こんにちは。今回はエレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんの『Do you remember』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Do you remember?』(宮本浩次)、Do you remember?(Hiroji Miyamoto)

『Do you remember』(宮本浩次)










【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[ごら]ん ガードレールに(Aメロ冒頭)
★ビm1F[ル]の向こうにゃギラつくたいよm2G[う] 


【地声最高音】hiF(F5)  

★さようhiA#[な]hiF[ら] hiD#[あ]hiD[あ]D#[あ]D[あ]A#[あ]


※個人的には裏声か地声か迷っていますが、地声判定しています。

【補足】hiA辺り~hiD#の注意箇所

★ガードレールにうずくhiA[ま]hiC[る ひ]hiA#[と]A[り]のおとこあり
★なみださえ浮かべhiA[て]hiA#[る]hiD[の]hiC[に] 

★俺の夢hiA[だ]hiC[け]hiD#[が]hiD[消]C[え]A#[て]A[ゆ]A#[く](Bメロ)
★抉られしこころhiA[の]hiA#[その]A[果]A#[て]hiD[にゃ]
★ゆhiA#[た]かななにかhiA[が]A#[あふ]A[れ][る]A#[の]hiC[に]
hiA#[うわぁぁぁぁぁ]

hiA[ひ]hiA#[かり射]A[す]A[の]公園で(サビ)
★m2G[君]にG[語っ]たG[夢]hiA[の]hiA#[ゆ]hiC[め]
★まhiA[ち]hiA#[を]  A#[空]hiC[を]  A#[そ]C[し]hiD[て]C[明]D[日]C[を]A#[ぉ]
hiA[い]hiA#[ま]  俺がA#[全て引き]hiC[受]A#[け]A[よ]A#[う]

hiA#[お]hiC[れ]hiD[は君]C[をあ]A#[い]C[し]A#[て]hiA[るの](2番)
hiA[そ]hiA#[れ]hiC[と]hiD#[も]D[あ]C[いに]A#[あこがれ]A[て]いるの
hiA#[お]hiC[れ]hiD[のす]C[べ]D[てでこ]C[の]A#[世を あ]D[い]C[し]A#[て]A[ゆ]C[こ]A#[う]

hiA#[Do you!Do you! Do] you hiA#~hiA[re--mem-ber?](アウトロ)



 まず、『Do you remember?』についてです。この楽曲は、2019年にエレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんによりリリースされたシングル作品です。2020年にリリースされたアルバム『宮本、独歩。』に収録されました。
 『Do you remember?』は新井英樹さんの同名漫画を原作とした映画『宮本から君へ』のために書き下ろされた作品です。新井さんがエレファントカシマシのファンであることもあり、同漫画には「宮本浩」という名の主人公が登場します

 さて、『Do you remember?』は疾走感のあるロックナンバーです。プロデュースにHi-STANDARD(ハイスタンダード)でギターを担当する横山健さんが関わっており、パンキッシュ、ハードコアなアレンジに仕上がっております。宮本浩次さんのパワフルな面が強調されております。

 『Do you remember?』の歌メロについてです。この楽曲は、ボーカルの声域が非常に高いです。歌メロについてはAメロBメロサビといった形で作られておりますが、楽曲全体を通して非常にテンションが高く、hiD辺りの高い音階があちこちに登場します。
 同曲は低音部分に余裕があり、キーの調整も可能です。ただ、キーを調整して歌唱するにしても、ある程度高い音域を上手く使いこなせないと原曲のニュアンスを表現するのは難しいです。キーを調整するにしてもしっかり歌い慣れた人向けの作品であり、難易度は非常に高いです。




 さて、『Do you remember?』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFはサビで登場します。このhiFは息漏れの無い裏声のようにも聞こえるのですが、今のところ地声と判定しておきます。この場面以外では、hiD#,hiDといった高い音階が要所要所で登場します。私なりのイメージですが、hiFの場面よりもhiD#等が多く登場する場面の方が肥えのコントロールが難しいのではないかと考えております。
 このhiD辺りの音階になると、原曲キーで歌唱する場合、ハードロックのようなジャンルの曲を歌い慣れておく必要があります。非常に高いキーです。
 一般的にはキーを下げた方が歌唱しやすいと思います。ただ、キーを下げるにしても、原曲のような表現を目指す場合、自分が出せる声域のギリギリのところを安定的に歌い慣れる必要があります。その点で難易度が高いです。

 『Do you remember?』は難易度が高いロックナンバーであり、歌いこなすが大変だと思います。ただ、個人的には非常に好きな楽曲であります。興味を持たれた歌の得意な方は、チャレンジしてみてください。