スポンサーリンク
カテゴリー

『give it back』(Co shu Nie)の音域 / アニメ『呪術廻戦』ED曲

 こんにちは。今回はCo shu Nie[コシュニエ]の『give it back』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、今回は地声最高音がやや見分けにくかったです。よって、地声最高音については目安と考えて下さい。


『give it back』(Co shu Nie)
『give it back』(Co shu Nie)の音域








【地声最低音】mid1G#(G#3) 

★暖かい 涙で ふいに目覚めm1G#[た]【Aメロ】 


【地声最高音】hiF#(F#5)  

hiF#地[give] hIE[i][t a shot]hiD 【ラストサビ[転調+1]】
hiF#[生]hiE[ま]hiD[れ[ばか][り]F#裏[の]

【裏声最高音】hihiA(A5) ※ラストのサビで1回

★手をhiF#[に]hiE[ぎっ]hihiA裏[てい]F#[よう]【ラストサビ[転調+1]】

※hihiAの部分は瞬間的にhihiA#に上がっているようにも聞こえます。ただ、今回は考慮しないことにしております。


【補足】hiChiG#を含むフレーズ一覧

★m2G#[焦]がれた G#[ゆ]めの続きは hiA#[何]hiC[処]hiC#[に]あるの【Bメロ】

hiC#[ゆ]hiC[め]のhiA#[つ]づきを【Cメロ】 
hiC#[つ]hiD#[か]hiF[ま]hiG#裏[え][に] hiC[く]hiC#[か]
hiF[待]hiD#[っ]F[て]hiC#[て]
★沁みhiC#[て]hiE[か]hiD#[お]C#[上]げてみようか
★信じhiC[て]hiC#[み]hiD#[たい] 信じC[て]C#[み]D#[た]hiG#[の]

★明日からhiB[ま]た選んB[だ]hiC#[み]hiD[ちを]進めるよC#[う]D[に]ぃぃ【ラストサビ[転調+1]】


 まず、『give it back』についてです。この楽曲は、2021年に3人組ロックバンドCo shu Nie(コシュニエ)によりリリースされたシングル作品です。最新曲ですので、本記事の執筆時点で、アルバムには未収録です。
 本作は、配信やストリーミングのみならず、CDシングルとしてもリリースされております。CDリリースに先立ち、Co shu NieのYouTube公式チャンネルで公開されたミュージックビデオは、2021年4月現在、450万回もの再生回数を記録しております。

 『give it back』は芥見下々さんによる同名漫画を原作としたアニメ『呪術廻戦』のエンディングテーマ曲として書き下ろされました。Co shu Nieは、『東京喰種トーキョーグール』の主題歌を担当して以降、ダークファンタジー系のアニメでの主題歌起用が多くなっております。

 『give it back』はスローなバンド曲であり、ピアノやストリングスなども用いられております。Co shu Nieは変拍子などが用いられたテクニカルなバンドです。そうしたこともあってか、本作もバラードでありながら、若干リズムが取り辛い部分があります。また、バラードでありながら演奏時間が3分半程度と短くなっております。こうした点もCo shu Nieっぽいところかもしれません。

 『give it back』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的なJ-POPの女性曲としてはかなり高めのレンジになっており、歌詞のある歌メロ部分でhihiA(A5)といった音階が登場します。キー調整は可能でありますが、歌い慣れた人でも大きな調整が必要になります。ボーカル中村未来さんの声質などを考えると、裏声を上手く駆使するのも選択肢であります。

 さて、『give it back』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiF#(F#5)、【裏声最高音】hihiA(A5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べてかなり高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiF#はラストのサビで登場します。この楽曲は、ラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。よって通常のサビではhiFが最高音となります。この辺りは、女性の音域よりもかなり高めになりますので、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいです。
 また、hiFなどの高音域を「裏声」で歌唱するというのも一つの選択肢です。裏声が器用に使いこなせる方はそうした歌唱法も考えてみてください。

 『give it back』は音域自体が広めであります。低音部分に余裕があるため、キー調整は可能なのですが、ビギナーや音域が広くない人には難しい部分が出てくるかもしれません。そのため、歌い慣れた人向けの楽曲になると思います。
 Co shu Nieは日本の女性アーティストの中でも、ボーカルの音域がかなり高い方になります。そのため、高音域が得意な人向けの楽曲が多く、ビギナーなどには向きにくいものが多い印象です。

 『give it back』は音域が高く、器用な裏声も求められます。キー調整するにしても歌い慣れた人向けの楽曲といえます。ただ、リズムなどは難しい部分は多くないです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    リクエストに答えていただきありがとうございます。めっちゃ高いですね。サビは裏声なのか微妙だと思いましたが地声判定でしたね

  2. もりっしー より:

    コメントありがとうございます。

    これ私も迷いました。
    もしかしたら、息漏れの少ない裏声かもしれないというのは今も感じてます。
    男声なら自分の声でチェックしたりできるのですが
    女声なので、自分の経験が活かせにくいですね。
    間違いなく地声感があるのはhiD位ですね。

    • ぴたっくま より:

      平均音が高すぎて高音が高音に聞こえなく、地hif以上がこんなに出てるとは思わなかったです、この曲に限りませんが、全部高い曲の高音部は実際の音ほどは高さを感じないことがあります
      サビで一気に上がる曲などは高いなーって分かるのですが

      • もりっしー より:

        そうですね。自分もサビ冒頭はもっと低いと思ってました。
        意外とhiE,hiF辺りが多いんですよね。

  3. やま より:

    中村さんも裏声の発声器用ですよね。地声も強弱つけれますしね。良い曲です。Characterとはまた違ったコシュニエの良さですね!
    リクエストしたいのですが、同じ呪術廻戦の曲になるのですが、Who-ya Extendedさんの「VIVID VICE」の音域調査をやってほしいです!THE FIRST TAKEの動画も公開されましたので、歌唱力等よく分かると思います!
    時間ありましたらお願いいたします!

    • もりっしー より:

      ホントにそうですね。
      当時、東京喰種の作者の方が主題歌にコシュニエを抜擢して
      デビューが決まったそうなのです。
      ホントに見出だされて良かったと思いました。

      リクエスト曲をリストアップしておきます。