カテゴリー

『一途』(King Gnu)の音域 / 『劇場版 呪術廻戦 0』主題歌

こんにちは。今回はKing Gnuの『一途』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。今回は主旋律を基準に最低音と最高音を割り出しております。ただ、中高音域の井口さん中低音域の常田さんそれぞれのパートの音程も特定しやすかったので、2人の各パートの最高音と最低音についても触れていきます


『一途』(King Gnu)、Ichizu(King Gnu)
『一途』(King Gnu)の音域







【地声最低音】mid1F#(F#3) 

☆最期にもう一度 m1F#[強]く抱きしめて その後はもう なm2E[に]も要[ら]ないよ【Aメロ[常田パートの最高音]】
★(生きてる証刻むの) m1F#[かじ]かむ心[震]わして【Bメロ】

※サビの低音ハモリを含めると、低音パートの最低音はmid1C#。高音パートの最低音はmid1G#


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※曲全体で1回

m2G#[と]hiC#裏[ど]hiA#[け]届けとG#[血]hiA#地[を]G#[め]G#[ら]せて【2回目のサビ】

※低音パートの最高音はmid2E、高音パートの地声最高音はAメロハモリでhiB(全体で3回)


【裏声最高音】hiD(D5) ※Bメロで複数回登場

hiA[天]m2G#[秤]なんてhiBA[ひ][よう]hiD[ない]hiC#[の]【Bメロ】
m1F#[むじゅ]んにhiC#hiD[脳[を][わし]て]


【補足】mid2F#(一部のみ)hiC#を含むフレーズ一覧

☆※きっと神様の 身勝手な悪戯 汚れ役だろうと hiA[い]A[わ]hiB地[ない][よ]【Aメロ[高音のハモリ]】

★生hiA地[き]m2G#[て]るあかm2F#[し]刻むの【Bメロ】

m2G#[ひと]m2F#[ひ]らのおF#[もい]よ とhiB裏[ど]hiA#[け]【サビ】
★届けhiC#裏[と]hiB[血]hiA#-A[をめ][ら]B[せ]A#[て]
★(一途に見つめます 理由なんて)hiC#裏[ひ]hiB[つようは]hiA[無]いの

☆なみだm2F#[の]理由も知らずに 愛が体m1G#[ぁを喰いち]ぎった【Cメロ】
★正しさm2F#[を]hiA地m2G#[振][か][ざさ]ないで

(一途に向かいます 余力をのhiC#裏[こ]hiB[す]hiA#[気]A[は]無いA#[の]【2回目のサビ】

★※m2E[最期にもう]一[度] 強く抱きしめて【ラストAメロ[高音のハモリ]】
★※その後はもう なhiA地[に]も要A[ら]m2F#[ない]

☆は井口(高音パート)の地声最高音hiBと最低音mid1G#

 まず、『一途』(いちず)についてです。この楽曲は、2021年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたシングル作品です。現在は、配信限定のシングルですが、12月29日に『逆夢』(さかゆめ)を含めた両A面CDシングルとしてのリリースが予定されております。最新曲ですので、記事執筆時点でアルバムには未収録になります。

 『一途』は芥見下々(あくたみげげ)さんの同名漫画を原作としたアニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』の主題歌として書き下ろされました。『呪術廻戦』は2021年12月現在、累計発行部数が6000万部を超える人気作で、現在ジャンプの看板漫画の1つといってもよいと思います。そうした影響を主題歌などにも及んでおり、当ブログでも取り上げたEveさんの『廻廻奇譚』(過去記事)はアニメのオープニングテーマとして、昨年大きなヒットを記録しています。
 今回取り上げる『一途』もアニメの影響もあって、大きな注目を集めております。楽曲の質も相まって、King GnuのYouTube公式チャンネルで公開されているMVは現在、600万回を超える再生回数を記録しております。


 『一途』はアップテンポのロックナンバーです。歌メロは構造上、AメロBメロサビCメロといった形になっておりますが、そうした造りを感じさせないほどに「全体がサビ」という感覚があります(私自身も音域調査をする際は「AメロBメロCメロDメロ」という分類をしておりました)。例えば、TVなどで同曲を紹介するときは、AメロBメロサビのどこから切り取っても絵になるミュージックビデオであり、耳を惹くキャッチーさがあります。ただ、そうしたキャッチーさの中にも、King Gnuの泥臭さ、男臭さ、精錬された音楽的な作り(コードなど)が見て取れます。

 『一途』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な男性の声域よりも高めのレンジで作られております。また、「全体がサビ」といった構造上、全体を通して高いレンジが続きます。そのため、ある程度のスタミナも必要不可欠となります。
 一般的な男性の場合は、少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。また、女性の場合は、Aメロを井口さんと同じ副旋律のパートで歌えば、原曲キーでの歌唱も可能です(キーを上げてもよい)。

 ちなみに『一途』は、従前のKing Gnuの作品と比較するとアプローチしやすいメロディーになっております。一部音程が取り辛い部分や、転調などもございますが、「リズムが速すぎる」、「裏声が高すぎて出ない」、「裏声と地声の使い分けが難しすぎる」といった点は少ないです。ただ、Bメロなどは息継ぎが大変な部分があります。そうした点については、「どこで息継ぎをするか」、「どの部分を削るか」といった整理をしておいた方がいいです。


 最後に『一途』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)~【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 同曲は常田さんの低音パートと、井口さんの高音パートにより作られております。まず、全体を見る前に、2者のそれぞれについて整理していきます。2人でデュエットする際は、参考にしてください。

 まず、常田さんの「低音パート」はmid1C#(C#3)~mid2E(E4)で歌メロが作られております。主旋律ではmid1F#が最低音となりますが、ハモリの部分でmid1C#が登場します。このパートは一般的な男性の音域の範囲内です。音域面での難しさは少ないと思います。ただ、楽曲を視聴してみても分かるように、抑揚の付け方などが独特であり、こうした表現をするには練習が必要になります。

 一方、井口さんの「高音パート」はmid1G#~地声最高音hiB(B4)、裏声最高音hiD(D5)で歌メロが作られております。メインパートではhiA#が地声最高音であり、hiBはハモリで3回登場します。このレンジについては、一般的な男性の音域よりも高いです。声域的には、高音域が得意な男性、場合によっては女性が担当してもよいと思います。難易度が低いというわけではないですが、従前のKing Gnuの作品よりは歌いやすいと思います。



 次に、主旋律のみで(【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)~【裏声最高音】hiD(D5))についてみていきます。「1人で歌う際などに必要となるレンジ」です。

 まず、地声最低音mid1F#についてはAメロBメロで登場します。このmid1F#辺りは一般的な男性の声域の範囲内といえ、比較的発声しやすい音階であります。
 一方、女性が同曲を歌唱する場合、歌いにくく感じられるのではないかと思います。ある程度高音域が得意な女性は、井口さんの高音パートのハモリの方を歌唱してもよいと思います。井口さんは終盤のAメロで、ハモリを入れております(上述の音域表記では※の部分に該当します)。

 次に、主旋律の地声最高音hiA#についてです。地声最高音hiA#はラストサビで1回だけ登場します。【m2G#[と]hiC#裏[ど]hiA#[け]届けとG#[血]hiA#地[を]G#[め]G#[ら]せて】の場面です。このhiA#については、場合によっては裏声hiA#でも違和感は無いのではないかと私は感じました。
 このhiA#の1場面を除くと、hiAが多く登場します。一般的な男性にとっては高いレンジになりますので、少しキーを下げると歌いやすいです。目安として、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください(♭1~♭2)。


 『一途』は低音部分に余裕があり、キー下げなどは可能です。歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに調整することは可能だと思います。一方、高音域がそこまで得意でないビギナーにはやはり歌いにくい部分が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。
 同曲は、King Gnu作品の中では比較的アプローチしやすいのではないかと私は考えておりますが、キー調整などをしても、やはり歌い慣れた人向けであります。

 『一途』を原曲キーで歌唱する場合一つの目安としてhiA辺りをしっかり歌いこなせる力が求められます。また、同曲は「全部がサビ」のような勢いでありますので、全体として高めのレンジが続きます。そのため、ある程度のスタミナは必要不可欠になります。更に、King Gnuではお馴染みの裏声も登場します。ただ、裏声については『白日』や最近の『BOY』などと比べると、滅茶苦茶には難しくないです。そうした点を踏まえて練習に励んでください。原曲キーの場合は、ある程度高音域が得意な男性、もしくは女性などが合いやすいです。

 『一途』は楽曲の質も高く、また人気アニメの主題歌ということもあり、カラオケ等で歌っても盛り上がりやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。女性などにもお奨めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    先日劇場にて映画見に行ったのですが、最後の20分はもう号泣でした笑笑
    エンディングも一途と逆夢重なってずっと泣いてましたwめっちゃいい曲ですよね。
    逆夢も音域調査していただけると嬉しいです!

    • もりっしー より:

      了解です。リストアップしておきます。
      自分はまだ逆夢の方が聴けてないですね。
      楽しみです。