こんにちは。今回は星野源さんの『Friend Ship』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、この楽曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『Friend Ship』(星野源)、Friend Ship(Gen Hoshino)


【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[いつ]かまた 会える[か]


【地声最高音】mid2G(G4)  ※曲全体で1か所

m2G[い]m2F#[っ]m2E[ぽ][み][出]すさま(2番Aメロ)


【裏声最高音】hiA(A4) ※曲全体で1か所(Cメロ)

★何処まm2F#[で]m2E[も][づ]{く]hiA裏[旅]m2G[の]F#[す]E[み]




【補足】mid2Emid2F#の注意箇所

★景色がm2E{ひ]m2F#[と]つ [水][の]F#[こ]E[に]消えた(Aメロ)
m2E[き]m2F#[み][の]手をに[ぎ][る]E[た]F#[に] (サビ)
m2F#[わ]m2E[か]F#{な]E[い]まま

★何時まm2F#[で]m2E[も] [み][の]E[ぉ]ことで笑う(Cメロ)

『Friend Ship』(星野源)









 まず、『Friend Ship』についてです。この楽曲は、2015年にシンガーソングライターの星野源さんにより発売されたアルバム『YELLOW DANCER』に収録されているナンバーです。アルバムの最後の曲であります。同名の漫画を原作とする映画『森山中教習所』の主題歌として、タイアップが付きました。
  
 『Friend Ship』はミディアムテンポのダンスナンバーです。ピアノのイントロから始まりますが、それにマリンバの演奏が重なります。ピアノは楽曲を通して終始流れ続けますが、個人的には、マリンバの音色の方が印象に残りました。ダンスミュージックではあるものの、楽曲全体を通して落ち着いております。また、楽曲の終盤に電子音楽が持ち込まれており、YMOなどを想起させられました。歌メロディーは切なさを帯びたポップな旋律です。カラオケなどでも歌いやすいかもしれません。





 『Friend Ship』はリクエストにより選曲したものですが、その際に「『Friend Ship』はキーが少し高くないように見えて、少し歌いにくい」とコメントがされていました。そのことついて、私なりに分析してみました。

 上述の【補足】☆部分にあるように、『Friend Ship』のサビではmid2E,mid2F#といった音階が多く登場します。mid2E,mid2F#は一般的な男性の音域の範囲内ですが、その中でも高めの音域であります。一方で、『Friend Ship』のサビのフレーズは☆の箇所でほぼ全部です。つまり、サビ全体を通して、mid2E,mid2F#が連発されます。

 通常の楽曲では、サビであっても高い部分と少し低い部分があり、低い部分などでは少し力を抜けます。①hiB,hiCといった高音域が登場する楽曲であっても、サビの中で低い部分があると、少し力を抜くことが出来るため、どうにかなることがあります

 一方で、②あまりキーが高くなくない楽曲でも、サビの中で休める場所が少ないと、難易度が高くなりやすくなります。以前に申し上げましたかもしれませんが、私はスピッツの『楓』あたりはそうした例としてすぐに想起させられます。『楓』はhiA#が地声最高音の曲ですが、サビではmid2G#のロングトーンなどが連発され、hiA#が地声最高音の楽曲としては非常に難易度が高いです。

【さm2F[よ]m2G[な]m2G#[ら~~~] G#[き]G[み]F[の]声をG#[だ~]G[い]G#[て~]hiA#[あ]G#[る]G[いて]G#[ゆく~]


 『Friend Ship』が「キーが高くない割に、歌いにくい理由」は、

①サビ全体を通してmid2E,mid2F#といった中高音域の音が連発される
②力を抜ける場所も少ない
 

ことにあると私は考えました。また、歌メロがゆったり気味な点も難易度を上げていると思います(音をキープするのが大変であり、また音を外すと目立ちやすいです)。逆に「歌メロディーのテンポが速い」等の楽曲だと、少し音が外れてもミスが目立ちにくい印象です。最近は後者のような楽曲が多いです。


※リクエストされた方の質問のおかげで、今回、非常に面白い分析が出来きました。スピッツの『楓』は近いうちにちゃんと取り上げようと思います。上白石萌歌さんがカバーした『楓』も加筆したいと思います。


 さて、最後に『Friend Ship』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 多くの部分は先ほど触れましたが、『Friend Ship』はとりわけmid2E,mid2F#辺りの音が非常に重要になります。これらは一般的な男性の音域の範囲内の音階でです。ただ、サビでこれらの音が連発されますので、mid2F#の音を安定的に発声することが出来るかが試されます。見た目以上に難易度は高いと考えてください。

 普段歌い慣れていない人は、サビの部分でつまずく可能性が高いです。キーを少し下げた方が良いと思います。『Friend Ship』は低音部にも余裕がありますので、キーを2つ程度下げて練習してみてください。歌い慣れると、原曲キーで歌いこなせる可能性も高いです。努力が報われやすい楽曲であると思います。ただし、地声が元々低い方はやはり無理せずにキーを下げてください。