こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『旅は道連れ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『旅は道連れ』はアーティスト及びレコード会社の公式チャンネルで音源やMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『旅は道連れ』(Official髭男dism)、Tabi ha Michidure


【地声最低音】mid1A#(A#2)  

m1A#[し]まうのもいいな [写]真のサファイア


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビとCメロ

m2F[冷えたヨー]m2G#[グル]m2G[トが] 
★だhiC裏[れ]hiA#[か]が言ってた口ぐm2G#[せ]m2G[は]

★お互いのm2G#[にも]m2G[つの] 重みは分からG[な]い(Cメロ)


【裏声最高音】hiC(C5) ※サビで1回ずつ

★だhiC裏[れ]hiA#[か]が言ってた口ぐm2G#[せ]m2G[は]





【補足】mid2F~hiA#の注意箇所

★悪くない場所へGOです m2G[ど]m2F[うです?]

★たm2G[び立ちのあ]m2F[い]ずは 外の晴G[れ][た]F[ら](サビ)
★空になったらhiA#裏[行こ]うか
m2G[色]m2F[を]重ね[出]

★僕らのしっぱm2F[い]が 誰かを苦しm2G[め]F[て] (Cメロ)


『旅は道連れ』(Official髭男dism)









 まず、『旅は道連れ』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』に収録されているナンバーです。アルバムの一曲でありますが、スズキの自動車スイフトのCMソングとしてタイアップが付くなど、バンドの勢いを感じさせられます。作詞作曲はバンドのベーシストである楢崎誠さんが担当しています。また、楢崎さんは同曲ではAメロBメロの主旋律を歌唱しています。

 『旅は道連れ』はミディアムテンポの軽快なナンバーです。カラオケなどで歌唱しても楽しめるのではないかと思います。イントロなどで登場するサックスの音色も印象的です。こうした管楽を伴ったアレンジを用いるのはヒゲダンっぽさの一つでもあります。

 音域的な特徴としては、ヒゲダンの作品の中ではかなり広めの音域になっている点だと思います。とりわけ低音部が広くなっています。AメロBメロを作詞作曲を手掛けた楢崎さんが担当しています。それゆえに、従来のヒゲダンの曲に比べて低音部が広くなった要因なのではないかと思います。
 ただ、音域が広めであるものの、地声最高音がmid2G#で大よそ一般的な男性の音域の範囲内であるため、『旅は道連れ』ヒゲダン作品の中では、特に手を付けやすい作品なのではないかと思います。


 さて、『旅は道連れ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2) ~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域の範囲内と言えます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビやCメロで登場します。Cメロは一部がサビと同じフレーズになっております。mid2G#は一般的な男性としてはボーダーになるような音階です。ただ、ある程度歌い慣れた男性であれば、届きうる音階でもあります。歌にそれなりに自信がある方は原曲キーでチャレンジしても上手くいくのではないかと思います。

 『旅は道連れ』は音域がやや広めですので、キーの調整にはやや不向きと言えます。ただ、上述するように、mid1A#など低音部分はごく一部ですので、低音部分が多少曖昧になっても違和感は少ないのではないかと思います。普段歌い慣れていない人は原曲キーから2つ程度下げて、歌唱しても良いと思います。その場合、地声最高音はmid2F#になります。一方、低音部はlowG#とかなり低めになりますが、先にも述べたように、あまり気にしなくてもよいです。とはいえ、キーを下げ過ぎると、やはり低音部が辛くなりますので、♭2~3程度までのキー調整に抑えた方が無難だと思います。