こんにちは。今回はCo Shu Nieの『character』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。Co Shu Nieの作品を取り上げるのは、『asphyxia』(過去記事)以来、2度目となります。


『character』(Co Shu Nie)

『character』(Co Shu Nie)









【地声最低音】mid1F(F3)  ※曲全体で2回

★ねえ どうしm1F[て](Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で1回

hiD地-hiC-hiF[com][pul][sive] hiE-hiC[de][sire] hiD[to] cry(2番Aメロ)


【裏声最高音】hihiA#(A#5) ※曲全体で4回

hihiA#[ぼ]hiD#[く]hiG#[を]hiF[す]hiC#地[く]えるC#[の]は(ラストサビ)

※転調前のサビではhihiAが最高音になります。


【補足】hiChihiAの注意点

★ぼhiE裏[く]hiC#[ら]の 【イントロ】
hihiA[か]hiG#[け]hiF#[ら]hiE[を] C#[踏]G#[む]F#[な]

★張り付けたhiC地[仮面] hiC[に]せものだって言える?【Aメロ】
★抜け出したい このhiC[ふ]ざけたルー[プ]から

hiC[こ] おった海打C[ち]砕け idola【2番Aメロ】
hiD[も]hiC[う]hiF[な]hiE[み]C[だも]D[出]ない

hiF#[空っ]ぽだ とF#[らわ]hiG#[れ]F[て]F#[いる]【ラストの転調サビ】

※☆の部分はhiE辺りが地声裏声判定に迷ったところです。


 まず、『character』(キャラクター)についてです。この楽曲は、2018年にロックバンドCo Shu Nie(コシュニエ)によりリリースされたEP作品『Aurora』に初収録されました。翌年にリリースされたフルアルバム『PURE』にも収録されております。同アルバムには『東京喰種トーキョーグール:re』のOP曲となった『asphyxia』(過去記事)、『約束のネバーランド』のED曲となった『絶体絶命』『Lamp』など、アニメの主題歌となった作品も多く収録されております。

 『character』はアップテンポのマスロックナンバーです。テクニカルな演奏が印象的で、演奏時間も3分弱と非常に濃密です。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ(#1)上がります。

 歌メロについては、イントロやサビでhihiAといった非常に高い音階が登場します。3分弱の短いナンバーでありながら、hihiA以上の音階が計7回登場します。地声最高音はhiD辺りで、でたらめには高くないですが、高音域の裏声が求められる作品になっております。



 さて、『character』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hihiA#(A#5)で歌メロディーが構成されております。地声音域については、一般的な女性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDは、2番Aメロで2回程度登場します。地声裏声の判別が難しく、私自身非常に迷った点もあるのですが、地声部分についてはでたらめには高くないです。ただ、裏声音域なども含めて考えると、一般的にはキーを下げた方が歌唱しやすいのではないかと思います。

 『character』は上述のように、裏声音域が非常に広い作品であり、器用な裏声の発声が求められます。声の高い女性でもhihiAなどを有効に歌いこなすにはある程度訓練が必要になると思います。ただ、裏声は地声より広がりやすいですので、少しずつ練習を重ねてください。曲のテンポを落として練習するのも良いと思います。

 『character』は音域自体が広く、低音部分も低めです。よって、キー調整の余地は少ないです。フルコーラスで歌唱する場合は、少しのキー調整程度になるのと思います。その点で、フルコーラスで歌唱する場合は、歌い慣れた人向けの作品であります。
 この楽曲は裏声が広い作品でもありますので、「低音部分はあまり気にせずに、キーを調整しながら高音域のみの練習をする」といった使い方をしても良いと思います。