カテゴリー

『Choral A』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Choral A』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『Choral A』はアーティスト及びレーベルの公式チャンネルではミュージックビデオが公開されておりません。よって、当ブログにおいても動画の添付は致しません(今後、もしMVがアップロードされましたら、添付いたします)。

 当ブログが過去に取り上げたヒゲダン作品についてはこちらをご覧くださいヒゲダンの音域一覧

『Choral A』(Official髭男dism)、Choral A(Official HIGE DANdism)
『Choral A』(Official髭男dism)の音域








【地声最低音】mid1B(B2) ※各Aメロで1回ずつ

★つm2F#[ま]んねぇと嘆m1B[いた]ら だm1E[れかが]1E[をか]わかしてる【Aメロ】



【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で1回

hiA[な]ん度もお[な]hiA#hiC地[じ[よ]うな[夜]【ラストサビ前Bメロ[転調+1]】


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※1番,2番サビ

★まhiC#裏hiB[ち]を過]hiA[ぎ]m2G#-m2F#[あ]め]と【サビ】
★きっm2G#[と]hiA[こ][で] [会]えたhiC#hiB[意]味]があると

★つhiAm2G#[ぎ]に]A[ら][と]きはhiC#hiB[こ]え]に出して【2番サビ】

【補足】mid2F#(一部のみ)hiCを含むフレーズ一覧

★冷えたm2F#[グ]ラス持ったゆうm2G#hiA[じ[ん]が]【Aメロ】
m2F#-m2G#[疲[れ]を浮G#hiA[か[べ]きょ][うも]つぶG#[や][く]
m2G#[いつ]かの子G#hiA[ど[も]ら]のな[つが][か]び消[え]【Bメロ】

★それhiAm2G#[を]待っ]m2F#[て]たような綿G#[毛][が]【サビ】
★(風に)hiB裏hiA地m2G#[飛ば]さ]れ][こ]hiB[ば]れて
hiAm2G#[い]ま]、たどG#A[り[着]い]m2F#[た]ひとひ[ら]
★言ってるm2G#[み]たいにさ[さやく]よ こたえておG#hiA[く[れ]と]

★小さいhiAm2G#[く]つ]を指hiB裏[差]して【2番サビ】
hiA#A[で]も]そのA#[こ]えが]hiC裏[ない][で]いるんだ【ラストサビ前Bメロ[転調+1]】

★まm2G#m2F#[ち]を過]ぎた雨とそれを待ってたような綿毛が【ラストサビ[転調-5]】

※地声高音ではhiAが多く登場します



 まず、『Choral A』(コーラル・エー)についてです。この楽曲は、2022年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたEP作品『ミックスナッツ EP』に収録されております。同EPには、『ミックスナッツ』(過去記事)『Anarchy』(過去記事)、といったアニメや映画の主題歌となった人気曲が収められております。とりわけ『ミックスナッツ』はアニメ『SPYxFAMILY』の主題歌として今もなおストリーミングチャートで上位に位置しております。

 さて、『Choral A』は、2022年8月に公開予定の映画『異動辞令は音楽隊!』のために書き下ろされました。同映画は、阿部寛さん演じる捜査一課の刑事が音楽隊への異動を命ぜられ、奮闘する姿が描かれます。ちなみに、ヒゲダンのベースおよびサックスを担当している楢﨑誠さんは、以前に島根県警察音楽隊に所属し、サックスを演奏していた経験があるそうです。そうした縁もあってか、今回はタイアップ曲でありながら、楢崎さんが作詞作曲を担当されております。


 『Choral A』はミドルテンポのバンド曲です。音楽隊がテーマとなった作品という事もあり、バンドサウンドに加え、ホーンセクションの働きも顕著です。ヒゲダンはこれまでのホーンセクションを取り入れた作品が多くみられました。
 ちなみに、同曲は楽曲終盤のBメロは通常のBメロよりもキーが1つ高く、さらにラストのサビは通常のサビより5つ低いキーで歌唱されております。そうしたJ-POPではあまり見ない進行もあり、最初は少しとっつきにくく感じられるかもしれません。ただ、私個人としては面白い展開だと感じました。作詞作曲は先述の楢崎誠さん、編曲はヒゲダンとChoral A製作委員会によりなされております。

 『Choral A』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性としては高いレンジで歌メロが作られております。そのため、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。ただ、今回は最低音がmid1Bとヒゲダンの曲としてはかなり低く、大きなキー調整には向きにくいです。音域がかなり広いため、歌い慣れた人向けの作品と言えると思います。



 最後に『Choral A』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1BはAメロで登場します。 この辺りは登場頻度は高くないのですが、ヒゲダンの楽曲としてはかなり低いレンジになります。 低音域が苦手な男性の場合は一部少し歌いにくい部分が出てくるかもしれません。またmid1Bは女性にとっては相当低いレンジになりますので、通常はキーを上げた方が歌いやすいです。

 次に地声最高音hiCについては、ラストのBメロで登場します。hiCについては曲全体で1回程度であり、少なめです。 ただ、サビなどを中心にhiA,hiA#の登場頻度が高く、全体で20回以上登場します。そのため、一般的な男性はキーを下げたほうが歌いやすいといえます
 ちなみに、原曲キーで歌唱する場合は、「高音域が得意な男性」などが合いやすそうです。先述のように低音から高音まで広いレンジが要求されます。

 『Choral A』は低音域に少し余地があり、キー下げは可能ですが、大きなキーの上下には向きにくいです。そのため、歌い慣れた人であっても難しい部分が出てくるかもしれません。私なりの分析ですが、キー調整を考慮してもある程度高音域が得意な男性向けの楽曲です。
 また、同曲は、転調が多く、またメロが予想しにくいなど人気曲などと比べてやや取っつきにくい部分があります。音域面以外の部分でも難易度が高い作品だと私は判断しました。

 『Choral A』は人気曲などと比べるとやや取っつきにくいかもしれません。ただ、個人的にはスルメ感があり、終盤の展開などはクセになります。興味を持たれた方はチャレンジしてみて下さい。
 

 当ブログが過去に取り上げたヒゲダン作品についてはこちらをご覧くださいヒゲダンの音域一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 髭男ファン より:

    ペンディング・マシーンという楽曲の音域調査お願いしたいです!‍♀️

    • もりっしー より:

      リストアップしておきます。
      ヒゲダンは他にもリクエストがいくつか来ているのですが
      なるべく早く記事に出来るように努めます。
      この曲私も好きです。