スポンサーリンク
カテゴリー

『Sunny drop』(NovelBright)の音域

こんにちは。今回はNovelBrightの『Sunny drop』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 
 NovelBrightについては、当ブログでは以前に『Walking with you』(過去記事)を取り上げました。2回目の登場になります。


『Sunny drop』(NovelBright)
『Sunny drop』(NovelBright)










【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★五月雨に浮かぶm1C#[雲]間眺めても(Aメロ) 


【地声最高音】hiB(B4)  ※登場回数が多い

★気がつけばほm2G#[ら]G#[み][す]hiA#[が]hiB[たを]G#[す](Bメロ)
m2G#[そ]らは君hiA#[の居場]hiB[所]A#[を]G#[照]G#[す](サビ)
★きっとまだつよhiA#{が]hiB[り]A#[な]ままで 

★でも簡単に逃げ出hiB裏[し]hiA#地[た]B[く]A#[な]いやと(2番Bメロ)
★立ち尽くす君のすm2G#[が]hiA#[たを]hiB[さ]hiA#[が]G#[す](2番Bメロ) 
★笑う君m2G#[がい]hiA#[と]G#[しい]hiB[々]A#[なん]G#[だ]A#[よ](ラストサビ)

※Bメロ、サビ等で頻出します


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※各サビで2回ずつ

★逢いたいと泣くhiA#[あ]hiF#[め]hiF[上]hiD#[が]C#[れ]A#[ば](サビ)


【補足】mid2G#hiA#辺りの注意点

★笑う君m2G#[がい]hiA#[と][しい]G#[々よ]ぉ(サビ)


 まず、『Sunny drop』(サニー・ドロップ)についてです。この楽曲は、5人組ロックバンドNovelBrightによりリリースされた配信シングルです。NovelBrightの記念すべきメジャーシングルでもあります。タイアップとして、「コカ・コーラ ゼロ」のCM曲に起用されました。
 昨年、『Walking with you』(過去記事)で知名度が上がったNovelBrightですが、今後更なる活躍が期待されます。

 『Sunny drop』はアップテンポの爽やかなロックナンバーです。歌メロはAメロBメロサビといった形で作られており、非常に馴染みやすいと思います。作詞作曲がメンバーが行い、サウンドプロデュースは亀田誠治さんが行っております。

 歌メロの音域的な特徴ですが、地声最高音hiBが非常に多く登場します。図に示すよりも低音部分には余裕がある印象なので、キー調整はしやすいと思います。ただ、サビを中心にかなり高めの裏声が登場しますので、キーを調整するにしてもある程度歌い慣れている必要があると思います。



 さて、『Sunny drop』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについてですが、Bメロやサビで多く登場します。回数としては非常に多いです。一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。原曲キーから3~4つ程度下げるのを目安にしてみてください。
 原曲キーで歌唱する場合は、難易度はやや高めなのですが、高音域が得意とされる方は歌いこなせると非常に気持ちが良いのではないかと思います。

 一方、裏声最高音hiF#ついては、サビで登場します。息漏れが少なく、地声のようにも聞こえます。地声最高音が高くなくても、こうした裏声が使いこなせると表現の幅が広がります。
 歌い慣れてない人は最初は息漏れの多い一般的な裏声などから練習してみても良いと思います。「裏声についてはよくミッキーマウスの声真似をイメージすると良い」とも言われます。興味を持たれた方はミッキーマウスからアプローチしてみても良いと思います。

 『Sunny drop』は音域が広い作品ですが、図で示すよりも低音部分に余裕があります。よって、キーの調整は見た目よりもしやすいと思います。ただ、先にも述べましたように、裏声がサビで多く登場しますので、その点がハードルになりやすいかもしれません。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Mrs より:

    omoinotakeのモラトリアムどういう曲の音域調査お願いします。

  2. Kaz Sakamoto より:

    このバンド、ボーカルの身長が190オーバーと聞いてビックリしました
    音域、声質だけ聴くと160台くらいに思えるのですが、突然変異レベルの才能ですね…(プロ相手ですが、パーフェクトすぎて嫉妬してしまいました)

  3. もりっしー(管理人) より:

    >>2
    夜分、恐れ入ります。
    竹中さんの関連ツイートなどを見たのですが
    それはガセか冗談ではないですか?
    ミュージックステーションのコメント。
    タモリさんのポスターの位置などを考慮しても
    190以上は無いとは思うのですが。
    スノーマンの阿部さんが178センチらしいですので
    それよりも明らかに小さい気がします。
    https://twitter.com/Mst_com

  4. Kaz Sakamoto より:

    >>3
    言われてみれば、mvなどを見てもさほど大きくは見えませんでした
    調べたらネタのようですw 恥ずかしい勘違いでした

  5. もりっしー(管理人) より:

    >>4
    いえ、そういうことはよくあります。
    大丈夫ですよ。
    私なりのイメージですが、
    竹中さんの発声は秦基博に似てる印象です。
    声質は秦さん(178cm)よりやや高いですので
    170台前半から半ばだと私は推測しています。

  6. Kaz Sakamoto より:

    >>5
    ちょうど平均くらいですね、
    それでも西野カナの曲を原キーで歌ってるようなのでとんでもない才能なのは間違いないようです

  7. もりっしー(管理人) より:

    >>6
    そうですね。キーが高いのもそうですが
    声質がすごくいいですね。
    カラオケとかで真似したくなります(マネできないけど)。