カテゴリー

『sister』( Eve )の音域 [2016年の作品]

こんにちは。今回はEveさんの『sister』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。『sister』はEveさんの作品群でもインディーズ時代のものですが、その分、今とは若干違う特徴も有しております。そうして点で、見どころの多い調査ではないかと思います。


『sister』(Eve)
『sister』(Eve)の音域






【地声最低音】mid1B(B2) ※Aメロで登場

m1D[お]もい焦がれた あの子 D[ゆ]びさした[ど]の子【Aメロ】
m1B[い]っしょにBm1C#[し]な]C#B[で[よね]


【地声最高音】mid2G(G4)  ※全体で12回程度

★おm2F#m2G[もい出したっ[て]なん]だって【サビ】
★君の事ばm2E[か]m2F#m2G[かん[が]え][は]


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★悪いm2F#[のは全]hiB裏hiA[僕]なん][だ]【サビ】


【補足】mid2E(一部略)mid2F#を含むフレーズ一覧

★なんm2F#[だ]ってさ 知ってんだよm2EF#[あ[な]【Bメロ】
★だけどずっと寂しそうな顔しm2E[て]る 理由がわからなEm2F#[い[ん]だ 
★思い出はココにm2F#[しま]いこm2D#[ん]で さよならも告げずにどこ2D#[か]【Dメロ】

 まず、『sister』(シスター)についてです。この楽曲は、2016年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『OFFICIAL NUMBER』(オフィシャル ナンバー)に収められております。同アルバムにはEveさんとしては初の全国流通盤のアルバムであり、ナユタン星人氏書き下ろしの『惑星ループ』、『デーモンダンストーキョー』といった人気作品が収められております。この頃のEveさんは、自身による作詞作曲だけでなく、ボカロPなどがも楽曲提供を受けておりました。現在、二人三脚で楽曲制作に携わっているアレンジャーのNumaさんは、『OFFICIAL NUMBER』では共同で2曲に携わっております。

 『sister』はアップテンポのバンド曲です。作詞作曲はEveさん自身、編曲はサイダーガールのギタリストであるボカロPのラムネPが担当されております。『sister』は2018年にミュージックビデオが制作され、2022年7月現在、1100万回もの再生回数を記録しております。


 『sister』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な男性の音域の範囲内、もしくは若干高めのレンジで歌メロが作られております。キーが高いと感じたときは少しキーを下げても良いと思います。また、低音域についても、Eveさんの作品らしく男声としてはかなり低いレンジが登場します。
 一方で、Eveさんのメジャー以降の人気曲と比べると、最高音が低いですので、その分少し取っつきやすいのではないかと思います。hiA,hiBといった高音域が苦手な方などにはおススメしやすいといえます。



 最後に『sister』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくはやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1BについてはAメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内ですが、かなり低く、低音域が苦手な方などは歌いにくそうです。また、女性にとっては相当に低いレンジであります女性や高音域が非常に得意な男性などはキーを上げても良いと思います。

 一方、地声最高音mid2Gはサビを中心に登場します。登場回数は12回程度です。この辺りは男性の音域の範囲内ですが、登場回数も多いです。原曲キーでも合う人も多いかもしれませんが、場合によってはキーを下げることも選択肢だと思います。一つの目安ですが、原曲キーから1~2つ程度下げてみて下さい。


 『sister』は低音域に少しだけ余地があり、キー下げは可能です。ただ、最低音mid1Bはかなり低い方ですので、大きなキー下げには向きにくいです。その点は留意しておいてください。人によってはキーを下げても難しく感じられるかもしれません。また、個人的にはビギナーには向きにくそうな作品だと分析しました。

 『sister』を原曲キーで歌唱する場合、高音域についてはmid2E~mid2Gあたりがしっかり歌いこなせる力が求められます。また、低音域の歌唱表現も必須です。そのため、原キーだと「標準的な男性~ある程度高音域が得意な男性」などが合いやすそうです。高音域が非常に得意な男性の場合、反って歌いにくいかもしれません。


 『sister』はアップテンポのバンド曲であり、カラオケなどでも挑戦しやすそうです。また、『ドラマツルギー』(過去記事)『廻廻奇譚』(過去記事)といったEveさんの人気曲と比べると、取っつきやすい難易度と言えます。興味を持たれた方はチャレンジしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 優雅 より:

    お疲れ様です。Eveさんの楽曲の中ではかなり歌いやすいですね!
    以前リクエストしたUVERworldの「ODD FUTURE」の最高音が何回出てくるか記事にする時に表記してくださると嬉しいです。
    よろしくお願いします

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      この曲リクエストからかなり時間が経ってたのですが
      もう少し早く取り上げても良かったかもしれません。
      ウーバーの件了解です。

  2. こまいきー より:

    いつも拝見し、参考にさせていただいてます。
    関ジャニ♾の喝采をリクエストしたいです。
    もしよし良ければよろしくお願いします。

    • もりっしー より:

      リクエストありがとうございます。
      新曲ですね。リストアップしておきます。