カテゴリー

『Stellar Stellar』(星街すいせい)の音域

 こんにちは。今回は星街すいせいさんの『Stellar Stellar』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Stellar Stellar』(星街すいせい)、Stellar Stellar(Suisei Hoshimachi)
『Stellar Stellar』(星街すいせい)の音域








【地声最低音】mid1G#(G#3) 

★きっと君はもう気づいていた m1G#[ぼ]くの心の奥で描いた【Aメロ】
★それがこれから話すm1G#[陳]腐なモノローm2G#[グ]

m2G#hiA[ぼ[く]だ]ってき[み]A[お][な]じ 特別なんm1G#[か]じゃ[ない]から【Bメロ】


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※Bメロとラストサビで計3回

★その手を伸m2G#hiAhiB[ば[し[て] 誰かに届くhiC#地[よう][に]【Bメロ】
★(そうだ僕は)ほhiAhiB[し[だ]BhiC#地[た[ぁ]ぁ] Stellar Stellar B[Ah]【ラストサビ】

※サビでは地声のhiBが多い

【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで多い

hiE裏hiD#[あ]りっ]hiBhiC#[た[け]hiB[か]がやきで【サビ】
hiEhiD#[待]っ]hiBhiC#[てる[シン]B地[レ]ラじゃないB[さ]
hiEhiD#hiC#hiB[む]かえ]に]行]く王子B地[さ]B[だ]


【補足】mid2G#(一部略)hiBを含むフレーズ一覧

hiB裏[ずっ]と言えない言葉があった 壊せない壁があったんだ【Aメロ】
★ふっと香り立つ朝の匂いが どうしようもなく憎m2G#hiA[ら[しく]て]
★部屋の隅で膝をかm2G#[かえ]てふhiAG#[る]え]ていた

★そうさm2G#[僕]hiB[夜]を歌うよ Stel[lar] Stellar【サビ】
★ゆhiD#hiC#hiB[め]見]が][な] [お]とぎ話【Cメロ】

 まず、星街すいせい(ほしまち すいせい)さんについて少し説明します。星街すいせいさんは2018年より活動するバーチャルYouTuber、バーチャルアイドルです。ゲーム実況などの配信活動なども行っておりますが、音楽活動に特化したレーベルに所属し、EPやアルバムなども勢力的にリリースしております。2021年には初のフルアルバム『Still Still Stellar』をリリースしました。また、TAKU INOUEさんのとのユニットMidnight Grand Orchestraなどでも活動されております。

 星街すいせいさんの人気曲としては、『NEXT COLOR PLANET』、『GHOST』、『天球、彗星は夜を跨いで』といった楽曲が挙げられます。いずれもここ数年で再生回数が1000万回を超えており、多くの人気を集めているのが伺えます。
 星街さんは声質としてはやや低めで、少年性を帯びたような歌唱も特徴的です。目標として「武道館での単独ライブ」を掲げており、今後ますますの活躍が期待されるVTuber、バーチャルシンガーです。


 さて、『Stellar Stellar』(ステラーステラー)についてです。この楽曲は2021年に星街すいせいさんによりリリースされた初のフルアルバム『Still Still Stellar』に収められております。同曲はアルバムのリード曲にあたり、ミュージックビデオなども制作されました。公開されたMVは8か月で約1200万回もの再生回数に達しております。星街さんの楽曲の中でも特に再生数が伸びており、大きな注目を集めた楽曲だといえます。

 『Stellar Stellar』はアップテンポのポップナンバーです。頭サビで歌メロが始まり、ホーンセクション、ストリングスが用いらております。同曲は、作詞を星街すいせいさん、作曲・編曲をTAKU INOUEさんが担当しております。TAKU INOUEさんは以前はバンダイナムコスタジオのサウンドクリエイターとしても活躍しており、最近はメジャーレーベルに所属して楽曲を発表されております。ソロ名義の中で、星街さんをゲストボーカルに迎えるなどもしました。


 『Stellar Stellar』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、おおよそ一般的な女性の音域の範囲内(もしくはやや高め)で歌メロが作られております。一般的な女性が原曲キーで歌唱することも可能ですが、場合によってはキーを少し下げて歌唱してもよいと思います。同曲は、サビを中心に裏声が多用されており、その点でも器用な発声が求められます。


 最後に『Stellar Stellar』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)~【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内(もしくはやや高め)といったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1G#はAメロやBメロで登場します。私なりの印象ですが、とりわけBメロのサビ直前に登場する場面が特に低いのではないかと感じました。

 次に、地声最高音hiC#については、Bメロとラストサビで登場します。登場回数は3回程度で、そこまで多くはありません。ただ、同曲はサビを中心にhiBが多く登場するなどします。hiBは一般的な女性の音域の範囲内ですが、歌い慣れていないとスムーズな発声がと損なわれやすいです。登場回数も30回前後とかなり多いので、少しキーを下げてもよいのではないかと思います。


 『Stellar Stellar』は低音域に若干の余地があり、キー下げは可能です。そのため、歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに調整することができるだと思います。一方、ビギナー向けの調整も可能といえば可能ですが、もしかしたら一部歌いにくい部分が出てくるかもしれません。サビで裏声が多用されている点も慣れない人には少し難しい部分だと思います。

 『Stellar Stellar』を原曲キーで歌唱する場合、高音域についてはhiC#,hiBといった音階をしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りはおおよそ一般的な女性の音域の範囲内です。ただ、サビではhiBが多く、全体で30回前後登場します。そのため、標準的な女性の場合、意外とスタミナが要求される楽曲かもしれません。
 私なりの印象ですが、原キーの場合、「標準よりやや高め~ある程度高音域が得意な女性」などが合いやすいと感じました。男性については、「高音域が非常に得意な方」などはもしかしたら原キーでも歌えるかもしれません。ただ、この曲を原キーで歌える男性は、相当高い方になり、Official髭男dismなどのハイトーン曲も歌えるのではないかと思います。

 『Stellar Stellar』はアップテンポのポップナンバーであり、童話的な歌詞も魅力的です。私自身は、女性曲でありながら、「迎えに行く王子様だ」と歌っている点も印象的でした。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする