こんにちは。今回はUVERworldの『Fight For Liberty』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Fight For Liberty』(UVERworld)

『Fight For Liberty』(UVERworld)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  

m1D#[you ]get down D#[我]武者羅に追う姿が無様で
m2G[but] m2F[kick] out さめざめと「m1D#[サ]ムイ」と吐いたが


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで多く登場します

★永いあいm2G#[だ] あhiA#[め]hiB[に打]hiC#[たれ]過ぎた(サビ)
hiB[じゅ]hiA#[ん]m2G#[ぼく]な夢とそhiC#[の]理想A#[が]G#[ぁ]
★チャンスhiB[が]hiC#[無]hiA#[い]m2G#[のなら]G[ぁ]

★傷hiA#[つけ]G#[き]ずつ[け][れた]hiB[とし]hiC#[て]A#[も]G#[ぉ]ぉ(ラストサビ)


【補足】mid2G(一部略)hiCの注意箇所

m2G[Just] m2F[WAR]  G[Fight] F[for]…liberty
m2G[本]m2F[当は]全てがうらやましかった
★誰の目にhiA#[も見]えない 生きるという全てのanswer

hiA#[僕]hiB[を]A#[う]m2G#[ら]ぎるカルマ(サビ)
hiA#[か]m2G#[な]えたいことと
★重hiA#[なって見え]hiB[る]A#[けど]G#[ぉ]
★人A#[生が二度あるならこ]G#[んな険しい道は選ば][ない]hiB[だ]A#[ろう]
hiA#[な]m2G#[に]もかもあきA#[らめ]G#[て]ぇ
★生きm2G#[て いくつ]hiB[も]hiA#[り]は無い
★うhiB[し]hiA#[ろ]m2G#[に]明日はA#[無]G#[い]

★ね,m2G[がう] a-hiC[-gain] そG[の]度(ラストサビ前)
★今しhiB[か]hiA#[出]G#[ない こ]とも確B-A#[か][に][あっ][た] 
★戦う時はいつhiA#[だっ]m2G#[て] 一人G#[だぞ]
★でもひhiB[とり]hiA#[じゃ]ないこm2G#[とも]ぉわかるだろ?


 まず、『Fight For Liberty』についてです。この楽曲は、2013年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。当ブログでも以前取り上げた『Wizard CLUB』との両A面シングルです。アルバム『0̸ CHOIR』(ゼロクワイア)はじめ、ベストアルバムにも収録されています。

 『Fight For Liberty』はアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』のために書き下ろされました。サビメロを何パターンも用意し、歌詞を何度も書き直すなど非常に難産だったそうです。そうしたこともあってか、サビメロは非常に長めになっております。こうした点はカラオケなどで歌う人にとっては大変な部分かもしれません。
 
 『Fight For Liberty』の音域的な特徴についてです。上述のように、サビではhiC#が最高音であり、hiBなども頻出します。サビメロが長めでありますので、非常にしんどいです。高音域が安定的に歌いこなせるだけでなく、持久力も要求されます。低音部分に少し余裕がありますので、キーの調整は可能ですが、それを考慮しても歌い慣れていない人向けの作品ではありません。



 さて、『Fight For Liberty』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで複数回登場します。また、上述のように、hiBも非常に多く登場します。こうした音階は一般的な男性の音域よりもかなり高いです。また、『Fight For Liberty』はサビが長めであり、終盤にかけても畳みかけるように高音域のメロディーが登場します。高音域を歌いこなせるだけでなく、最後まで歌いこなす持久力が要求されます。
 よって、一般的な男性の場合は、キーを下げるのが妥当なのではないかと思います。低音部分が安定的に歌える人であれば、原曲キーから5つほど下げても良いかもしれません。その点は各々微調整してください。

 『Fight For Liberty』は音域が広めでありますが、低音部分に余裕があるので、キーの調整は可能です。歌い慣れた人であれば、自分の歌いやすいキーの合わせて、歌唱することもできるのではないかと思います。原曲キーで歌唱する場合は、やはり歌う人を選ぶのではないかと思います。難易度が高いです。
 歌い慣れていない人にとっては非常に大変だと思います。別の曲で歌い慣れた上で、改めてこの作品にチャレンジした方がよいのではないかと私は考えております。
 
 『Fight For Liberty』は難易度が高い作品ですが、サビも長く、楽曲のメリハリも効いており、盛り上がりの部分も多いです。歌いこなせると非常にカッコイイのではないかと思います。