#(一部略)hiD#を含むフレーズ一覧

★とm2D#m2F#裏[びら[の]先に[は]【Aメロ】
★だhiA#裏hiBF#[れ[か]がき]っと貴方を待ってる
★「生きていm2F#m2G#[け[な]い]」 無気力な私を【2番Aメロ】
★鳥が羽ばたくm2F#地[よ]うには行F#裏m2G#[か[ず]と]【Bメロ】
★抱きしめてくm2G#[れ][まhiA#裏hiB[で[今日も生き][る]【2番サビ】
★みm2F#m2G#[ち[が]廃]れていようとも【Dメロ】
★誰hiA地hiB裏A地[か[を]う]しなうのも
Gm2G#[ひ[だ]りむ]ねの鼓[動]を感じhiA#地[てる]【ラストサビ[転調₊4]】
Gm2G#^[み[ぎ]の]脳でG[明日]を夢見てる
hiA#裏hiC^-2G#G地[ち[い]さ]な]ての]ひらの中hiD裏[で]
★Smile – 不安もみかhiD#裏hiB[た]に]てさ

 まず、『Dear』についてです。この楽曲は、2024年にロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。この記事を執筆時点で最も新しいシングル曲であるため、アルバムには未収録です。
 同曲は、清武英利さんの小説を原作とした映画『ディア・ファミリー』のために書き下ろされました。楽曲の質も相まって、主題歌『Dear』はストリーミングランキングなどでも上位にランクインしています。

 『Dear』はミドルテンポのバンド曲です。映画の主題歌ということもあってか、しっとりした印象の楽曲であり、ボーカルの大森元貴さんは裏声と地声を交えたような優しいニュアンスで歌唱されています(終盤は力強い)。歌メロはAメロBメロサビと展開しますが、ラストサビでは転調し、通常のサビよりも4つ高いキーになります(こうした点が少し難しい)。通常のサビとラストサビでキーが4つ違うため、表現のメリハリを上手く付けたいところです。


 『Dear』の音域的な特徴についてです。同曲は男性の音域としては高めのレンジで歌メロが作られております。低音域に余地があるため、一般的にはキーを下げた方が歌いやすそうです。
 同曲は最低音がmid1F#であり、男性曲としては高めです。その分、中高音域の登場回数が多いのですが、今回はmid2F#~mid2G#などのレンジでも裏声が使われいてるため、器用な地声と裏声の使い分けが不可欠になります。地声高音の登場回数なども考慮すると、やはり中高音が得意な男性に合いやすいといえます。一方、「高音域が非常に得意な男性」だとAメロBメロの裏声などが少し歌いにくいかもしれません。

 ちなみに、女性が同曲を歌唱する場合、通常はいくらかキーを上げた方が歌いやすいと私は推測しています。ただ、今回の楽曲は最低音がmid1F#であるため、人によっては原曲キーでの歌唱がマッチする可能性もあります。具体的には「標準より低めの音域の女性」などは原曲キーでの歌唱を視野に入れてみてもよいかもしれません。



 最後に『Dear』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#はAメロやサビで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内です。ただ、最低音mid1F#というのは男性曲としては高めであるため、相対的に中高音域が得意な人の方が有利になりやすいことが示唆されています。

 次に、地声最高音hiBはDメロで登場します。登場回数は1回のみです。このhiBに次ぐ地声高音としては、hiA#がピークとなる場面が全体で2回、hiAが4回、mid2G#が10回程度登場します。こうした点を考慮すると、男性の音域とは高めであり、一般的にはキーを下げた方が歌いやすそうです。一つの目安ですが、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。


 『Dear』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。歌い慣れた人であれば、ある程度自分の得意なレンジに調整することができるといえます。一方、今回の楽曲は裏声の音域が広く、裏声と地声の巧みな使い分けが不可欠です。そのため、裏声が得意か否かという点で歌いやすさが大きく変わってくると思います。そうした点を考慮すると、やはり歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。
 同曲はメロディー自体は比較的わかりやすいです。ただ、繰り返し申しているように、今回の楽曲は裏声の器用な発声が不可欠です。裏声が苦手な人などはかなり難しい作品といそうです。

 『Dear』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F~hiB(裏声はhiEまで)といった中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。地声感のあるhiA~hiBが求められる場面で多くないですが、器用な裏声発声が多く、hiD~hiE等の高レンジも要所で見られます。
 こうした点を考慮すると、「(ある程度)高音域が得意な男性」などが原曲キーに合いやすいと私は判断しました。低音の裏声にこだわらなければ、「標準より低めの音域の女性」、「高音域が非常に得意な男性」なども視野に入ってると思います。


 ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。『Mrs. GREEN APPLE』の音域一覧(まとめ)


【まとめ】

①低音が高い分、中高音寄り(裏声が広い分音域も広い)
②原キーだと「(ある程度)高音域が得意な男性」などに合いそう
③「標準より低めの音域の女性」なども原キーに合う可能性がある
④メロは比較的分かりやすいが、器用な裏声地声の使い分けが不可欠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする