スポンサーリンク
カテゴリー

『French』(Motoki Ohmori[大森元貴])の音域

こんにちは。今回はMotoki Ohmori[大森元貴]さんの『French』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。同曲は、Mrs. GREEN APPLEのフロントマンである大森元貴さんのソロデビュー曲になります。

 なお、同曲は地声最高音が分かりにくくなっており、判定に非常に苦労しました。地声最高音はmid2Gと設定しておりますが、各々歌いやすいレンジで地声と裏声を切り替えてください。私なりの印象ですが、mid2Eは地声が多く、mid2Fは裏声が大多数になり、mid2Gはほぼ裏声(ごく一部のみ地声)と判定しました。

 
『French』(Motoki Ohmorii[大森元貴])の音域
『French』(Motoki Ohmori[大森元貴])







【地声最低音】mid1G(G3) 

m1G[終]m2F地[わ]るのでしょう

※推測ですが、★の場面ではlowF辺りからしゃくり上げるように歌っております。カラオケなどではlowF判定になるかもしれません。ただ、重要度は低いですので、今回は地声最低音mid1Gとしております。


【地声最高音】mid2G(G4)  

m1G[き]m2G地[み]とのG[昨日]【サビ後半】


【裏声最高音】hihiA(A5) ※曲全体で2回

hiE[全]hiD[て]hiC[は]hihiA[無ぁ] hiG[ぁ]hiF[ぁ]hiE[ぁい]


【補足】mid2FhiFを含むフレーズ一覧

★やm2G裏[み]に呑まれて かm2E[な]しみは朧げ【Aメロ】

★忘れてはm2G[無いわ]すれては居hiA裏[ない]擦れては無い【サビ前半】
m1G{わ]m2G[た]しのG[せか]いはm2F地[い]

★擦れてはhiF[無い] 全てはhihiA[無]【サビ後半】 
hiA裏[抱]m2G[き]m2F[し]めてねF[む]りたい

★かm2G[ぎを掛]hiA[け]G[ら]m2F[れ]【2番Aメロ】

★うm2G[すあ]{だっ]てあ[じわ]hiA[え]G[れ]m2F[ば]いいんだ【ラスト】
★いhiC-hiA[とお][く]てた[ま]hiD[ら]C[ないん]hiA#[だ]僕は



 まず、『French』(フレンチ)についてです。この楽曲は、2021年にMrs. GREEN APPLEのボーカル大森元貴さんによりリリースされたEP『French』に収録されております。配信限定のEPになり、表題曲であります。なお、名義は【Motoki Ohmori】となっております。
 大森元貴さんは、Mrs. GREEN APPLEのフロントマンとして、作詞作曲アレンジ・ギター&ボーカルと活躍されておりました。2021年2月現在、ミセスは活動休止しており、現在はソロ活動に突入しております。

 『French』はひんやりとしたアレンジのポップナンバーです。Mrs. GREEN APPLEで見られるようなバンド感は少なく、ソロ作品としての特徴が強く表れております。歌メロについては、おおよそ、Aメロサビが2回、そしてアウトロといった形で作られており、シンプルであります。

 歌メロの音域的な特徴についてです。地声音域があまり広くなく、反面広い裏声が目立つようになっております。裏声は最高音でhihiA(A5)に達します。邦ロックでは、他に女王蜂の『火炎』(過去記事)などで登場します。
 裏声の高音が非常に目立ちますが、地声がかなり柔らかく歌唱されており、その辺りの表現も重要になるのではないかと私自身は感じました。ミセスの作品で言えば、『春愁』(過去記事)よりももっと柔らかいニュアンスになっております。そのため、mid2F~mid2G辺りは地声と裏声の区別がしにくくなっております。

 裏声のhihiAについてです。私個人の経験なのですが、このhihiAのような発声については私自身結構練習を重ねました。洋楽なのですが、Queenという英国のロックバンドの『39』という楽曲で、同じような発声でhihiAが登場します(歌唱してるのはドラムのロジャー・テイラーさんになります)。リンクに添付された動画の1:59辺りが特にハッキリしております。参考になりましたら幸いです。






 さて、『French』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hihiA(A5)で歌メロディーが構成されております。地声については、一般的な男性の音域の範囲内ですが、裏声音域が極めて高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音mid2Gについてはサビで1回ずつ登場します。ただ、同場面は地声と裏声の区別が付きにくいです。場合によってはmid2Gも裏声で歌唱してもよいと思います。極論ですが、mid2E位までを地声にして、それ以外を裏声気味に歌唱するのもアリだと私は考えました。
 喚声点(裏声と地声の境目)は個人差が大きいですので、各々の状況に合わせて歌唱してください。『French』では、大森元貴さんは全体的に柔らかな地声発声がされております。その辺りをしっかり意識したいところです。

 一方、裏声最高音hihiA(A5)についてです。ここは息漏れの少ない裏声(ヘッドボイス)が用いられております。私なりのイメージですが、男性の場合は、hiG以上の音階になると、一般的な息漏れの多い裏声よっりも、ヘッドボイスなどになることが多いように感じます。
 息漏れの少ない裏声はよく、ミッキーマウスの声が例として挙げられます。イメージが出来る人はミッキーマウスの声真似などから始めてみても良いかもしません。
 私自身は、女声曲などを高めの楽曲をファルセット(息漏れの多い裏声)で歌いながら、徐々に地声の割合を増やしていくような練習をしておりました。
 
 『French』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整の融通は利きやすいです。先に述べた裏声を練習する際は、キーを下げて練習してもよいと思います。最初からhihiAなどを出すのは難しいですので、キーを下げて少しずつアプローチしてみてください。


 ※裏声の練習はやり過ぎると、喉に影響が出やすいです。歌ってみて、違和感や痛みなどを感じたときは無理をせずに声を休めるようにしてください。調子がいいときに少しずつ練習を重ね、長い目で上達していくことを考えた方が良いです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    デビュー曲からびっくりしました!笑笑
    大森ワールド全開って感じです笑

  2. もりっしー より:

    決して売れ線とか万人受けするような曲ではないですが、
    インパクトありますよね。

  3. べーこん より:

    Mrs.GREEN APPLE のJust a Friendの音域調査を余裕がありましたらお願いしたいです!