こんにちは。今回はLiSAさんの『炎』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

』(LiSA)、Homura(LiSA)
『炎』(LiSA)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Bメロで1回ずつ

m1F#[ぼ]くらの明日を描いていた

※ここを除くと、m2Aが頻出。キー調整の際は、m2Aを低音の基準にすると良い。


【地声最高音】hiE(E5)  ※曲全体で1回

hiE[未]hiD#[来]hiB[の]B[め]に(ラストサビ)

※ラストのサビで1回。通常のサビでは裏声です


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

hiE[未]hiD#[来]hiB[の]B[め]に(サビ)
★僕hiB[は君をお]hiC[も]hiC#[う]hiD#[だ]hiE裏[ろう]

※ラストのサビでは☆の部分は地声になります。


【補足】hiBhiC#の注意点

★ 温hiA[もりと]hiB裏[い]A[た]みに間に合うように(Aメロ)

★手をhiB[取り そして]hiC#[は]B[なし]た(サビ) 
hiC#[つ]hiB[よ]くなB[り]たいと願い泣いた

★僕は守り抜くとちhIC#[かっ]hiA#[た]んだ(2番Bメロ)

※2番サビの歌詞の無い部分【ウォウオー…】はhiCが一番高いです。


 まず、『炎』(ほむら)についてです。この楽曲は、2020年に女性歌手のLiSAさんによりリリースされたシングル作品です。新曲ということで、アルバムなどには未収録です。配信リリースとともにフィジカルでのリリースもなされました。
 『炎』はアニメ『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のために制作された楽曲であります。LiSAさんは2019年にアニメ『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』(過去記事)を担当し、昨年記録的なヒットとなりました。

 『炎』はゆったりとしたテンポのバンド曲であり、作曲編曲を梶浦由記さんが担当しております。梶浦由記さんはアニメやゲームなどでも多くの主題歌や劇中音楽を担当しており、『鬼滅の刃』でも劇中音楽を担当しております。LiSAさんの作品では、『from the edge』を担当し、同アニメのエンディングテーマとなりました。

 『炎』は転調サビで転調がなされるなど、凝った作りになっております。歌い慣れていないとリズムや音程が取りにくいかもしれません。ゆったりとしたテンポの楽曲ではありますが、歌い手の歌唱力が試されます。音域自体も広めであります。



 さて、『炎』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声・裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについては、ラストのサビで1回だけ登場します。通常のサビでは同じフレーズを裏声で歌唱されております。
 この辺りは、女性の音域としては高いですが、回数が少ないので、余裕のある方は頑張ってみても良いです。高音域が苦手な方は通常のサビ同様に裏声でも良いのではないかと思います(ニュアンスは変化します)。
 hiEは一般的の女性にとっては高い音階ですので、一般的にはキーを少し下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。
 
 『炎』は地声最低音mid1F#が登場するフレーズは少なく、落としても目立ちにくいです。よって、キーを下げる余地も少しあります。歌い慣れた人であれば、歌いやすいレンジが見つかりやすいと思います(低音部分が少ししんどくなるかもしれませんが)。
 一方で、『炎』は音域自体はやはり広めであり、キーを調整したとしても、声域の狭い人や歌い慣れていない人には取っ付きにくい部分が出てきます。その点では、やはり歌が得意な人向けの作品であるといえます。また、転調が要所要所で行われるため、音程が取り辛い場面もあります。
 
 『炎』はやや難しめの作品でありますが、人気アニメの主題歌ということもあり、話題性もあります。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。