カテゴリー

『Bedroom Talk』(Official髭男dism)の音域 [ 2021年の作品 ]

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Bedroom Talk』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 当ブログが過去に取り上げたヒゲダン作品についてはこちらをご覧くださいヒゲダンの音域一覧

『Bedroom Talk』(Official髭男dism)、Bedroom Talk(Official HIGE DANdism)
『Bedroom Talk』(Official髭男dism)の音域







【地声最低音】mid1F#(F#3) 

m1F#[いつも気に留]m2E[め]ないような1F#[こ]とばが【Aメロ】
m2Em2F#[こ[の]m1F#[逃げ]2E[出]せなくて


【地声最高音】hiB(B4)  ※曲全体で1回

★(見たくもない文字が心に) ふm2G#hiA#hiB地[た[をし[てし]まう]ま]えに【1番Bメロ】

※個人的には裏声でも合いそうな気がします

【裏声最高音】mid2G#(G#4) ※Aメロやサビで登場

★消m2G#裏m2F#[え]ない]F#[夜]燈がこ[こ]ろにm1F#[と]もせたなら【Aメロ】
★まだ強くなれそうにないじm2G#裏m2F#[ぶ]んの]ことも【サビ】


【補足】mid2E(一部のみ)~mid2G#を含むフレーズ一覧

★だm2F#[れもが][ぎのわ][い者]F#m2G#[がし[て]【Bメロ】
m2G#m2F#[どう]かし]ちゃってるんじゃない?おかしな世界さ
★僕は一抜けた m1F#[やっ]m2E[と]見つけた静けさ

m1F#[こ]んやはちょっ2F#[ぴ]m2G#m2F#[い][き]が詰まりそうだね【サビ】
m1F#[だ]m2E[れに]も言えない言葉を抱えてるなら
★愛せるように はm2E[なし]をしようよ

m1F#[この]荷物も軽くm2F#[なっ]ていきそうさ【2番Bメロ】
★まいにm2Em2F#[ち[を] F#m2G[か[さ]ねていくんだね

☆(今夜はちょっぴり)m2G#m2G[い]き]が詰まりそうだね【ラストサビ】

※☆の部分は1番のサビと一部音程が異なります。

 まず、『Bedroom Talk』(ベッドルーム・トーク)についてです。。この楽曲は、2021年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Editorial』(エディトリアル)に収められております。同アルバムには、『I LOVE…』(過去記事)『Cry Baby』(過去記事)『Laughter』(過去記事)『アポトーシス』(過去記事)などの人気曲が収められております。同アルバムは、25万枚の売り上げを記録し、日本レコード協会よりプラチナ認定がなされております。

 さて、『Bedroom Talk』はアルバム14曲中11曲目に収録されております。ヒゲダンの作品は近年は複雑なアレンジがなされるなど凝った展開が魅力ですが、今作品は、アルバム曲ということもあり、比較的シンプルな歌メロとなっております。作詞作曲はギター担当の小笹大輔さんが行っております。小笹さんは前作の『Traveler』では『Rowan』(過去記事)も担当されているのですが、『Rowan』同様に、今回の『Bedroom Talk』も特に印象に残ったアルバム曲です。
 『Bedroom Talk』はギターアレンジで有賀教平さんが携わるなど、ネオソウル感のある落ち着いたサウンドアレンジがなされております。また、同曲はバンドとの共同アレンジャーとしてmabanuaさんか参加されました。mabanuaさんは当ブログで取り上げた楽曲では、米津玄師さんの『ナンバーナイン』(過去記事)、星野源さんの『創造』(過去記事)『不思議』(過去記事)『喜劇』(過去記事)の共同アレンジを担当されております。


 『Bedroom Talk』の音域的な特徴についてです。同曲は、基本的には一般的な男性の音域よりやや高めのレンジで歌メロが作られております(一部高音域が登場する部分あり)。そのため、音域だけ見ると、標準よりやや高めの男性などでもチャレンジできそうに見えます。ただ、私なりの印象ですが、ボーカル藤原聡さんの声の調子などを考えると、「ある程度高音域が得意な男性」の方が原曲に近い落ち着いたニュアンスでの歌唱ができるのではないかと判断しました。
 ちなみに、同曲はmid1F#が多く登場するなど、女性には若干低く感じられるかもしれません。ただ、同曲は落ち着いた作品ですので、意外と女性が原曲キーで歌唱するのも合いやすいのではないかと思います。声域的には、標準よりやや低め位の女性の方がマッチしそうです。


 最後に『Bedroom Talk』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです(Bメロの一部は「高い」)。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#はAメロ等で登場します。この辺りは男性の音域の範囲内です。反面、女性にとっては低いレンジであり、人によってはかなり歌いにくいレンジになるかもしれません。ただ、同曲は落ち着いた楽曲です。そのため、原曲キーで歌唱する場合、女性の方が楽曲のニュアンスに近い表現ができやすい気がします。高音域が得意な女性などはキーを上げた方が歌いやすいと思います。

 次に、地声最高音hiBについては1番のBメロで1回だけ登場します。ここについては、楽曲の雰囲気などを考えると、裏声などを使うのもアリなのではないかと私自身は考えました。高音域が得意でない方は、hiBを裏声で歌うのもよいのではないかと思います。
 同曲は、hiB以外ではmid2G#辺りが高音として多く登場します。そのため、音域だけを見ると、「標準的な音域の男性~標準よりやや高めの男性」などでも歌唱ができそうに見えます。ただ、原曲の雰囲気などをしっかり表現したい場合、一般的な男性はキーを少し下げた方が良さそうだと私は考えました。


 『Bedroom Talk』は低音域に余地があり、キー下げなどは可能です。同曲は、ヒゲダンの人気曲などと比べるとえげつない高音などは登場せず、難しい転調なども見られません。その点で、比較的チャレンジしやすい楽曲ではないかと判断しました。ただ、キー調整などを考慮してもある程度歌い慣れた人向けの楽曲です。同曲は、楽曲の趣などを考えると、R&Bやソウルなどの作品に慣れた人の方がチャレンジしやすいかもしれません。

 『Bedroom Talk』を原曲キーで歌唱する場合、一つの目安ですが、mid2G#,mid2F#などの音域をしっかり歌いこなせる力が求められます(一部hiBなども登場します)。先述のように、音域だけを見ると「標準~やや高め位の男性」に合いやすそうです。ただ、「標準的な音域の男性」が原曲のような落ち着いたニュアンスを表現したい場合は、地声ではなく、「裏声」を多用するのも良いのではないかと私自身は感じました。藤原さんに近い表現をする場合、「ある程度高音域が得意な男性」、「標準~やや低めの音域の女性」などが合いやすいと思います。


 『Bedroom Talk』は穏やかなニュアンスのバンド曲であり、カラオケで盛り上がるための曲ではないと思います。ただ、歌メロがゆったりしている分、自分の声の表現の幅を広げるにはよい練習曲になるのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

 当ブログが過去に取り上げたヒゲダン作品についてはこちらをご覧くださいヒゲダンの音域一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 優雅 より:

    調査お疲れ様です!高い音もそんなにないので髭男の曲の中では比較的歌いやすいですね。
    この数日は個人的に再注目されそう、あるいはもっと人気になるであろうアニメや歌手を調べながらリクエスト考えてました。色々悩みましたがまずはAqua Timezの「ALONES」
    春奈るなさんの「君色シグナル」の調査をお願いします。

    • もりっしー より:

      ヒゲダンとしても比較的取っ付きやすいと思います。
      ただ、記事にもあるように、原曲に近い表現をしたい場合
      ある程度高音域が得意な男性じゃないと難しいかもです。

  2. 優雅 より:

    すみませんがもう一曲リクエストします。
    シドの「V.I.P」もリストアップお願いします。調査はいつでも良いのでよろしくお願いします!

    • もりっしー より:

      3曲ともリストアップしておきます。
      Aqua Timezはしばらく取り上げてないので楽しみです。

  3. ベーコン より:

    編集&投稿お疲れ様です。
    リクエストに答えて頂きありがとうございます。
    訳あってコメント遅れましたm
    1個の半音の違いや裏声の違いでこの曲の雰囲気はすごい変わるなと思いました。また改めて聴くと髭男も昔と比べてかなり変わったなと実感しました。
    もりっしーさんは特に髭男ファン以上に髭男の曲に触れられてると思うので結構そう感じられたのではないでしょうか笑

    私事ですが、今年はもうブログを見ることは出来なくなりそうです。また来年に色々な音域を一気見したいと思います。

    • もりっしー より:

      ベーコンさんコメントありがとうございます。
      ヒゲダンは昔と比べてホントに変わりましたね。
      シングルなどでも最近はテクニカルですよね。
      ただ、そうした中でもJ-POPとしての親しみやすさがあるという点が
      ホントに凄いと思います。

      ベーコンさんいつもブログを拝読いただきありがとうございます。
      以前にも「受験で来年まで見れなくなる」といった方も居られました。
      人生の節目節目で、誰しも生活に変化が生じますので
      また、暇が出来たときや気が向いたときに訪問されてください。
      私自身も、最近は毎日更新するのが少し大変になっているのですが、
      出来るだけ今のペースで続けていこうと思います。

      ベーコンさんに幸多からんことを願っております。