こんにちは。今回はUVERworldの『DECIDED』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルで動画がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります(ショートバージョンとはいえ、ラストのサビ直前まで視聴できます)。ご了承ください。


『DECIDED』(UVERworld)


【地声最低音】mid1G(G3)  ※2番Aメロで1回のみ

m1G[ど]くされたとしても


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで登場

★そうhiA[しん]hiB[じ]hiD[るっ]
hiB[か]hiA[ぞ]えるべきもhiA[の]hiB[は]hiD[ぁ][ぁ](2番サビ直前)




【補足】mid2G(一部のみ)hiCの注意点

m2G[さぁ お前ら心の導きへ] (冒頭)
m2G[始めよ今日がその] hiA[エッ]m2G[ク][デイ](X-day)

★毒hiA[さ]れたしても(Aメロ)
★叶わぬことだってくhiB[さ]hiA[る]ほどあるだ[ろう]
★何のhiB[意]hiA[味]もないだろう
★そこにきぼm2G[う感じてる]hiB[か]hiA[ら]G[じゃ]B[な][ぁく]

★愛hiB[す]hiC[るっ]hiA[て決めた]ぁかB[ら 愛し]A[て](サビ)
hiA[決めたから もう信じてい]hiB[く][だけ]
★ぼくらが不安感じるべきこhiB[とは]hiA[ぁ]
★本当に心がhiB[一番選びたいもの]hiA{ぉ]
hiA[選][で][か?っ][こ]A[だ]ろう

★もう4D超えハミ出すくらいがhiB[丁]hiA[度い]hiB[ぃ]


※mid2Gをすべて記載すると表記が膨大になりますので、冒頭以外は割愛。

『DECIDED』(UVERworld)









 まず、『DECIDED』についてです。この楽曲は、2017年にUVERworldによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『TYCOON』(タイクーン)に収録されています。タイアップとして、空知英秋氏による漫画作品の実写版『銀魂』の主題歌に起用されております。楽曲は映画のために書き下ろされました。
 個人的に感じたことは、楽曲が非常に濃密であることです。楽曲自体は4分40秒程度の作品なのですが、ラップパート、AメロBメロサビなどがこの時間で収まっている点に非常に驚きました。また、Bメロがやや短く、サビと合体したようなアレンジになっています。一方、サビは少し長めにとっており、同じメロディーでも前半後半でリズムが異なり、特に後半部分は浮遊感を感じます。AメロBメロサビという形ではありますが、非常に工夫が凝らしてあります。

 


 さて、最後に『DECIDED』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はmid1Gになっており、2番のAメロに登場します。ただ、この場面ですが、特段の理由が無ければ、mid2Bで代用しても違和感はほとんど無いと思います。
 このmid1Gの場面を除けば、『DECIDED』の最低音はmid2Bであります(もしかしたら見落とした音があるかもしれません)。その点を考えると、この『DECIDED』は決して広い音域でメロディーが作られているわけではありません。つまり、音域が広くないということはキー調整がしやすいことを意味します。

 次に、地声最高音hiDについてです。hiDはサビおよびその近辺で登場します。また、hiDのみならず、hiC,hiBといった高音域も多く登場します。これらの音は一般的な男性の音域としては高めであります。普通の男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が良いのではないかと思います。
 例えば、原曲キーから4~5下げると、最高音hiDがhiA(#)に設定されます。この辺りのキーも少し高いですが、少し苦しめに歌う方が楽曲のニュアンスを表現しやすいかもしれません。その点は各々調整してください。

 咲にも述べましたように、『DECIDED』はごく一場面を許容すれば、音域はあまり広くないです。よって、キー調整もしやすいと言えます。ただ、ラップパートがあり、TAKUYA∞さんのしゃくりやこぶしを効かせたような歌唱も多く見られます。よって、キーを調整したとしても初心者向きの楽曲とは言い難いです。確かにキー調整の効きやすい楽曲ですが、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが良いと思います。キーを下げて練習するにしても、TAKUYA∞さんのニュアンスが再現できない点についてはあまり気にしない方が良いです。最初のうちから、プロのようには歌えないです。