こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『ツキマシテハ』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『ツキマシテハ』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)、Tsukimashiteha


【地声最低音】mid1D(D3)  ※ラストサビの前

★口かm1D[ら]不意に出た言1D[葉]


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調後(+1)のサビ

hiE地[焦]hiD#[げ]hiC#[て]hiA#[ゆ]hiB[く]

※通常のサビでは裏声(hiD#)になっています。ラストサビだけ地声になります


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※転調後のサビ

★m2G#[真]hiA#[っ]hiB[し]A#[ろ]B[な]hiD#[こ]hiF#裏[こ]hiB[ろが]




【補足】mid2G辺りからhiFの注意箇所

★学ぶ事もキhiA#裏[リ]m2G#[な]いな ああ だからか(Aメロ)
★あのm2G[と]hiA[き] hiA#[ぼ]A[く]A#[か]ら不意m2G[に](通常サビ)
hiD裏[こ]hiF[まっ]hiA#[たの]hiD#[は] D[だ]hiC地[か]hiA[ら]A#[か]

★きm2F[らい]m2G[な]ひF[と]G[は]正直たくさん居る(Cメロ)
★きm2F[み]m2G[は]hiA#[あ]hiA[ま]G[え]F[す]ぎている

hiB[あ]hiA#[い]B[が]麻m2F#[痺っ]ていく(転調後サビ)
★僕はm2F#[あき]hiD#地[れ]hiC#[て]hiB[ぇ]hiA#[い]B[る]

※すべて着色するとゴチャゴチャしますので、一部は色を付けていません。
『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『ツキマシテハ』についてです。この楽曲は、2016年にロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル『In the Morning』に収録されているカップリング曲です。タイアップなどは確認できません。また、現在までにアルバムには収録されていないようです。

 『ツキマシテハ』はバンド色の強いアッパーなロックナンバーです。一般的なミセスのイメージとは少し異なりロック寄りで、印象としてはインフェルノと近いかもしれません。ただ、ボーカルラインが非常に力強く、キーも非常に高いです。この辺は『インフェルノ』とは少し異なるところです。

 『ツキマシテハ』の音域的な特徴についてです。図に示すように、音域が非常に広いのですが、とりわけ高音部が非常に高いです。裏声と地声を上手く駆使し、hiF,hiEといった高い音階も登場します。男性の場合、低音部分に下げる余地が少しあるのですが、それでも高音域はかなり高めです。高音域が得意な歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。

_____________


 『ツキマシテハ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の声域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはラストのサビで1回だけ登場します。その他に同じラストのサビでhiD#も登場し、全体として非常に高い音階が登場します。この辺りの音階は男性が歌唱するには非常に困難を極めます。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが1つの選択肢です。ただ、例えば、原曲キーから5つ下げても、【地声最低音】mid1A(A2) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)となり、かなり高めで音域も広いです。キーを大きく下げたとしても一般的な男性が歌唱するには非常に高いキーです。

 『ツキマシテハ』は音域が広いのですが、低音部分に下げる余地があります。ただ、先にも述べましたように、キーを下げたとしても地声hiB辺りの音階は求められますので、やはり難易度は高いです。普段歌い慣れていない人は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。ただ、それでもかなりハードルが高く、練習したからといって歌唱できるとは限りません。

 『ツキマシテハ』はキーを下げれば歌唱でいる人もいますが、原曲キーの場合は、難易度としては非常に高いです。歌う人を選ぶ楽曲といえます。その点で、限られた人がチャレンジできる作品といえますが、上手く歌うことが出来たならば、非常にカッコイイと思います。