こんにちは。今回はMUCCの『サル』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『サル』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『サル』(MUCC)、Saru


【地声最低音】mid1A(A2)  

m1A[ひ]かり無き人造月夜 響くように鳴m2B[け](Bメロ)

※mid2Bは決して高い音階では無いですが、サビの前で力強く表現されているのが耳に残ったので、記載することにしました。

【地声最高音】hiB(B4)  ※サビを中心に登場

m2G[こ]hiA[の]G[の][どち]hiB地[ぎ]A[れ]G[る]まで(サビ)
★心m2G[か]m2F#{き]むしって叫べ m2G[届く]hiA[よう]hiB地[に](ラストサビ前)
m2G[ひどくち]hiA[っ][ぽ]A[け]G[な]A[せ]hiB[い]A{め]Gい]m2F#[た]

※☆は通常サビと同じようなフレーズですが、一応記載します。

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビで登場

★涙なm2G[が]hiA[す] G[だ]hiA[れ]hiB裏[が]hiD裏[為]hiD#[に]





【補足】mid1Bおよびmid2F#hiA辺りの注意箇所

☆世界の果てまで m1B[生]きるこm2D[と]だけに

★気のふれたm2F#[う]m2G[た] 歌いつF#[づ]G[け] (サビ)
★あなたのたm2F#[め]m2G[に] [う]hiA[た]G[う]


※『サル』はmid1Bが低音部として頻出します。

『サル』(MUCC)









 まず、MUCC(ムック)について少し説明します。MUCCは1997年に結成、2003年にメジャーデビューした4人組のヴィジュアル系バンドです。ジャンルとしては、ニューメタル、メタルコア等に分類されます。
 シングル曲の中にはアニメのタイアップ等もあり、思い入れのある方もおられると思います。また、海外でもコンサートも多く行っており、メタル系のフェスにも出演しているそうです。


 さて、『サル』についてです。この楽曲は、2005年にMUCCによりリリースされたアルバム『鵬翼』(ほうよく)に収録されています。アルバム曲ですので、タイアップ等は無いようてす。

 『サル』はメタル色の強いバンドサウンドです。また、楽曲自体が3分半程度と短く、メロディー構成等も比較的簡素です。一方で、バンドらしく楽器による演奏時間の割合が高い点もアルバム曲らしい点かもしれません。

 『サル』の音域的な特徴についてです。『サル』は地声最高音がhiBなどに目が行きがちですが、サビ手前までの低音域の低さ等も特筆すべき点だと思います。そこからサビで一気に高音域に展開されていきます。
 上述する音域調査ではmid1B,mid2Dなどあまり高音域でない音階を記載しています。これは、低音域でありながら、ボーカルの逹瑯さんが非常に迫力のある発声をしており、私自身非常に耳に残ったからです。高音域のみならず、低音部分においても注目すべき点が多いように感じました。いい意味でのアクの強さが心地よいです。



 さて、『サル』の音域についててすが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音についてですが、hiBです。一般的には高いキーです。こうした場合、キーを下げるというのが定石なのですが、この『サル』についてはやや苦しめでも頑張って高音域を発声する方法を模索してもよいと思います。ボーカルの逹瑯さんもかなり苦しめに歌唱しています。ただ、それが上手く表現に結び付いています。
  
 例えば、高音域が辛い場合、hiBをmid2G辺りに設定するのではなく、頑張ってギリギリhiAやhiA#辺りに持っていく方向で考えると良いと思います。ただ、こうしたチャレンジをする場合、ある程度歌い慣れている方が形になりやすいです。歌い慣れていない人は練習を重ねた上でチャレンジしてみてください。

 『サル』の音域についてですが、図にも示すようにかなり広めです。よって、キー下げなどはしづらい楽曲と言えます。下げるにしても2つ程度だと思います。また、ボーカルの歌い方は特徴的であり、ビギナーの練習曲としてもやはり向いていないと思います。普段歌い慣れていない人は、別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジすると良いと、私は考えております。