こんにちは。今回はflumpoolの『証』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『証』(flumpool)、Akashi
『証』(flumpool)









【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※Aメロで1回

★上手く歩けm1B[ない] 遠ざかる君B[に](Aメロ)
★君は君のm1B[ゆ]m1A#[めを]B[ぉ]


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビ[転調+1]で2回

★溢れだすなm2G[みだ] hiA[ぬ]m2F[ぐう]頃(ラストサビ)

※通常サビではmid2G#が最高音


【裏声最高音】hiC(C5) ※ラストのサビで2回

★笑hiB裏[い合]hiC[え]m2E[た]こと(ラストサビ)
★絆m2E[をむ]hiA裏[ねに]hiB裏[秘め]hiC[ぇ]

※通常のサビではhiBが最高音


【補足】mid2Emid2Gの注意点

★歩みだす勇m2E[気]抱いて(Bメロ)

★君m2F[はもう]m2G[見]えない【ラストサビ[転調+1]】
★想うm2E[言]葉は“ありE[が]ぁとう”
★ぼm2E[く]m2F[も]E[あ]F[る]き出す



 まず、『証』(あかし)についてです。この楽曲は、2011年にロックバンドflumpool(フランプール)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『experience』をはじめ、ベストアルバムに収録されております。
 『証』は第78回NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲として制作された作品であります。NHK主催の合唱コンクールでは、2000年代後半頃から、ポップスのミュージシャンに作曲を依頼することが恒例となっておりアンジェラ・アキさんの『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』いきものがかりの『YELL』などが人気が高い印象です。『証』についても、公開されたMVが1600万回を超えており、人気の高さがうかがえます。

 さて、『証』についてですが、ピアノやストリングスなどが用いられたバラードソングです。歌メロについては、AメロBメロサビといった馴染みやすい形で作られており、ラストのサビで転調してキーが1つ上がります。
 音域的な特徴については、音域自体が広めであり、高音域はやや高めであります。NHKの合唱コンクール課題曲ということですが、オリジナル曲についてはキー調整などはしにくいと思います。難しい曲ではないですが、ビギナー向けとしては使いにくい印象です。



 さて、『証』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで2回だけ登場します。同曲はラストのサビで転調します。よって、通常のサビではmid2G#が最高音になります。
 この辺りは、一般的な男性の音域よりも少しだけ高いです。場合によってはキーを少し下げて歌唱してください。目安としては、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います(歌い慣れた人の場合)。

 『証』は音域自体が広めであり、キーの調整はしにくいです。歌い慣れた人向けの調整は何とか可能ですが、ビギナー向けの調整は難しいと私は分析しております。歌い慣れていない人などは別の曲と並行して練習してください。

 『証』は歌メロやリズムなどはそこまで難しいものではなく、歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです。Mr.Childrenやback number、スキマスイッチなどが歌える人であれば、原曲キーでもチャレンジしやすいと思います。