こんにちは。今回は美波さんの『カワキヲアメク』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『カワキヲアメク』 (美波),Kawaki wo Ameku(Minami)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★もう自己顕示飽m1F#[きた](Aメロ)etc.


【地声最高音】hiE(E5)   ※Cメロで1回

★此処hiC#[い]hiE[た]hiD[い]C#[よ](Cメロ)


【裏声最高音】hiE(E5)  ※サビで登場

hiC#[引]hiB[用]だらけのフレーズhiE裏[も](サビ)
★あhiB[め]hiC#裏[降]hiE裏[ら]hiC#[な]hiB[い]でよ


【補足】hiB以上を注意点

★されど 美hiC#[し]くあれ(Aメロ)
★ちゅhiB[う][は][ぱ][け][い]hiC#[や](Bメロ)

hiC#[ああ]hiB[して]こうして言ってたって(サビ)
hiC#[お]hiB[も]いもしない軽(おも)い言葉 何度使い古すのhiC#[か?]
hiC#[か]hiB[か]と持ち上がB[る]B[と]
★タhiD裏[ブー]hiC#地[にし]hiB[て]
★そhiB[れ]B[も いいか]B[さ](Cメロ)

『カワキヲアメク』 (美波)









 まず、『カワキヲアメク』についてです。この楽曲は、2019年にシンガーソングライターの美波さんによりリリースされたシングル作品です。タイアップとして、週刊少年マガジンで連載されている漫画を原作としてアニメ『ドメスティックな彼女』の主題歌に起用されました。
 『カワキヲアメク』は美波さんのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、約3800万回の再生回数を記録しています。アニメのタイアップということもあるかもしれませんが、美波さんの楽曲でトップの再生回数であります。また、動画のコメント欄に英語による投稿が目立つように思います。




 『カワキヲアメク』のサウンド等についてです。この楽曲の編曲はMitsuo Yamamotoさんによりなされています美波さんのTwitterより)。ロック色が強いアレンジになっております。美波さん自身はアコースティックギターを担当しているのではないかと思います。個人的には特にAメロ、Bメロを中心としたドラムのフレーズが耳に残りました。2番のAメロのエレキギター、Bメロのベースギターも好きです。

 歌メロディーについてはAメロBメロサビといった馴染みやすい構成であると思います。個人的にBメロ終盤からサビ以降の美波さんのボーカルの力強さが非常に耳に残ります。先にYoutubeで「英語のコメントが多い」ということを述べましたが、個人的には海外の聴き手を惹きつける点はこのボーカルにあると思います。タイトルにある『カワキヲアメク』の「アメク」とは漢字では「叫く」と表現します。文字通り「叫ぶ」、「わめく」等の意味があります。そのタイトル通り、「叫び」の部分が『カワキヲアメク』では強く表現されています。

 『カワキヲアメク』の歌詞についてです。タイトルの意味は『渇き(乾き)を叫く』という意味なのだと思います。「乾き」と「渇き」のダブルミーニングになっているのではないかと私は解釈しています。
 まず、「乾き」については、好きな相手との乾ききった軽いコミュニケーション、中身の無いやり取りに葛藤してゆく主人公の姿が描かれています。歌詞の「思いもしない軽(おも)い言葉 何度使い古すの[か?」、「コピー、ペースト、デリート その繰り返し 吸って、吐いた」といったフレーズに特にそうしたものを感じました。
 一方で、『渇き』の側面としては、そうした「乾いた」やり取りを繰り返してでも相手の側にいたい、相手に愛されたいといった「渇望」が描かれていると思います。それらの恋愛感情が報われていないという点も含めて、非常に共感を誘います。分かりやすい言葉だけではなく、やや婉曲的な表現も交え、上手く描かれているのではないかと思います。



 最後に、『カワキヲアメク』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiE(E5) 、【裏声最高音】hiE(E5)でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。

 まず、この楽曲の中心となるのはhiB、hiC#といった音階です。『カワキヲアメク』ではこの辺りの音階を上手く使いこなすことが求められます。一方で、hiC#辺りになると発声が難しくなる人も多いかもしれません。その点は留意しておいてください。

 地声最高音のhiEはCメロで1回登場します。ただ原曲のニュアンスを意識するならば、先にも述べましたように、hiC#を力強く歌いこなす方に重きを置いた方が良い気がします。一般的な女性の場合、原曲キーよりも少しキーを下げた方が歌いやすいと思いますが、高音域が得意な女性であっても、キーを少し下げて声の太さを意識してみても良いかもしれません。もちろん、自分の歌いやすいスタイルで歌うのもあり得る表現だと思います。

 『カワキヲアメク』は音域自体はやや広めでありますので、キーを下げての練習は行いづらい可能性があります。よって、普段歌い慣れていない女性は別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジするのが良いのではないかと思います。


【今回の記事とは無関係の話です】
※以前のコメントで、カザフスタンの歌手であるDimash Kudaibergenさんの『SOS』の音域について知りたいという要望を頂きました。私の力不足もあり、記事として取り上げることは出来ないのですが、音域については簡単に調査し、画像も作成しましたので、この場をお借りしてアップロードしたいと思います。高音域の裏声が魅力的な歌手です。

Dimash Kudaibergenさんの『SOS』