スポンサーリンク
カテゴリー

『カエルノウタ』(森七菜)の音域

こんにちは。今回は森七菜さんの『カエルノウタ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『カエルノウタ』(森七菜)、Kaeru no Uta(Nana Mori)
『カエルノウタ』(森七菜)









【地声最低音】mid1G#(G#3) ※通常のサビ

m1G#[つ]ぶてを 水にm2G#[は]なつ【通常サビ】
m1G#[波]紋が 輪を描きm2G#[ひ]hiC裏[ろ]hiA#地[が]


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビで4回程度

★ 僕らは この先hiA[へ]hiC#裏[ゆ]hiB地[こ]【ラストサビ[転調+1]】
★(待ってるから)hiA[待]hiB地[っ]A[て]るから


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストサビで1回

hiC#[待]hiD[っ]C#[て]hiA[る]から 【ラストサビ[転調+1]】


【補足】mid2G#hiC#を含むフレーズ一覧

★ねm2G#[え どう]して そんなに【Aメロ】
★君m2G#[の ここ]hiA#[ろ]G#[こ]こに

★どうかhiA#裏[気]m2G#[づ]いて【Bメロ】

hiC[こ]hiC#裏[の]m2G#[場]所で C[う]C#裏[た]G#[っ]てた【Cメロ】

★しるべに 花をhiA[た]むけ【ラストサビ[転調+1]】




 まず、『カエルノウタ』についてです。この楽曲は、2020年に女優として活躍される森七菜さんによりリリースされたシングル作品です。新しい作品のため、アルバムには未収録です。森七菜さんの記念すべきデビューシングルとなります。
 『カエルノウタ』は、岩井俊二さんが監督を務める映画『ラストレター』のために制作されました。主演は松たか子さんですが、森七菜さん自身も主要なキャストとして出演しております。


 『カエルノウタ』は切ないバラード曲です。やや分かりにくいですが、ラストのサビは転調しており、キーが1つ上がります。カラオケなどでは注意してください。作詞を監督の岩井俊二さん、作曲アレンジを小林武史さんが行っております。小林武史さんは、Mr.Children、back number、レミオロメンといった人気バンドのプロデュースでも知られております。また、岩井俊二さんとの映画とも縁が深く、『スワロウテイル』、『リリイ・シュシュのすべて』などでも音楽を担当しました。当ブログでは、以前にYEN TOWN BANDの『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』(過去記事)を取り上げました。

 『カエルノウタ』の音域的な特徴についてです。森七菜さんが女優ということもありますが、女性としてはそこまで高くないレンジで歌メロが作られております。最近の女性曲としても比較的手を付けやすいです。一方、要所要所で裏声が登場しますので、裏声と地声を上手く使いこなしたいところです。



 さて、『カエルノウタ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内であります。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiBはラストのサビで登場します。同曲は、ラストのサビで転調しますので、通常のサビではhiA#が最高音となります。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内であります。ただ、裏声と地声の行き来が多いですので、その辺りは少し難しいかもしれません。高音域が得意な人は裏声の部分も地声で歌ってもよいと思います。

 『カエルノウタ』は音域自体は低音域に少し余裕がありキー調整も可能です。高音域が苦手な方や歌い慣れていない人などは少しキーを下げても歌っても良いかもです。

 『カエルノウタ』は音域的にはそこまで難しい曲ではないと思います。その点では、比較的チャレンジしやすいです。一方で、同曲はCメロなどで細かく転調が行われ、やや音程が取りにくくなっております。歌い慣れていないと、Cメロラストのサビ等で音程が狂ってしまうかもしれません。原曲をしっかり聴き込んでおきたいところです。

 森七菜さんは『スマイル』(過去記事)が注目を集め、再生回数も非常に伸びております。ただ、私自身としては、この『カエルノウタ』も『スマイル』に負けない佳曲だと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする