こんにちは。今回はEveさんの『あの娘シークレット』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『あの娘シークレット』(Eve)、Ano Ko Secret
『あの娘シークレット』(Eve)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★これは偶然なんm1D[かじゃ]ない(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで多く登場

☆届いhiB[てくれ]よっm2F#[て]ぇ【サビ】
★何m2G#[やったっ]て ダhiB[メ]hiA[なん]G#[だっ]
★泡にhiB[なって]m2F#[じ]m2G#[け][るの]

※☆の部分は体感的に裏声でも良いと思います。

【裏声最高音】hiB(B4) ※Bメロとサビ

★帰りhiB裏[道]hiA[の]途中で 君と出m2F#[会っ]てしまった(Bメロ)
m2F#[な]m2G#[に][も手]につかhiB裏[なく]なって[し]G#[まう](サビ)


【補足】mid2F#hiAの注意点

★思m2E[い]m2F#[出し]E[たっ][出し][たっ]E[きっ]F#[と]【Aメロ】 
★僕のm2E[事]なんてE[どこ]にもないよ
★この心臓がm2F#[も]F#[も]m2G[た]F#[な]いよ

★わかm2F#[ら]m2G#[な][いな]いないや 心[がステップ]して【サビ】
☆味方しm2G#[て] hiA[イ]G#[エイ]
★柄にもないことm2G[言う]m2F#[な]
 
☆の部分の【イエイ】は歌詞表記は無いです。


 まず、『あの娘シークレット』についてです。この楽曲は、2017年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされました。アルバム『文化』に収録されております。アルバムの発売に先立ちシングル曲としても配信され、MVも制作されております。公開されたMVは、2020年9月現在、3400万回以上の再生回数を記録しています。Eveさんの作品でも人気の高い楽曲の1つであります。

 さて、『あの娘シークレット』についてですが、10代の恋を思わせる爽やかなバンドナンバーです。作詞作曲はEveさん、アレンジはNumaさんによりなされています。

 歌メロの音域についてです。Eveさんの楽曲については、low音階からhi音階まで使った広い音域が特徴的でした。しかし、この『あの娘シークレット』については、低音部分がmid1Dと比較的高めであります。よって、キーの調整なども行いやすいです。
 Eveさんの作品については、当ブログには他にもいくつかリクエストを頂いております。その中で、今回この『あの娘シークレット』を取り上げたのは、音域面での手をの付けやすさがあります。「Eveさんの曲は音域が広すぎて、手が出せない」という人には、この楽曲を試してみて欲しいと思い、今回取り上げました。



 さて、『あの娘シークレット』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiBについてはサビで登場します。各サビで3回ずつですので、曲全体で地声hiBが10回前後登場します。一般的な男性の音域と比べると高めの印象です。
 一般的な男性の場合は、キーを少し下げて歌唱した方がよいです。原曲キーから3つほど下げてみてください。

 『あの娘シークレット』は音域自体は広めですが、最低音がmid1Dなので、Eveさんの作品としては低音部分に余裕があります。よって、キーの調整は可能です。歌い慣れた人であれば、歌いやすいレンジが見つかる可能性が高いです。
 一方で、歌い慣れていない人向けの調整はやはり難しいです。Eveさんの作品は初心者向けのものが少ないですので、RADWIMPSやBUMP OF CHICKENなどの作品から歌い易いものを探すと良いと思います。とりわけRADWIMPSは歌メロの音域が広くないものが見つかりやすいです。

 『あの娘シークレット』は音域自体は広くないのですが、その分、楽曲全体が高めであり、持久力が求められます。その点は留意しておいてください。音域が高い分、カラオケなどでも向きやすいです。