こんにちは。今回は藤井風さんの『優しさ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。藤井さんには別の曲のリクエストが届いているのですが、先にこちらを取り上げたいと思います。


『優しさ』(藤井風),Yasashisa(Kaze Fujii) 
『優しさ』(藤井風)









【地声最低音】lowG(G2)  ※曲全体で1回

★温もり満ちた感情を いま呼び覚ましてm1A#[ぇぇ][ぇ]lowG(2番Aメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

★Ah hiA#[Ah] m2G#[Ah]m2F#[あ]m2F[の]腕の中F#[でぇ]F[ぇ]

※最高音は歌詞表記の無い部分ですが、重要なので記載します

【補足】mid2Emid2G#辺りの注意箇所

★今m2F[な]にを見ていた あなたの夢を見た (サビ) 
★Ah m2G#[Ah] F#[Ah] m2F[あ]の人の木陰F[で]
★この広い世界のm2E[な]かじゃ収まらない

★花の咲く季節が戻ってm2F裏[くる]

★ m2F[あ]の人のこかm2F[げ]m2F#[で]F[ぇ](ラストサビ)


 まず、藤井風(ふじいかぜ)さんについて少し説明します。藤井風さんは、2010年より活動する男性シンガーソングライターです。12歳の頃より、父の勧めでYouTubeにピアノカバー動画を投稿し、話題を呼んでおりました。2019年にはメジャーレーベルと契約し、11月に配信ファーストシングル『何なんw』をリリースします。2020年には、フルアルバム『HELP EVER HURT NEVER』をリリース、同アルバムには、今回取り上げる『優しさ』も収録されております。デビュー間もない歌手ですが、再生回数も増えており、非常に注目されております。

____


 さて、『優しさ』についてです。この楽曲は、アルバム『HELP EVER HURT NEVER』のリード曲であります。アルバムの発売に先立ち、配信リリースがされ、YouTubeでもMVが公開されました。YouTubeでの再生回数は600万回近くに達しており、デビュー間もないアーティストとしては異例の再生回数となっております。私自身もずっと取り上げたいと考えていた楽曲でした。

 『優しさ』はピアノを基調としたゆったりめのR&Bナンバーです。楽曲も非常によいのですが、藤井さんの切ない独特な声質が耳を惹きます。歌メロについては、エッジボイスが一部で強調されており、low音階に達する部分があります。でたらめに難しい曲ではないですが、歌い慣れた人が表現を向上させるのに勉強になる部分も多いと思います。



 さて、『優しさ』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高めであり、レンジも広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowGの部分です。2番のAメロで1回登場します。エッジボイスで発声されておりますが、この辺りは余裕のある人はしっかり意識したいです。慣れてない人はそこまで考えて無くてもよいと思います。少しずつ慣れていってください。ここを除くと、mid1A#が最低音になります。

 地声最高音hiA#はサビで1回ずつ登場します。この辺りは、一般的な男性の音域より高めであります。場合によってはキーを下げてください。その際は、先ほど述べたlow音階はあまりこだわらなくてもよいと思います。

 『優しさ』は音域自体が広めであり、キー調整の余地は少ないです。歌い慣れた人であれば、少しの調整が出来ると思います。ただ、2番のAメロが特に低いので、そこに力点を置かないのであれば、それなりに調整の余地が作れます。歌い慣れていない人は、2番Aメロをあまり意識しないのもアリです。

 『優しさ』は藤井さんの歌唱が優れており、歌い慣れた人も表現の学びに役立つ部分が多いと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。