J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『GONG』(WANIMA)の音域と感想

 こんにちは。今回はWANIMAの『GONG』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。WANIMAは久々の登場です。


『GONG』(WANIMA)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  ※サビで登場

★それぞれの夢が一つに[つ]ながる(サビ)
★強くなって守りたい仲間[が]hiA#[る]mid2G#[か]


【地声最高音】hiC#(C#5)    ※Bメロサビ等で登場

★嵐の夜にmid2G#[よ][さ][知]hiC#[れば][~]hiA#(Bメロ)
★狙いhiA#[さ]mid2G#[め] ため[らう]hiC#[と][く](サビ)
★ためmid2G#[らうこ]hiC#[と][な]hiA#[く~~] hiB[う][う][う](ラストサビ)


【補足】mid2G#hiBの箇所

★ひhiB[ろ]hiA#[い]mid2G#[う][を](Aメロ)
★近道なんてもったいhiB[な]hiA#[い]
hiB[これか]hiA#[ら]mid2G#[も][う]けんは]
★続hiA#{く]hiB[の][で]mid2G#[しょう]

★なみhiA#[だ]hiB[ひ][と][つ見][せ]m2G#[ない](Bメロ)
hiA#{真っ]mid2G#[赤][ほ]のお

★生mid2G#[き抜]hiA#[いたさ][き]に 見[つ]け(サビ)
★手に入れhjiB[たい]hiA#[も]
★旅はまだ途mid2G#[中]hiA#[だ][ろ]
hiA#[つ]mid2G#[のる][お][もい]

mid2G#[見]hiA#[に行]こう(Hey!!)ま[だ][ら][町]へ(ラスト)


今回の音域の記載についてですが、mid2G#とhiA#の箇所について全てを記載していません。基本的には、当ブログではmid2F,midi2G辺りの音階から上のキーはなるべく記載するようにしています(男性ボーカルの場合)。しかし、今回は全て記載すると、膨大な量になり却って混乱する可能性があると感じました。故に、mid2G#とhiA#の箇所について一部省略しています。他の高音域のミュージシャンでもこのような対応を取ることがあります。

『GONG』(WANIMA)









 まず、『GONG』についてです。この楽曲は3人組ロックバンドWANIMAが2019年にリリースしたシングル『Summer Trap!!』に収録されている楽曲です。この楽曲は、劇場アニメ『ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)』のために書き下ろされた作品です。ちなみに、STANPEDEとは「(動物や群衆などの)大脱走」、「殺到」などの意味があるようです。
 『GONG』はWANIMAのYouTube公式チャンネルでMVや音源が公開されており、合計200万回以上もの再生回数を記録しています。非常に注目度の高い楽曲です。

 『GONG』のサウンドについてです。WANIMAらしい疾走感のあるギターロックです。WANIMAの楽曲は、歌メロディーが異常なほどのテンションの高い点も特徴的です。J-POP一般ではAメロBメロが助走でサビが全力疾走といった楽曲が多く見られます。しかし、WANIMAの作品はAメロの時点で全力に近いような高音域が登場してきます。また、今回の『GONG』はそうではないですが、冒頭からサビが登場する作品も多く見られます。
 今回の『GONG』についてはAメロが楽曲全体で一度しか登場しないのですが、サビのようなテンションです。そして、キーも高いです。冒頭の高いテンションのまま、最後まで突っ走っていきます。カラオケなどで歌唱する場合、キーの高さもさることながら、休憩箇所がほとんど無い歌メロディーも難所の一つだと思います。
 



 さて、『GONG』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、『GONG』の音域の特徴についてです。上述しているように、mid2G#,hiA#といった音階が楽曲全体を通してマシンガンのように登場します。mid2G#,hiA#は一般的な男性ボーカル曲の地声最高音に設定されることも多い高い音階です。hiC#という地声最高音に注目が集まりがちですが、歌メロディーが切れ目なく続き、休憩箇所がほとんど無い中で、こうしたmid2G#などの音階が楽曲全体で登場するという点で難易度が高いです。キーの高さも去ることながら、スタミナも求められます。一般的な音域の男性が『GONG』を原曲キーで歌う場合、非常に困難が伴うという点を留意しておいてください。

 ちなみに、高音域が続く楽曲は「裏声で対応する」という方策を、私はしばしば提案することがありますが、今回はその作戦は使えません。楽曲全体が高いテンションですので、その中で裏声を駆使するのが難しいですし、使えたとしてもニュアンスが崩れるのではないかと思います。

 これらを踏まえた上で、一般的な男性がこの楽曲を歌う場合は、やはりキーを下げるということだと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから5~6程度下げると歌いやすくなると思います。この場合、地声の最高音がmid2G#(mid2G)に設定されます。楽曲のテンションを考えると、もう少し高めのキーに設定しても良いかもしれません(hiA~hiA#あたり)。
 ただ、普段歌い慣れていない男性の場合、このキー(mid2G)でも少し高いと思います。とはいえ、一般的な男性の場合、mid2G辺りまでならば練習を重ねることで地声で歌いこなせるようになる可能性が高いです。そうした点を踏まえて、練習に取り組んでください。
 
 ちなみに、『GONG』は音域的には女性の方が合いやすいキーだと思います。楽曲のニュアンスとしては男性の声質の方が合いやすいと思いますが、興味のある方は試してみても良いかもしれません。



『夏祭り』(JITTERIN'JINN)の音域と感想

 こんにちは。今回はJITTERIN'JINN(ジッタリン・ジン)の『夏祭り』(1990)を取り上げたいと思います。この曲は他のアーティストにカバーされ、最近ではアニメ関連でのカバーが多い楽曲です。よろしくお願いします。


『夏祭り』(JITTERIN'JINN)、Natsumatsuri

『夏祭り』(JITTERIN'JINN)









【地声最低音】mid2C(C4)  

m2C[き]みの[か]みの[か]おりはじmid2G#[け]た(Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  

★きmid2G#[み]hiA#[が][い][た]hiC[な]つは(サビ)
★とおいmid2G#[ゆ]hiA#[め][の]な]hiC[か][~]
★おmid2G#[ま]hiA#[[つりの]hiC[よ][る][は] (Aメロ)


 まず、『夏祭り』についてです。この楽曲は1990年にバンドのJITTERIN'JINN(ジッタリン・ジン)によりリリースされたシングル作品です。JITTERIN'JINNは当時は4人組のバンドで、現在は3人で活動されています。スカというジャンルを取り入れたスタイルでした。ギターのカッティングに特徴がよく表れています。『夏祭り』のほかには、『プレゼント』、『にちようび』などが非常に有名な楽曲だと思います。
 『夏祭り』は2000年にガールズバンドのWhiteberryがカバーして、こちらも非常にヒットしました。タイアップとして、TBS系ドラマ『ふしぎな話』の主題歌に起用されました。最近では、アニメ関連でのカバーも非常に多い印象です。

 『夏祭り』のサウンドについてです。先に述べたように、JITTERIN'JINNの特徴の一つはスカパンクの要素が非常に強い点です。夏祭りにもそうしたアレンジが見られます。短く刻まれるギターのカッティングが非常に心地よいです。また、4人バンドの音色が色濃く出ており、キーボードなどのアレンジは見られません。
 一方、2000年にカバーされたWhiteberryのバージョンは原曲のアレンジをある程度踏襲しつつも、キーボードの音色のキラキラ感が強調されています。この点は原曲とは大きく異なります。私の見方としてはバンドが好きな方は原曲が、ポップなアレンジが好きな方はWhiteberryのバージョンが好きなのではないかと思います。

 『夏祭り』はAメロとサビによるシンプルなメロディー構成です。また、メロディーラインがいわゆるヨナ抜きの音階になっています。つまり、キーを変えると、ピアノの黒鍵盤だけでメロディーが演奏できます。このメロディーラインが「日本の夏らしさ」を演出しています。


 『夏祭り』の歌詞についてです。夏祭りを舞台にした若い男女の恋愛がテーマになっています。何となく10代の頃を思わせる甘酸っぱい内容です。この楽曲が色褪せない理由の一つは共感しやすい歌詞にもあると思います(メロディーライン、楽曲の構成なども素晴らしいと思います)。

「ばぐれそうな人ごみの中 「はなれないで」出しかけた手を ポケットに入れて握りしめていた」
「君は好きな綿菓子買って ご機嫌だけど少し向こうに 友だち見つけて離れて歩いた」
「線香花火マッチをつけて 色んな事話したけれど 好きだって事が言えなかった」


といった歌詞にそうした点が象徴されます。好きな相手に対して、もう一歩踏み出せず、距離がなかなか縮められない主人公の姿が描かれます。こうした姿は多くの人の青春時代とオーバーラップするのかもしれません。
 



 さて、最後に『夏祭り』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4)~【地声最高音】hiC(C5) でメロディーが構成されております。おおよそ一般的な女性の音域の範囲内といえます。

 まず、『夏祭り』の特徴的な点についてですが、音域がかなり狭いという点です。きっちり1オクターブでメロディーが作られています。故に、例えば、地声最高音のhiCが出にくいという人は、キーを下げて調整しやすい作品でもあります。「キーを下げると低音部が出にくい」といった心配も生じにくいです。普段歌い慣れていない人であれば、原曲より1~2程度下げて練習しても良いかもしれません。そういう機転が利きやすい楽曲で、練習曲としても非常に向いている作品といえます。
 
 『夏祭り』が今もなお多くの人に愛される楽曲である理由は、分かりやすいメロディーの構成や美しさ、詞の世界観といったことだけでなく、多くの人がチャレンジしやすい音域を持っているという点もあると思います。

 この『夏祭り』ですが、男性目線の歌詞でもあります。故に男性が歌ってもよいと思います。ただ、原曲キーで歌うのはかなり難しいです。一つの目安として、4~5程度キーを下げると良いと思います。地声最高音がmid2G辺りに設定されます。普段歌い慣れている人であれば、届きやすい音階です。高い声域の男性はもう少し上げても良いかもしれません。
 ちなみにこの夏祭りを原曲キーで歌える人はOfficial髭男dism辺りの曲もかなりクオリティーで歌いこなせると思います。



『グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子』(RADWIMPS)の音域と感想

 こんにちは。今回はRADWIMPSの『グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、『グランドエスケープ』については、2019年8月現在、公式のMVや音源は公開されておりません。故に、当ブログにおいても動画の添付は行いません。ご了承ください。


『グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子』(RADWIMPS)、『Grand Escape(Movie edit) feat.Touko Miura


【地声最低音】mid1E(E3)  

★ 繋ぎ合う手をm1E[選ん]だぼ[くら](Aメロ)
★もう少しで運命の[~] m1E[向][う](野田洋次郎パート)


【地声最高音】hiB(B4)  

hiB[重]力が眠りmid2F#[に]mid2G#[つ]く(Bメロ)
★来たhiB[るべき]hiA[日]mid2G#[の]2F#[た][め][に][夜][を][超][え](コーラス)


【補足】

★叶わぬと知ってmid2G#[い]mid2F#[な]がら(Aメロ)
★1000年に一度のmid2F#[きょ]う(Bメロ)
★連れ戻されmid2F#[な]い場2F#[所]mid2G#[へ]
★ゆmid2F#[め]mid2G#[に]hiA[僕][ら][で]帆を張っ2F#[て](コーラス)
★怖くないmid2F#[訳ない でもと]mid2G#[まんない]
hiA[ぼ]mid2G#[く]mid2F#[ら]hiA[こ]mid2G#[い]2F#[が]言う

『グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子』(RADWIMPS)









 まず、『グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子』についてです。この楽曲は、2019年にRADWIMPSによりリリースされたサウンドトラックアルバム『天気の子』に収録されている楽曲です。新海誠監督の長編アニメ映画『天気の子』のために制作された楽曲で、主題歌の一つでもあります。

 『グランドエスケープ』のサウンドについてです。これまでRADWIMPSはギターを中心としたバンドサウンド、もしくはピアノを基調としたアレンジが多く見られた印象です。しかし、この『グランドエスケープ』については、ピアノの演奏も行われているのですが、シンセサイザーの音色が非常に目立つアレンジになっています。
 
 歌メロに関しての象徴的なアレンジの一つが、楽曲の終盤に登場するコーラス(サビ)の部分です。こうしたアレンジを耳にし、サカナクションを連想された方も多いと思います。私自身もそうでした。ただ、サカナクションのコーラスアレンジは、英国のロックバンドQueen(クイーン )などに近い印象です。クイーンのコーラスは、オペラや熟練した声楽のニュアンスです。
 一方で、『グランドエスケープ』に関しては、三浦透子さんの声質がかなり残ったアレンジです。映画の書き下ろしということもありますが、どこか私達一般人に近く、ティーンエイジャーの決意のような青さや瑞々しさが表現されていると思います。

 
さて、この『グランドエスケープ』ですが、(Movie edit)とクレジットされています。つまり、今後別のアレンジによるバージョンがリリースされる可能性があると私は考えております。例えば、私個人としては、Bメロ⇒野田洋次郎さんのボーカルのパート⇒サビ(コーラス)は(Movie edit)では展開が非常に目まぐるしく感じます。楽曲の変化が早いです。映画の尺というものもあるゆえに、楽曲全体を通しても3分程度の短いアレンジになっていますが、もし別バージョンがあるとするならば、この辺はより長い尺を使って表現されるのではないかと思います(もし違っていたらすみません)。




 さて、最後に『グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。ボーカルは三浦透子さんが主に担当していますが、声の高い男性ボーカルがこうした音域を取ることが多い気がします。女性ボーカルにしては少し低めです。

 この『グランドエスケープ』ですが、ボーカルを担当するのが男性か女性かにより指摘すべき点が変わってくると思います。
 まず、男性についてですが、一般的にはかなり高い音域です。地声最高音であるhiBだけ見ると、滅茶苦茶高いわけではないですが、全体として中高音域が連続で登場し、かなりきついです。ニュアンスも声を張るというより、柔らかな声質です。原曲のニュアンスを忠実に表現するのであれば、高い声が出るというだけでなく、高い音域を柔らかく表現する能力が必要になります。その点において、原曲キーは非常にハードルが高いです。男性の場合は、一般的にはキーを下げて対応するのがベストだと思います。
 
 次に女性についてです。女性については一般的には少しキーが低く感じる人も居るかもしれません。ただ、メインボーカルを三浦透子さんが担当しているということもあり、男性よりも合いやすいと思いいます。
 コーラスに関しては原曲自体もそこまでエモーショナルな表現がされているわけではありません。ゆえに、例えば高音域が得意な女性であっても、キーをそんなに高く上げる必要は無いと思います。一方で、地声最低音のmid1Eは女性にしてはかなり低めです。この辺りも含め、それぞれに合ったキーを調整をすると良いと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー