カテゴリー

『愛とか恋とか』(Novelbright)の音域 [2022年の作品]

 こんにちは。今回はNovelbrightの『愛とか恋とか』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『愛とか恋とか』(Novelbright)、Ai toka Koi toka(Novelbright)
『愛とか恋とか』(Novelbright)の音域






【地声最低音】mid1F#(F#3) 

m1F#[月]曜日の朝 憂鬱な気持ちもF#[ぉ]【Aメロ】
m1F#[いつ]m2F#[もの]道に優しい風が吹き 
m1F#[ここ]ろはずませ今日がは1F#[じま]るよF#[ぉ]

【地声最高音】hiB(B4)  ※全体で20回超と多い

★こm2G#[と][で][た][け]hiA#hiB[れない[く]らい][の]【サビ】
★あm2G#[ふ]hiA#hiB地[れ[出]し]て 止B地A#[ま]ら]ないおG#[も]

★弱くてもいい 泣いm2G#[て]hiBhiA#[も]いいん][だ]【Cメロ】


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビで登場

★(言葉で片付けられないくらいの)愛hiD#裏hiC#[し]て]る』が【サビ】


【補足】mid2F#(一部略)hiC#を含むフレーズ一覧

★昔は聴かなm2G#m2F#[かっ]たあ]の歌F#[や]【Bメロ】
★映画や香水のm2F#m2F[匂]い]でさえも
hiA#m2G#m2F#[どう]し]て] 僕[も好き]なんF#G#[だ[ろう]

hiA#m2G#[こんな]に][も] m2F#[愛][か]F#G#[い[とか]の]【サビ】
★(離さないから抱きしめたいよ)hiC#裏[ずっ]hiA#G#[と]ぉ]

★「なんm2F#[とも]ない[よ]」 「大[丈]夫だよ」【Cメロ】
★ぼm2F#[く]の前で強が[ら][い]m2G#[で]

★あm2G#[りきたりなの]hiA#[も]hiC#裏[れない]A#地[け][ど]【ラストサビ】

 まず、『愛とか恋とか』(あいとかこいとか)についてです。この楽曲は、2022年に5人組ロックバンドNovelbrightによりリリースされたアルバム『Assort』(アソート)に収められております。同アルバムには、『ライフスコール』、『The Warrior』、『seeker』といったシングル作品が収められております。Novelbrightはメジャーデビュー以降、タイアップ曲も見られるようになりましたが、『ツキミソウ』(過去記事)のヒットなどもあり、アニメやドラマなどの大きなタイアップが少しずつ増えていると感じます。

 その中で、『愛とか恋とか』は先行配信曲として、アルバムに先立ちリリースされました。テレビ番組で披露されたり、ミュージックビデオなども制作されるなど、リードトラックのような位置づけにあるのではないかと思います。
 同曲は、リリース当初は10代を中心に人気でしたが、少しずつ認知度を上げ、最近は各種ストリーミングランキングでも上位にランクインし始めております。NovelbrightのYouTube公式チャンネルでも450万回を超える再生回数を記録しており、ロングヒットの兆しが見え始めております。


 『愛とか恋とか』は穏やかなアレンジが特徴的なスローナンバーです。アコースティックギターなどが用いられており、全体的に優しい作品です。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られております。全体的に親しみやすいメロディーであり、カラオケなどにも向きやすいのではないかと思います。作詞竹中雄大さん、作曲は竹中雄大さんと沖聡次郎さん、編曲はNovelbrightによりなされております。

 『愛とか恋とか』の音域的な特徴についてです。同曲は地声のhiBが多く登場するなど男性としては高いレンジで歌メロが作られております。一般的な男性については、キーを下げた方が歌いやすいです。同曲は、低音域も比較的高めですので、キー下げなどはしやすいです。
 ちなみに、同曲は音域だけを見ると女性も原曲キーでの歌唱が可能です。ただ、Aメロ以外の場面でもmid1G#辺りが登場するなど、女性にとってはもしかしたら低音域が少し歌いにくい可能性もあります。カラオケで気軽に歌う分には原曲キーでもよいと思いますが、歌い慣れた女性がしっかり歌唱する場合はキーを上げるのもよいと思います。
 『愛とか恋とか』はキーは非常に高いのですが、メロディー自体は比較的親しみやすく、覚えやすい作品といえます。キー調整も含め、音域が合う人にはお勧めしやすいです。



 最後に『愛とか恋とか』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べると高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#はAメロで登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内で、発声自体はそこまで難しくないのではないかと思います。一方、mid1F#は女性にとっては低めであります。そのため、人によっては低音域が歌いにくく感じられやすいです。高音域が得意な女性はキーを上げてもよいと言えます。

 次に、地声最高音hiBについては、サビを中心に多く登場します。登場回数は21回とかなり多いです。同曲はhiA#も多く登場し、裏声ではhiD#が見られるなど男性としては高いです。そのため、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから3~4つ程度下げてみてください。

 『愛とか恋とか』は低音域に余地があり、キー下げはしやすいです。歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに合わせることができうるといえます。一方、音域自体が広めであるため、ビギナーなどについては、歌いにくい部分が出てくるかもしれません。原曲に近いニュアンスを表現するためにはしっかり歌い慣れておく必要があります。

 『愛とか恋とか』を原曲キーで歌唱する場合、hiB,hiA#といった高音域を地声でしっかり歌いこなせる力が求められます。同曲はAメロはそこまで高くないのですが、Bメロやサビ辺りはmid2G#~hiBが登場するなど男性としてはしんどいレンジが続きます。とりわけサビは、高音域が得意な人でないと難しいのではないかと思います。
 よって、原曲キーの場合は、「高音域が得意な男性~高音域が非常に得意な男性」、「標準よりやや低めの音域の女性」などが合いやすいと思います。また、カラオケなどで気軽に歌う場合には、一般的な女性もアプローチしやすそうです。同曲は一部低音が辛い部分もあるかもしれませんが、音域的には女性の声域に近似します。

 『愛とか恋とか』はボーカルの良さが活きやすいアコースティックなアレンジであり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。ヒットチャートなどを見ても、Novelbrightの新たな代表曲になる予感を感じさせます。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. バンビ より:

    この歌の音域気になっていたので調べてくれて嬉しいです!
    お願いがあるのですがNovelbrightのOkey dokey!!もお願いしたいです!
    カラオケで歌ってて高いな〜と思ってこの曲どのくらい高いところあるのか気になっているのでお願いします!

    • もりっしー より:

      バンビさんコメントありがとうございます。
      同曲リストアップしておきます。
      私も少し気になってました。