こんにちは。今回はKing Gnuの『Don't Stop the Clocks』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Don't Stop the Clocks』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、Twitterの公式チャンネルに投稿されたショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)


【地声最低音】mid1E(E3)  

★憂鬱が空を覆い尽くしたっm1E[て] 


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★君と夢m2G#地[を見]ていたいんだよ

※裏声にも聞こえるのですが、現時点では地声にします
※この場面を除くと最高音はmid2Fになります。

【裏声最高音】hiF(F5) ※楽曲全体で3回登場

★この風に身を委ねておhiC[ど]hiD[れ]hiE[ば]hiF[い]E[い]



【補足】mid2F,hiAhiDの注意箇所

☆Lonely Lonely m2F[Lone-]- ly泣かないで いm2G#[と]しい人よ
★このまhiA[ち]hiB[がぼ]A[く]らを
★孤hiC[独][に]A[る]のなら

★未来を愛していられる あなたとhiA[なら]
★きhiA[せ][が][ぐ]り はA[じ]hiB[め]hiC[る]
hiB[時]hiC[計]hiD[の]C[は]B[り]を 進A[め]

『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)










 まず、『Don't Stop the Clocks』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Sympa』に収録されているナンバーです。

 『Don't Stop the Clocks』は演奏時間が2分程度の小曲です。ストリングス等が用いられた短い曲ですが、メロディーが非常に美しく、非常に濃密です。リクエストされた理由が分かります。高音ボーカルの井口さんの特性が活かされております。ゆったりとしたテンポのラブソングですが、カラオケなどで歌唱しても楽しいのではないかと感じました。

 『Don't Stop the Clocks』の音域的な特徴についてです。図にも示していますが、歌メロの約半分が裏声で構成されております。井口さんは裏声の美しさに定評がありますが、この楽曲はまさにそうした声質がよく表現されております。カラオケ等で歌唱する際は、裏声の精度がカギとなります。

 この楽曲の歌詞についてですが、ラブソングです。タイトル『Don't Stop the Clocks』(時を止めないで)とあるように、「これからも二人の幸せな時間を過ごしていきたい」というニュアンスになります。こうした点も多くの人に受け入れられやすい歌詞と言えるのではないかと思います。King Gnuの作品の中では、大衆的な要素が強いと感じました。King Gnuを知らない人にもお奨めできる楽曲だと思います。



 さて、『Don't Stop the Clocks』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域の範囲内と言えますが、裏声が非常に高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音についてですが、mid2G#になります。ここは、やや裏声のようにも聞こえるので、歌唱する際は裏声でもよいと思います。そこを除くと、上述の【補足】の☆部分「Lonely Lonely m2F[Lone-]- ly泣かないで」のフレーズが地声の最高音になります。mid2F、mid2E辺りが安定的に地声で歌唱できる必要があります。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内でありますが、普段歌い慣れていない人はmid2F辺りでスムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねてください。

 『Don't Stop the Clocks』は裏声が多用されている楽曲です。よって、楽曲のニュアンスを上手く表現するためには、裏声が上手く使えることが非常に重要になります。表記はしておりませんが、mid2G辺りから裏声になり、高い部分ではhiFに達します。スマホなどで録音しながらでも良いですので、練習を重ね、裏声の精度を高めてください。この『Don't Stop the Clocks』は裏声の練習に非常によい楽曲と言えるのではないかと思います。

 King Gnuの楽曲群は全体的に難易度が高く、またバラード調の作品でもマイナーコードが用いられ暗めのニュアンスのものも多いです。
 その中にありながら、この『Don't Stop the Clocks』は非常に多くの人に受け入れられうる楽曲なのではないかと私は感じました。裏声が上手く使いこなせるのであれば、比較的手を付けやすいといえます(上手く歌いこなすにはやはり力量は必要です)。「King Gnuを歌いたいけど難しい」と感じている方に、個人的にお奨めしたい楽曲です。