スポンサーリンク
カテゴリー

『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(KERENMI)の音域 /

こんにちは。今回はKERENMIさんの『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、自選曲としてもリストアップしていた曲でもあります。


『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(KERENMI)
『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(KERENMI)










【地声最低音】mid1F(F3) 

★同じ色の夢を持ったm1F[ぼ]くら (Aメロ)
★それだけでもう果てしなくうm1F[れ]しいんF[だ]


【地声最高音】hiA#(A#4)  

m2F[But never] hiA#[cry] hiA[I] [don’t] m2G[care](Bメロ)
★駆け上m2F[が]るよ 2段[づ]つ飛[ば]m2G[す] hiA#[Sta-irway]hiA(サビ)


【補足】mid2F~hiAの注意箇所

★たm2F[がいにとっ]てのF[Sel-][-fish ways]m2G(Bメロ)  
★くm2F[うらんばっ]かのm2G-hiA-F[Yes-][-ter][-day]
m2F[追]m2G[い]hiA[越]F[せと日]々を進F[むよ](サビ)



 まず、KERENMI(ケレンミ)について少し説明します。KERENMIは音楽プロデューサー蔦谷好位置(つたやこういち)さんの音楽プロジェクトです。
 蔦谷好位置さんに関して、当ブログではこれまで直接取り上げることはありませんでした。ただ蔦谷さん自身はSuperfly、米津玄師さん、back number、Official髭男dism等のアレンジに携わっており、その際に何度も名前が登場しております。
 その蔦谷さんが「このアーティストにはこういう曲も合うのではないか」といった趣旨から、音楽プロジェクトを開始しました。KERENMIの1stアルバム『1』には、今回取り上げるヒゲダンの藤原聡さんを始め、SALUさん、Charaさん、 Mrs.GREEN APPLEの大森元貴さん、奇妙礼太郎さんなどが参加しております。
____

 さて、『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』についてです。この楽曲は、2020年にKERENMIによりリリースされたアルバム『1』に収録されております。タイトルにあるように、Official髭男dismの藤原聡さんがボーカルを務めている作品です。タイアップとして、AbemaTVで放送されている『月とオオカミちゃんには騙されない』の挿入歌に起用されました。

 『ROOFTOPS』はオルタナティブR&B、EDMなどの要素を持った楽曲です。サウンドプロデュースはKERENMI(蔦谷好位置)さんが行い、作詞を藤原聡さんが担当しております。
 Official髭男dismではR&B、ファンクなどを下地にしたバンド曲が多く制作されておりますが、この作品では、打ち込み主体のEDMなどが強調されております。ヒゲダンと蔦谷さんは、『宿命』『イエスタデイ』で共同編曲を行っております。私自身2曲を改めて視聴してみると、「この辺りは蔦谷さんの仕事なのかもしれない」などと私自身考えたりもします。

 『ROOFTOPS』の音域についてですが、ヒゲダンで藤原さんが歌唱しているような音域で歌メロディーが作られております。ただ、ヒゲダン作品より高音域が抑え気味でもあります。一般的な男性の音域よりは高めなのですが、カラオケなどでヒゲダン作品を歌いたい人は、本作はねらい目かもしれません。



 さて、『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)、【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はBメロ、サビで登場します。この辺りは一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げることも選択肢に入れてください。
 ただ、ヒゲダン作品と比較すると少しキーは低めです。例えば、サカナクション、スピッツ、back number、Mr,Childrenなどが歌唱できる人は、原曲キーでチャレンジしても到達しうるのではないかと思います。

 『ROOFTOPS』は音域全体でみると、そこまで広くはありません。よって、キーの調整の融通も利きやすいです。歌い慣れていない人は歌いやすいキーまで下げて練習することも可能であります。
 この楽曲は、歌メロの構成自体はそこまで複雑ではなく、演奏時間も3分程度と短めです。練習曲としてある程度向いているといえるのではないかと私は考えております。

 『ROOFTOPS』は女性が歌唱しても合いやすいのではないかと思います。原曲キーでも歌唱可能だと思いますが、一般的には少しキーを上げた方が歌いやすいです。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちゃるめら より:

    この歌知りませんでした。
    ありがとうございます!

  2. ダンボール より:

    この流れで103(feat motoki ohmori)お願いします!!

  3. ダンボール より:

    この流れで103(feat. motoki ohmori)お願います!!