こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『恋の去り際』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、この『恋の去り際』は現在、アーティストやレーベルの公式チャンネルなどでMVや音源が公開されていません。故に、当ブログでも動画は添付いたしません。ご了承ください。


『恋の去り際』(Official髭男dism),Koi no Sarigiwa


【地声最低音】mid1F(F3)  



【地声最高音】hiC(C5)  ※Bメロとラストサビ

★あmid2G[の]hiA[と][き]hiA#[はどんな]hiC[お][も][いで][傍]にいG[た]A[の]
hiA#[しあ]A[わ][せ]hiC[を]mid2G[きっ][と]hiC[つ][け]{る]G#[から][ah]



【補足】mid2GhiA#辺りの箇所

★思い悩み まよmid2G[な][に]hiA#[飛]び出m1F[し]た(Aメロ)
★冷たいかmid2G#[ぜ]に吹かれながら
★もう忘れたいんmid2G[だ] あの瞬[間] (Bメロ)
mid2G[真っ白なひ]かりに 照らし[出さ]れた

mid2G[あんなに好きだと言]hiA#[合]hiA[っ][て](サビ)
hiA[ほ]mid2G[ほ]をくっつけ笑って
★撮っmid2G#[た]mid2G[しゃ][し][ん]にも

★全部消hiA[し]mid2G[わす][れ]hiA#[て](ラストサビ)
hiA#[それ]hiA[い][じょ][う]A#[の]


※アウトロの【「ルールルルー」の場面】の一番高い箇所はhiF
『恋の去り際』(Official髭男dism)









 まず、『恋の去り際』についてです。この楽曲は2016年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『MAN IN THE MIRROR』に収録されている楽曲です。このアルバムでは『コーヒーとシロップ』がMVが公開されています。ちなみにアルバムの『MAN IN THE MIRROR』というタイトルですが、恐らく世界的ミュージシャンのマイケル・ジャクソンの代表曲『Man In The Mirror』から借用したのではないかと思います。私自身はR&Bなどにはあまり詳しくないのですが、髭ダンの展開する音楽ジャンルを考えると、納得できるタイトルであると感じました。

 さて、『恋の去り際』のサウンドについてです。全体としてセンチメンタルで、かつポップ寄りのナンバーです。「ヒゲダンらしさ」というと、様々な側面があると思いますが、本作はファンクやダンスミュージックの要素よりも、ピアノポップとしての要素が強く、それらがストリングスが融合しています。
 個人的に好きだと感じた場面は、「悲しい恋のさーりーぎーわ」というサビの部分です。タイトルにもなっているフレーズです。サビの歌メロディーは全体として流れるように進行してゆくのですが、この場面だけは串を指すように「さーりーぎーわ」と発声しています。そして、ボーカルの発声に合わせてギター、ベースやドラムなどの楽器も音色を刻んでいます。その点が非常に耳に残りました。また、アウトロのベースも好きです。

 この楽曲は以前レビューした『ESCAPADE』とともにリクエストを受け今回記事にしました。この楽曲がリクエストされた理由が非常に理解できた気がしました。今後、多くの人に知られるようになる可能性のある楽曲であると私自身は感じまています。

 歌メロディーについては、韻を踏んだリズミカルな要素を包含しつつ、非常にメロディアスであります。メロディー構成としてはAメロBメロサビで構成されています。Cメロなどはありません。こうした構成ゆえに、ポップな作品でありながら、シングル曲のようなドラマティックな面はやや抑制されていると感じます。『恋の去り際』がリード曲ではなく、アルバムの中の佳曲としての位置づけられているのは、そうした側面からなのではないかと私自身は考えました。




 最後に、『恋の去り際』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiC(C5) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。どちらかといえば、一般的な女性の音域に一致する形でメロディーが展開されています。ヒゲダンの作品で言えば、『宿命』と同じ音域になりますが、『宿命』よりもこちらの方が歌いやすいと思います(それでも難しい)。

 まず、通常のサビではhiA#が最高音になります。一般的な男性よりも高めですが、ヒゲダンの人気曲の中ではかなり歌いやすいキーです。「ヒゲダンの楽曲を歌いたいけど、あと一歩届かない」という人は狙い目かもしれません。

 次に地声最高音hiCですが、Bメロと最後のサビで登場します。やはりここがハードルになります。ここは裏声で対応できればよかったのですが、地声で歌えた方が良いと思います。例えば、弾き語りなどのような場合は裏声で歌うのも可能かもしれません。しかし、カラオケなどでは楽曲のテンポなどを考えても裏声で対応するのは難しいように感じます。

 一般的な男性の場合はやはりキーを下げるのがベターな選択肢だと思います。例えば、原曲から3つ程度下げると、通常のサビがhiA#からmid2G、最高音hiCがhiAに設定されます。歌い慣れた人であればこの近辺が合いやすいと思います。普段歌い慣れていない人はこの辺りの音域でもきついですので練習を重ね、声を出し慣れてください。

 『恋の去り際』は低音部にはある程度余裕があります。以前レビューした『ESCAPADE』ほど融通が利くわけではないわけではないですが、この『恋の去り際』もキー調整をして歌唱したり、練習したりするのには向いていると思います。
 
 ちなみに『恋の去り際』は音域的には女性が歌った方が合うかもしれません。今回はあまり記述していませんが、メロディーラインはシンガーソングライターのaikoさんっぽさがあります。歌詞内容的にも性差をあまり感じないので、お奨めです。