カテゴリー

『喜劇』(星野源)の音域 - アニメ『SPY×FAMILY』ED曲

 こんにちは。今回は星野源さんの『喜劇』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、私自身もリストアップしておりました。


『喜劇』(星野源)、Kigeki(Gen Hoshino)
『喜劇』(星野源)の音域






【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★壊れかかっm1E[た] m1C#m1D#[こ]の]E[お茶]目な星で【Aメロ】
m1E[生]まれ落1E[ち]m2E[日]1E[ら] よそ者
★涙枯れ果てm1C#[た]m2E[り]ゆく場所は夢の中

【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※曲全体で2回程度

m2Em2F#[心[た]m2G#裏[ち][の]けい[や][を]【Bメロ】


【裏声最高音】hiD(D5) ※曲全体で2回程度

★笑hiAhiA#[い[こ]ろ]A#hiC[げ[た][ま]hiD裏C[まで]ぇ]【ラストサビ[転調+1]】


【補足】mid2E(一部のみ)hiC#を含むフレーズ一覧

★あの日交わした 血にまm2E[さ]るもの【Bメロ】
m2Em2F#裏[手をつ[な]ぎ][えろう]【通常サビ】
m2G#hiA#裏[しご[と]明]けm2G#[に] G#A#[歩[む]と]もに【Cメロ】
★朝陽がのm2F#m2F[ぼ[る]m2G#[わ] [あ]あ
★あhiC裏hiC#[り[が]とうhiA#裏m2G#[で]は]
m2G#m2F#F[足り]ない]か]ら 手[を]G#[な]hiA[ぎ]

m2Fm2G裏[さあう[ち]に][えろう]【ラストサビ[転調+1]】
hiAhiC裏[こんな[こ]A#[と][が]あった[って]
★君hiAhiA#裏[と[は]なし]A#hiC[た[か][っ]たんだ
★ふざm2Em2F[け[た]生活はつづくさ

 まず、『喜劇』(きげき)についてです。この楽曲は、2022年に男性シンガーソングライターの星野源さんによりリリースされたシングル作品です。現在は配信限定のシングル曲であります。また、最新シングルということもあり、アルバムなどにも収録されておりません。

 『喜劇』は遠藤達哉さんの同名漫画を原作としたテレビアニメ『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)のエンディングテーマとして書き下ろされました。同漫画は、アニメ化以前から大きな話題となっておりますが、今期のアニメの中でも高評価を得ている人気作です。ちなみに、同作のオープニングテーマ『ミックスナッツ』(過去記事)はOfficial髭男dismが担当されており、当ブログでも取り上げました。OP曲ED曲いずれもリクエストが来ており、アニメの注目度の高さがうかがえます。


 『喜劇』はスローテンポのポップナンバーです。歌メロはAメロBメロサビで作られております。私自身は、Aメロ等が少し歌いにくそうに感じました。同曲はサビやCメロで「裏声」が多用されたボーカルとなっております。そうしたこともあってか、サウンドワークも落ち着いたものとなっております。また、ラストサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります。

 『喜劇』の音域的な特徴についてです。同曲は、地声レンジについては、一般的な男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。ただ、だからといって歌唱するのが簡単というわけではなく、ボーカルの微妙な抑揚表現などが求められます。
 同曲は、高音域で裏声が多く使われております。そのため、器用な裏声表現が求められます。裏声についてはmid2Eなど比較的低い音階でも使用されているため、高音域が得意な男性や女性などはサビでは適宜地声を使った方がよいかもしれません。


 最後に『喜劇』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。地声レンジに一般的な男性の音域の範囲内でといえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#はAメロ辺りで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内でありますが、若干低めになります。そのため、高音域が得意な方などは少し歌いにくく感じられるかもしれません。また、女性にとってはかなり低いレンジとなります。女性は、キーを上げて歌唱するのもよいと思います。

 次に、地声最高音mid2F#はBメロで登場します。登場回数としては2回程度です。同曲は地声レンジとしては男性としてそこまで高いわけではなく、mid2D#~m2F辺りが高音域として登場します。その点では、一般的な男性であっても原曲キーでのチャンレジがしやすいと言えます。

 一方で、同曲はサビやCメロ等を中心に裏声が非常に多く用いられており、hiCやhiDなどの高音域も登場します。そのため、その点で裏声で歌い慣れてない人にとっては取っつきにくい曲といえます。裏声は地声に比べると、努力が成果に結びつきやすいと言われます。とはいえ、しっかりと歌いこなすには練習が必要であり、見た目以上に難しい楽曲だと私は分析しました。AメロBメロのリズムなどもやや複雑です。


 『喜劇』は低音域に余地があり、若干ですが、キー下げが可能といえます。ただ、同曲は比較的低い音階でも裏声が用いられているため、キーを下げ過ぎると歌いにくく感じられるかもしれません。裏声と地声の使い分けなどを考えると、原曲キーに近いレンジで歌唱した方がよいと思います。また、高音域が得意な男性などは、適宜地声を用いた方が歌いやすいのではないかと私は考えております。

 『喜劇』は裏声が多用されていたり、リズムが難しいなど、ゆったりとしたテンポの楽曲としては難しい部分が多めです。ただ、個人的には非常に耳に残る作品であり、歌詞なども好きな楽曲です。歌詞については、星野さんの暖かみを強く感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 優雅 より:

    調査お疲れ様です!地声の最高音がそんなに高くないので歌いやすそうですね!
    でも裏声が多いので苦手な方にとっては歌唱はしんどそうです。男性にとってはhiCやhiDは裏声でも歌唱は難しいと聞いたことあります。かなりの練習が必要かもですね。
    リクエストでthe peggiesさんの「センチメートル」の調査お願いしたいです。
    彼女お借りしますの2期が始まる事とおそらくこれから大注目されるであろうという期待を込めてリクエストしてます。
    調査自体はいつでも良いのでリストアップお願いします。

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      『喜劇』は結構難しく感じますね。
      けど、裏声の練習には良いかもです。

      楽曲リストアップしておきます。
      まだ取り上げたことが無いバンドなので楽しみです。