こんにちは。今回はTM NETWORKの『Get Wild』(1987)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『Get Wild』(TM NETWORK)
『Get Wild』(TM NETWORK)









【地声最低音】mid2A(A3)  ※AメロとBメロ

★アスファルト タイm2E[ヤ]を切りm2A[つ]けな[がら](Aメロ)

※【補足】も参照

【地声最高音】mid2G(G4)  ※ラストのサビ[転調+1]で1回のみ

★ 傷ついたm2F[ゆ]m2G[め]F{を]F[り]もどすよ

※通常サビではmid2F#が最高音になります。


【補足】mid2D#mid2F#辺りの注意点

m2E[It's your] m2F#[pain] or E[my] F#[pain](Bメロ)
★何も こm2E[わ]くはm2A[な]

m2D#[Get wild] and tough D#[ひ]とりでは(通常サビ)
★解けm2D#[ないあ]m2E[い]D#[の]パズD#[ルを]抱いて

m2E[Get wild] and tough E[ひ]とりでは(ラストの転調[+1]サビ)
★ 解けm2E[ないあ]m2F[[い]E[の]パズE[ルを]抱いて


 まず、TM NETWORK(ティーエムネットワーク)について少し説明します。TM NETWORKは1983年に小室哲哉さんらによって結成された3人組の音楽ユニットです。3人は、元々SPEEDWAY(スピードウェイ)というロックバンドで活動し、メジャーデビューもしていましたが、新たな方向性を模索する形で、TM NETWORKが結成されました。ジャンルとしては、エレクトロニカ、シンセポップ、テクノ、ユーロビートなどに属します。
 TM NETWORKの音楽は、その後の日本のポップスシーンに多大なる影響を与えていきます。とりわけ、ユニットのリーダーであった小室哲哉さんは1990年代にプロデューサーとして、数々のヒット曲を世に送り出していき、デジタルポップシーンだけでなく、アニソン、後世のロックバンドなどにも大きな影響を与えました。CDの総売上枚数は1600万枚を超えております。

__

 さて、『Get Wild』についてです。この楽曲は、1987年にリリースされたTM NETWORK10枚目のシングル作品です。TM NETWORKの代表的な作品の1つとして挙げられることが多いです。
 同曲は、テレビアニメ『シティーハンター』のエンディングテーマとなったことから、知名度が大きく上昇しました。また、アニソンとしても非常に人気の高い作品であり、80年代の作品でありながら、いまだに語られ続ける名曲でもあります。元々、同アニメのED曲としてオファーがあったらしく、イントロなどは『シティーハンター』を強く意識して作られております。

 『Get Wild』は疾走感のあるシンセポップです。図にも示すように、歌メロの音域自体は非常に狭いです。地声最高音自体はそこまで高くないのですが、逆に地声最低音がmid2Aと男性曲としては高いです。手を付けやすい作品だと私は分析しておりますが、同時に意外と持久力が要求されるという側面も持ち合わせております。また、ラストのサビ以外でも転調がされているので、しっかりとした音感が求められます。
 



 さて、『Get Wild』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gについては、ラストのサビで1回だけ登場します。それ以外ではmid2F#がBメロと通常のサビで登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内であります。ただ、図にも示すように、音域自体が広くないですので、中高音域が連続して登場する形になります。人によっては、少しキーを下げて歌唱した方が余裕が持てるかもしれません。

 先にも述べましたが、『Get Wild』は音域自体はかなり狭いです。しかし、男性の音域の範囲内でも高めの音が続きます。よって、原曲キーの場合は、意外と持久力が要求される作品であります。ただ、音域が狭い分、キー調整などの融通は非常に利きやすいです。

 『Get Wild』は一部音程が取り辛い場面などもありますが、カラオケの練習曲としては使いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。