こんにちは。今回は菅田将暉×中村倫也の『サンキュー神様』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲として調査していたのですが、途中でリクエストもいただきました。


『サンキュー神様』(菅田将暉×中村倫也)、Thank you Kamisama(Masaki Suda×Tomoya Nakamura)
『サンキュー神様』(菅田将暉×中村倫也)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※サビで最低音が登場

★大丈夫だから 簡単にゃm1D[言]えないけど (サビ)
★ほらm1D[力]を抜いて 


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★泡m2F[の]m2G[よ]hiA#[う]hiA[に]F[いっ]そ(1番Aメロ)

m2G-m2F[サン]キュー[か][さ]hiA#[ま](ラストサビ前)
hiA#~m2G[な][ま][いるか]A[ら]G[ぁ]ぁ(ラストサビ)


【裏声最高音】hiA#(A#4) ※曲全体で1回

★なm2F[か]m2G[な]hiA#裏[か]hiA[そん]F地[な]に(1番Aメロ)
 
※中村さんが担当されています


【補足】mid2FhiAの注意点

★君だけが歩ける砂利m2G[道]m2F[の]先で(サビ)

★この先も凸凹とm2D[あ]m2F[る]だろう(Bメロ)
m2G[サ]m2F[ンキュー]×3 G[か]F[み]F[ま]

☆青空の映る水たm2G[まり]m2F[を]越えて(2回目のサビ)

hiA[安]m2G[心]m2F[して]F[ってこい]よ(ラストサビ)


※2回目のサビ終了後[2:47頃]のフェイクの最高音がhiC
☆の部分は中村倫也さん単独の地声最高音です。


 まず、『サンキュー神様』についてです。この楽曲は、2020年に俳優の菅田将暉さんと中村倫也(なかむらともや)さんにより配信限定でリリースされました。菅田さんについてはこれまで、当ブログでは何度も取り上げてきました。一方、中村倫也さんは2020年現在、目立った歌手活動自体は行っていませんが、実写版の『アラジン』の吹き替えを行った際に、『ホール・ニュー・ワールド』の歌声が評価される等、歌声の良さに注目が集まっております。同曲はMVが公開され、2020年9月現在、400万回近い再生回数を記録しています。
 
 『サンキュー神様』はアコースティックギター等を基調としたミディアムテンポのバンドナンバーです。冒頭サビの後にに登場するエレキギターのフレーズは、男性シンガーソングライターの奥田民生さんの楽曲『イージューライダー』のオマージュなのではないかと思います。作詞は菅田さんと中村さん自身の他に、CHI-MEY(チーミー)さんでなされ、作曲はCHI-MEYさんが行っております。CHI-MEYさんは、嵐の『Monster』の作曲でも知られております。

 『サンキュー神様』の音域的な特徴についてです。楽曲の前半は、大体、mid2G辺りまで地声でスムーズに発声できれば、歌いこなせやすいです。ただ、楽曲の後半は菅田将暉さんを中心にhiA#など高めの音階が登場するようになります。一般的な男性は少しキーを下げた方が歌いやすいです。




 さて、『サンキュー神様』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてですが、Aメロとラストサビ等で登場します。まず、Aメロの部分のhiA#は裏声でも良いかもしれません。中村倫也さんは裏声で歌唱しています。
 一方、楽曲の後半で登場するhiA#は力強く発声されております。一般的には高い音階でありますので、男性の方はキーを下げた方が歌いやすいと思います。
 原曲と同様に2人で歌唱する場合は、それぞれの負担が減りますので、頑張ってhiA#部分にチャレンジしてみるのも良いと思います。1人がhiA#を歌唱できるのであれば、もう1人はmid2Gくらいまで歌いこなせればよいです。

 『サンキュー神様』は音域自体は低音部分に少し余裕がありますので、ある程度のキー調整は可能です。歌い慣れた人であれば、歌いやすいキーが見つかると思います。当然ですが、1人よりも2人で歌唱した方が、余裕を持って歌いこなせます。

 一方で、歌い慣れていない人向けの調整は少し難しいのではないかと思います。練習曲としては他に向いている曲がありますので、他の易しめの曲と並行して練習すると良いです。難曲というわけではないですが、手軽に歌える楽曲とも言い難いです。

 ちなみに、女性が歌唱する場合は、一般的には原曲キーから1~2つ程度上げた方が歌いやすいです。ただ、菅田さんが声を張って歌唱する後半部分は、女性の場合は、声のニュアンスが少し掴みづらいかもしれません。その辺りは原曲の表現は気にせず、自分の歌いやすい歌い方でよいと思います。