スポンサーリンク
カテゴリー

『夏の大三角形』(NICO Touches the Walls)の音域

 こんにちは。今回はNICO Touches the Wallsの『夏の大三角形』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。本曲はリクエストによる選曲です。


『夏の大三角形』(NICO Touches the Walls)、Natsu no Daisankakukei


【地声最低音】mid1D#(D#3) 

★肌を刺す陽射しm1D#[掻き]分けて m1D#[流]れる汗の粒が


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで登場

★三m2G#[秒]m2F#[間] G#[き]hiA#[み]hiB[に]A#[見]G#[惚]F#[れ]て


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★はしゃぐ君の m2G#[わ]m2F#[らい]hiB裏[ご]hiA#[え]B[で]


【補足】

★言葉にm2F#[出来ない願い]に 目をF#[背けたこ]m2G#[と]が(Aメロ)
★キレイにm2F#[見]えたのは いつのことだっけ(Bメロ)
★って きm2G#[み]m2F#[は]笑っ[た]

★いm2G#[ま]m2F#[全]力で[こ][い]してる(サビ)
★いm2G[ま]m2F#[せ][い][を こ]hiA[わし]G[て][~]F#

『夏の大三角形』(NICO Touches the Walls)









 まず、『夏の大三角形』についてです。この楽曲は、2012年に4人組バンドNICO Touches the Wallsによりリリースされたシングル作品です。この楽曲は清涼飲料水のカルピスウォーターのCMのために果キロされた楽曲です引用元)。CMではのん(能年玲奈)さんが出演しており、またNICO Touches the Walls自身もバンドの演奏で出演しております。
 
 『夏の大三角形』のサウンドについては、00年代以降のバンドで多く見られるようになった四つ打ちのリズムが心地よいです。一方で、イントロ、Aメロなどはスピッツの『渚』あたりを彷彿とさせます。
 ボーカルの光村龍哉さんはスピッツやサザンオールスターズに憧れ、小学生の頃から作詞作曲を始めたそうです。スピッツの『渚』は夏の歌としてはどこか儚げで、アレンジも落ち着いております。

 一方、『夏の大三角形』は「新しいバンドの勢い」と、「落ち着いたアレンジ」が上手く融合されています。『夏の大三角形』はそうした点が、当時のバンド曲の中では特異なのではないかと感じました。
 個人的には、サビが際立ち過ぎない点も非常に好きです。また、エレキギターなどのバンドの音色もよいのですが、それ以外のバンドを補完するアレンジも夏の儚さを上手く表現していると感じました。

 

 さて、『夏の大三角形』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiBで、サビで複数回登場します。できれば地声で発声したいところでありますが、男性の音域ではやや高いと思います。場合によっては、キーを下げることを考えてください。原曲キーから3程度下げると、mid2G#あたりに設定されます。この辺りならば、届きうる音階だと思います(普段歌い慣れていな人では、やや難しいかもしれません)。

 『夏の大三角形』は音域としてはやや広めですが、キーを下げる余地もあります。例えば、キーを5つ下げてmid1A#~mid2F#辺りに設定することも可能です。この辺りだと、歌い慣れていない人であっても練習に使いやすいのではないかと思います。
 ただ、個人的には、もう少し音域の狭い曲で歌い慣れた方が良いのではないかとも思います。もし、キーを下げても上手く歌えない場合は、音域の狭い別の楽曲などを選曲してみてはいかがでしょうか。練習を重ねていく上で、広い音域の曲も歌いやすくなると思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    ありがとうございます。
    自分の良いペースで少しずつ頑張っていきます。

  2. より:

    いつかちゃんと歌えるようになりたい曲の一つだなぁ