カテゴリー

『可愛くてごめん』( HoneyWorks ) の 音域

こんにちは。今回はHoneyWorksの『可愛くてごめん』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。メロがシンプルかつ、音域的にも取っ付きやすそうだったので、取り上げます。あまり時間もかからずに調査できました。
 ちなみに、『可愛くてごめん』はアニメ自体で流れているかは私自身は把握しておりません。また、『告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜』も、アニメはあくまで全体一部で、メディアミックスとして広い媒体で展開されております。そうした経緯もあり、厳密ではないと思うのですが、今回は「アニメ関連」の楽曲としてカテゴリー分けしております。その点についてはご了承ください。


『可愛くてごめん』(HoneyWorks)、Kawaikute Gomen(HoneyWorks)
『可愛くてごめん』(HoneyWorks)の音域







【地声最低音】mid1G(G3) 

m2A[な]にがわ[るい]の しm2Gm2F#[っ]と]でしょうか?【Aメロ】
★大好きなお洋ふm2A[く] [だ]い好きな[お]Am1G[しょ[う]で]【Bメロ】
★お決まりのハーフツm2A[イ]ン巻いて


【地声最高音】hiB(B4) ※全体で4回

★(痛いだとか) hiA-hiB地[変[わ]ってるとか【Aメロ】
★理hiA-m2F#[不尽な]我]慢はhiB地[させ[た]くない]【Dメロ】
hiA[努]力しちゃってm2G[て]hiBA[ご]めん]【ラストサビ】


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで頻出

hiD裏[Chu!]可愛くてm2F#地hiC#裏D[ご[め[ん]【サビ】


【補足】mid2F#hiAを含むフレーズ一覧

★わたm2F#[しがわ]たしhiA[の]ことを愛し[て]【Aメロ】
★日がm2F#[さ]持って ぼっ[ち]だって しあm2F[わせ]だもん!【Bメロ】

hiA-m2F#[生]ま]れてきちゃってF#m2GA[ご[め[ん]【サビ】
★趣味の違m2F#[い] 変わり者[と]バカに[さ]れても【Dメロ】
★じぶhiA-m2F#[んのみか]た]は自分でありたい 
m2A[い]ち番たm2F#[い]せつにしてあげたい
★それがm2F#m2GhiA[わ[た[し]

 まず、『可愛くてごめん』についてです。この楽曲は、2022年にHoneyWorksによりリリースされました。同曲は、『告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜』に登場する中村千鶴(ちゅーたん)のキャラクターソングであり、CVを担当する早見沙織さんと、歌い手のかぴさんによるバージョンが存在します(2022年11月現在)。

 『可愛くてごめん』は、最近はかぴさんのバージョンがTik Tokでバズっており、ストリーミングランキングなどでもトップ200以内に位置するようになりました。また、早見沙織さんのバージョンも、HoneyWorksのYouTube公式チャンネルで公開された動画が1週間で600万回を超える再生回数を記録する等、大きくヒットしております。単なるキャラソンの域を超えて、ファン以外にも広く知られつつあります。


 『可愛くてごめん』の音域的な特徴についてです。同曲は、おおよそ一般的な女性の音域の範囲内で歌メロが作られております。また、低音域に余地があり、キー下げも可能であります。
 同曲はサビでhiDなどの「裏声」を上手く使いこなす必要があり、その点で慣れない人には少し難しいかもしれません。ただ、楽曲の特性上、若干音程が乱れても許容されそうですので、ミスを恐れずに楽しく歌うのがよいと私は判断しました。
 ちなみに、『可愛くてごめん』アップテンポの可愛らしいポップナンバーです。親しみやすいメロディーでAメロBメロサビDメロと展開します。そうした点でも、多くの人が親しみやすい作品ではないかと思います。歌詞は可愛らしさの中に毒気を含んでおり、そうした点もTik Tokなどでバズるようになっているのではないかと思います。



 最後に『可愛くてごめん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Gについては、Bメロで登場します。この辺りは女性の音域の範囲内です。ただ、もしかしたら「高音域が非常に得意な女性な」どは逆に低音がきつく感じやすいかもしれません。高音域が得意な女性などはキーを上げても良さそうです。

 次に、地声最高音hiBはAメロやDメロ等で登場します。登場回数は4回程度です。このhiBはおおよそ一般的な女性の音域の範囲内です。ただ、「歌い慣れていない方」、「高音域が苦手な女性」などはスムーズな発声が損なわれやすいかもしれません。場合によっては少しキーを下げるもよいと思います。


 『可愛くてごめん』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。同曲は地声最高音もそこまで高くないですので、キー調整も考慮すれば、幅広い方がチャレンジ可能な楽曲ではないかと思います。一方、先述のようにサビを中心に裏声が多く使われておりますので、その点での器用さは不可欠です。私なりの印象ですが、練習曲としても使いやすいのではないかと思います。

 『可愛くてごめん』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F#~hiB辺りの高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りはおおよそ女性の音域の範囲内(J-POPの女性曲の中ではやや低い)です。そのため、「標準より低め~標準的な音域の女性」等が原曲キーに合いやすいと私は判断しました。
 ちなみに、同曲は歌メロのテンポが若干速いため、息継ぎなどが少し大変かもしれません。メロディー自体は親しみやすいですが、歌詞やリズムなどをしっかり覚えた上で歌唱したいです。


 『可愛くてごめん』は親しみやすいポップナンバーです。歌詞が可愛らしく(反面、毒気もある)ので、人によってはやや歌いにくく感じられるかもしれませんが、メロや音程自体や比較的取っつきやすく、練習曲としても良さそうです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする