こんにちは。今回はUVERworldの『激動』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。なお、今回は最低音部について少し自信が無いですので、後々修正が入るかもしれません。また、歌詞の【G9 一桁で魅せる 激動の脳内・革命 base ability mind】の部分は、省略して調査しております。


『激動』(UVERworld)、Gekidou


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

※1回目と3回目のラップパートで登場

【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビで登場します

★思い出のhiB[う]hiC#[み]B[の]



【補足】mid2G#hiBの注意箇所

★誰かのコm2G#[ピー]じゃ満たされないんだよ
★またm2G#[と]らの威を借りて 吹い[て]くんだろ oh hiA#[oh] G#[oh]

★見えていhiB[た]物まで みうしm2G#[なっ]hiA[てぼ][く]らは(サビ)
★どうしm2G#[て?] 誓い合ったことまで 無G#[かったことにし]

★思い出も少しm2G#[置]hiA[い]hiB[て]行こう 
★Rebel one 永久の声 a-m2G#[-gain] 心にいつとG#[どく]
★Rebel one とm2G#[わの]G#[again] 聞かせて

★上手く置いていm2G#[け]たら 溺[れ]hiA[ない]G#[で]
★捨てないで m2G#[ま]hiA[た]G#[逢]えるから

『激動』(UVERworld)









 まず、『激動』についてです。この楽曲は、2008年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。『Just break the limit!』との両AA面シングルとしてリリースされ、よく年リリースされたアルバム『AwakEVE』(アウェイクイブ)に収録されました。『激動』は、週刊少年ジャンプにて星野桂さんにより連載されていた漫画を原作としたテレビアニメ『D.Gray-man』(ディーグレイマン)のオープニングテーマに起用され、話題になりました。

 『激動』は電子音楽なども用いられたミクスチャーロック(ラップ・ロック)ナンバーです。カラオケなどで歌唱しても盛り上がるのではないかと思います。個人的にはギターのフレーズ(特にイントロのリフ)が非常にお気に入りです。
 
 『激動』は歌メロが多様です。よって、メロディーや歌詞を覚えておくことが非常に重要です。音域自体は原曲に忠実に歌唱しようとすると、広い音域になります。ただ、ラップパートなどを除くと、低音部に余裕がありますので、キーの調整はある程度可能であります。




 さて、『激動』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。
  
 まず、地声最低音mid1C#は1回目と3回目のラップパートで登場します。ラップパートは上手く歌唱することが出来れば、原曲の音程と違っていても違和感は少ないです。リズム感や勢いなどの方が一層重要ですので、あまりこだわらなくてもよいと思います。

 地声最高音hiC#はサビで登場します。また、hiB等の音階も多く登場し、男性の音域としては高めです。一般的な男性の場合、キーを下げることも考えても良いと思います。ただ、この『激動』については上述のように、hiC,hiBの周辺はあまり高い音がありません。よって、UVERworld作品の中では手が付けやすい部類に入るかもしれません

 『激動』は音域が広めの作品ですが、ラップパートなどでこだわならければ、キーの調整は行いやすいです。高音域が苦手な人はキーを下げても良いと思います。
 一方で、ラップパートやボーカルの抑揚など歌い慣れていない人には難しい場面も多いですので、キー調整しやすくても、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲であります。