こんにちは。今回はCo shu Nie(コシュニエ)の『asphyxia』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。Co shu Nieには別の曲でリクエストを頂いていたのですが、先にこちらを取り上げたいと考え、今回取り上げました。

 なお、今回は地声と裏声の区別が非常に難しいと感じました。ライブなどでも発声が必ずしも固定されているわけではないようです。地声最高音は一つの目安と考えてください。MVとともにライブ版の歌唱なども参考にされると良いと思います。


『asphyxia』(Co shu Nie)
『asphyxia』(Co shu Nie)









【地声最低音】mid2A(A3)  

★(変えられない世界で)m2A[溺]れている(Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで登場

★あなたhiC[が]くれたいhiD地[た]C[み]hiF裏[が]


【裏声最高音】hiF(F5) ※楽曲全体で登場

★「だhiD[っ]hiC[て]hiA[どう]しようもhiE裏[な]hiF[い]E[こ]と(Aメロ)

hiF裏[じ]hiE[ゆ]hiC地[う]F[と]E[は]何? (サビ)
★(愛かも)hiF[し]hiE[れ]F[な]いと ひとりできhiC[た]いしてた

hiC[エ]hiD[レ]C[ジ]C[にす]hiF[こ]hiE[し]C[も](ラストサビ)


【補足】hiChiEの注意点

hiD#裏[よ]hiC[るに閉]hiA#[じ]こめられたD#[子]C[は](冒頭)
★ hiC[む]hiC#[ひょ]hiD#[う]C[じょ]hiA#[う]に息を止A#[めた]

★ばhiC[か]hiA#[り]hiA[じ]ゃない(Aメロ)
★しhiA[ず]むhiC[か]げ どんA[な]今でも これが現実
★ディスコhiC[ー]ドに耽美してぇC[ぇ](サビ)

★不hiC[条理]?仕C[方]ない?なんて(Cメロ)
★いつhiC[まで]C[える]hiC#[の]
★どhiE裏[れ]C[だ]hiC[あ]きらめれば気hiC[が]済むんだろう


 まず、Co shu Nie(コシュニエ)について少し説明します。Co shu Nieは2011年に結成、2018年にメジャーデビューした3人組のロックバンドです。バンドのフロントマンである中村未来(なかむらみく)さんが作詞作曲を担当し、DTMでアレンジも担当しているようです(その後、バンドで完成させていく)。中村さんはボーカルの他にギターとピアノを担当しています。ジャンルとしては、インディーロック、マスロック、ポップロックなどに属します。マスロックということもあり、変拍子などが用いられたテクニカルなサウンドが特徴的です。
 2018年のメジャーデビュー後は、今回取り上げる『asphyxia』、『絶体絶命』などが人気アニメの主題歌を担当するなど近年知名度を急速に拡大させております。ちなみに、バンド名のCo shu Nie(コシュニエ)については、特に意味はないそうです。

___
 
 さて、『asphyxia』(アスフィクシア)についてです。この楽曲は、2018年にロックバンドCo shu Nieによりリリースされたシングル作品です。メジャーデビューシングルであり、2019年にリリースされたアルバム『PURE』に収録されました。
 『asphyxia』は石田スイさんによる同名漫画を原作としたアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』のために書き下ろされました。『asphyxia』とは、英語で「窒息、呼吸停止」などを意味する医学用語だそうです。この楽曲をきっかけに、Co shu Nieは『約束のネバーランド』などの主題歌も担当するようになります。

 『asphyxia』は変拍子なども取り入れられたバンド曲です。メンバーのテクニカルな演奏も特徴的です。歌メロは、女性の音域よりやや高めのキーで歌われております。
 私自身Co shu Nieの作品を広く知っているわけではないですが、ボーカル中村さんは裏声でhihiAに達する曲などもあります。それを考えると、『asphyxia』はCo shu Nieの中では手を付けやすい楽曲に当たるのではないかと思います。今後、その辺りも分析していけたらと思います。





 さて、『asphyxia』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、裏声最高音hiFについてです。同曲はサビなど、楽曲全体を通して「息漏れの少ない裏声」が多用されます。地声と裏声を行ったり来たりするような器用な発声が求められます。地声も女性としては高めですので、歌い慣れた人向けの作品といえます。
 一般的な女性の場合は、少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。2つ程度を目安にキーを下げてみてください。

 『asphyxia』は低音部分に少し余裕があり、キーを下げて歌唱することも可能であります。歌い慣れた人であれば、歌いやすいキーが見つかるのではないかと思います。
 一方で、歌い慣れていない人向けのキー調整は可能ではありますが、裏声と地声を行き来するような歌唱が求められるなど、難しい部分もあります。その点は留意しておいてください。
 同曲は、変拍子が取り入れてられており、その点で初見では歌いにくい部分もあります。歌詞やメロディーなどをしっかり覚えておくことも重要です。