こんにちは。今回は菅田将暉×石崎ひゅーいの『糸』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。当ブログでは、以前にオリジナルである中島みゆさん自身の『糸』(過去記事)をアップロードしています。よって、カバーの経緯と音域の簡単な説明にとどめます。


『糸』(菅田将暉×石崎ひゅーい)
『糸』(菅田将暉×石崎ひゅーい)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★なぜ めぐり逢m1F[う]m1D#[の]かを (Aメロ)
★たm1D#[て]の糸はあなた 横のm2F[糸]m2D#[は]私(サビ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※曲全体で5回

★どこにいm2G#[た]m2G[の](Bメロ) 
★いつか誰かm2G#[を] 暖めm2D#[う]るかもしれない(サビ)


【補足】mid2D#~mid2Fの注意点

★わたm2D#[し]m2F[た]ちは D#[な]にも知らない(Aメロ)

m2F[生]m2D#[き]てきF[た]D#[の] (Bメロ)
★遠い空の下m2D#[ぁ] ふたつのD#[も]m2F[の]D#[が]たり


 まず、菅田将暉×石崎ひゅーいの『糸』についてです。この楽曲は、2020年に公開された映画『糸』のエンディングテーマ曲となっております。同映画は、中島みゆきさんの人気曲である『糸』から着想を得て制作された映画であります。菅田さんは主演として、この映画『糸』に出演しています。また、この菅田さんと石崎ひゅーいさんの『糸』はトヨタホームのCM曲としてタイアップも付いております。
 



 さて、『糸』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくはやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#についてですが、Bメロとサビで登場します。この辺りの音階は一般的な音域の範囲内、もしくはやや高いです。
 一般的な男性の場合、原曲キーから1~2つ程度下げると歌いやすいです。私なりの考えですが、歌謡曲は自分が発声できる音域よりも少し余裕を持って発声した方がよいイメージです。人によっては3つ以上下げても良いと思います。

 ちなみに、この『糸』の知名度が広く知られるきっかけとなったMr.Childrenの桜井和寿さんと、小林武史さんのユニットであるBank Bandのバージョンではmid1D~mid2Gで歌われております。菅田×石崎バージョンよりもキーが1つ低いです。

 『糸』は音域自体はそこまで広くありませんので、キー調整の融通は利きやすいです。『糸』のみならず、大体1990年以前の楽曲の多くは、今と比べて音域が狭く、手を付けやすいものが多いです。カラオケ等に苦手意識がある方などは、1990年以前の楽曲を探してみてよいと思います。