こんにちは。今回はfripSideの『only my railgun』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『only my railgun』(fripSide)

『only my railgun』(fripSide)










【地声最低音】mid2D(D4)  

★切ないきおm2D[く](ラストサビ[転調-1の場面])


【地声最高音】hiD#(D#5)  

hiC[振]hiC#[り]C[か]hiA#[え]C[る]A#[こ]とhiD#地[し]C[か](Aメロ)
★すhiA[べ]hiA#[て]hiC[ほ]hiD[こ]hiD#[れ]D[る!](ラストサビ)


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

★みらhiA#[い]hiB[さ]hiC#[え]A#[置]hiE裏[去]hiC#[りにし]hiD#裏[て]


【補足】hiAhiD#の注意箇所

hiB[は]hiA#[な]て!心に刻んだ夢を(サビ)
★その先にhiB[は]hiA#[る]かな想いを

★歩いてhiA#[き]たこのみA#[ち]hiC[を] (Aメロ)
hiC[暗闇に堕]hiA#[ち]る街hiD#裏[並み](Bメロ)
hiD#裏[人は]hiC#[ど]hiC[こ]hiA#[ま]C#[で]C[立]A#[ち]向かえるの?
★加速するそhiA#[の]hiB[い]A#[た]みから

★ 胸hiA[を]hiA#[張]hiC[っ]A[て] (サビ[転調-1])


 まず、『only my railgun』(オンリー・マイ・レールガン)についてです。この楽曲は、2009年に2人組音楽ユニットfripSide(フリップサイド)によりリリースされたシングル作品です。アルバムでは『infinite synthesis』などに収録されております。同曲は、テレビアニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』のために書き下ろされた楽曲です。fripSideの代表的な作品の1つであり、カラオケなどでも多く歌われている作品でもあります。

 『only my railgun』は疾走感のあるシンセポップ、トランスナンバーです。冒頭からサビが登場し、聴き手の耳を惹きます。歌メロについては、頭サビ⇒AメロBメロサビといった形で作られております。また、Cメロの部分ではサビメロ転調し、キーが1つ下がる形になります(ラストのサビは通常のサビと同じキー)。

 『only my railgun』の音域的な特徴についてです。歌メロについては、比較的狭い音域で歌メロが作られております。ただ、最高音は一般的な女性の音域よりやや高いです。こうした①音域が狭い、②キーは高めといった特徴を備えた楽曲は、持久力が要求されます

 


 最後に、『only my railgun』の音域についてですが、【地声最低音】mid2D(D4)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#Aメロ、Cメロで登場します。登場回数としては少なめです。原曲では地声で歌唱されていますが、場合によっては裏声などでも良いかもしれません。ただ、Cメロ(ラストサビ直前)辺りは地声で発声できるように頑張ってみてもよいと思います。目安として、hiC#辺りがハッキリしっかり歌い切れると安定してくると思います。

 『only my railgun』は音域自体が狭いですので、キーの調整の融通は利きやすいです。普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに合わせて練習することにも向いているのではないかと思います。個人的にはお奨めだと思い、今回取り上げることにしました。
 一方で、原曲キーで歌唱する場合は、持久力が要求されます。ある程度高いキーが得意な方でも意外としんどいかもしれません。その点は留意しておいてください。

 『only my railgun』は10年以上前の作品ですが、未だにカラオケなどでもよく歌われる人気曲です。キーの調整なども行い易いですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。