カテゴリー

『もうええわ』(藤井風)の音域 [ 2019年の作品 ]

 こんにちは。今回は藤井風さんの『もうええわ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『もうええわ』(藤井風)、Mo-Eh-Wa[I’m Over It](Kaze Fujii)
『もうええわ』(藤井風)の音域







【地声最低音】mid1B(B2) 

★さぁ羽のばしm1D[て ここ]から 捉われてばっ[か だった]から【Aメロ】
m1BC#[も]う]ええわ 要らんことばっか聞[か][ん]といて【ラストサビ前半】

【地声最高音】mid2G(G4)  ※ラストサビで2回

★この空に捨m2F#地[てて] m2GF#[も]う]ええF#[わ]【ラストサビ後半】
★もうええわ m2Gm2F#[な]に]が大切なん?


【裏声最高音】mid2G(G4) ※サビで登場

★もうえm2Gm2F[え]わ] m2E[自由]になEm2D#[る]わ]ぁぁ【サビ】


【補足】mid2D(一部略)mid2F#を含むフレーズ一覧

★すれ違った人だってm2D#[過]去だってm2E[こ]わくない【Aメロ】
m2D#m2E[み[ん]D#E[さ[き]が見えない夜道を【Bメロ】
★うつm2D#m2E[む[か]な]いで m1C#[お]1C#[え]ないで
★閉ざしm1C#[た]扉 叩いm2D#[て]

★もうえm2Em2D[え]わ] 言わm2D[れ]る前に先に言わして【サビ】
★泣くm2D[く]らいm2E[じゃっ]たら笑っD裏[た]るわ アハハ・・・

★意味もm2Em2D[な]く]ただ傷付けられそして傷付け E[繰][り]返すだけ【2番Aメロ】
★夜が更けて 朝のひかm2F#裏m2E[り]が]顔を出して【2番サビ最後】

 まず、『もうええわ』についてです。この楽曲は、2019年に男性シンガーソングライターの藤井風さんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルであり、翌年にリリースされたアルバム『HELP EVER HURT NEVER』(ヘルプ・エヴァー・ハート・ネヴァー)に収録されました。同アルバムには、『優しさ』(過去記事)、『何なんw』といったシングル曲や、リード曲『帰ろう』(過去記事)などが収録されております。同アルバムは、売上としてはフィジカルのみで13万枚以上のセールスを記録し、日本レコード協会よりゴールド認定がなされました。

 『もうええわ』はゆったりとしたテンポのR&Bナンバーです。ヒップホップなどの影響が感じられ、Aメロサビ等はリズミカルです。同曲は、要所要所で転調がなされており、音感の良さが要求されます。音域自体は滅茶苦茶に高いというわけではないのですが、繊細な歌唱表現が求められます。作詞作曲は藤井風さん、編曲はYaffleさんによりなされております。


 『もうええわ』の音域的な特徴についてです。同曲は、おおよそ一般的な男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。ただ、低音域が低めであり、キー下げなどには向きにくいです。同曲、mid2Dなど低いレンジでの裏声が求められるなどするため、高音域が得意な方は、逆に歌いにくく感じられるかもしれません(高音域が得意な方はキー上げ推奨)
 ちなみに、藤井風さんはJ-POPの男性歌手としては低音域が目立つ歌手です。そのため、女性には原キーでの歌唱が難しいと思います。今回の『もうええわ』についても、女性はキーを上げた方が歌いやすいと推測されます。


 最後に『もうええわ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Bについては、ラストサビの冒頭で1回だけ登場します。同曲は、mid1Bの他にmid1C#~mid1D辺りも多く、男性曲としては比較的低めになります。高音域が得意な男性は若干歌いにくく感じられるかもしれません。
 同曲は、男性曲としては低音域が低めであるため、女性が原曲キーで歌唱するのは難しいと言えます。通常は、キーを上げを推奨します(高音域が得意な男性なども同様)。

 次に地声最高音mid2Gについては、ラストサビで登場します。登場回数は2回程度です。同曲は、地声の高音としてはmid2E辺りが多く、男性曲としてはそこまで高くはありません。だからといって、難易度が低いというわけではなく、繊細な歌唱表現が求められます。ただ、音域的に一般的な男性でもマッチしやすいですので、表現力の向上に非常に参考になるのでは中と思います。


 『もうええわ』は低音域に若干の余地があり、キー下げは可能です。ただ、低音域がやや多いですので、大きなキー下げには向きません。逆に、女性や高音域が得意な男性がキーを上げたりすることには向きやすいと思います。
 同曲は、mid2Dで裏声が求められるなど、男性曲としては決して高い方ではありません。そのため、「標準的な音域の男性」などが原曲キーに合いやすいです。当然ですが、歌いこなすには力量が求められますので、その点は留意しておいてください。また、転調などが多く、音感なども重要になります。


 『もうええわ』は穏やかなR&B、ラップナンバーで、難易度は高いですが、音域的には標準的な男性でも取っつきやすいです。一般的な男性の音域に近いため、藤井風さんの歌唱表現なども非常に参考になるのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しA より:

    ありがとうございました。最近多く取り上げていただいてありがたいです。そこまできつくない音域のわりにちょっと歌いづらいなと思ってましたが、転調とかが関係してくるんですね。

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      私生活や曲の難易度との兼ね合いなどもあるので
      偏りが出ると思います。

      転調は結構関係しますね。ホントに難しい曲になると
      楽器などで実際に音程を確かめたりしながら歌った方がよさげです。
      最近は凝ったアレンジの曲が多いので、
      自然と音程が取りにくいものが増えますね。