こんにちは。今回はMr.Childrenの『Birthday』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、公式で動画がフル公開されておりません。その点については、ご了承ください。


『Birthday』(Mr.Children)
『Birthday』(Mr.Children)









【地声最低音】lowG#(G2)  

m1B[し]ばらくして 気付いたんだ 本物だって【Aメロ】
☆「否定しか出来ないなんて子供だしね」lowG#[って]【2番Aメロ】

※lowG#の部分は、低音が苦手な方は無理しなくてもよい


【地声最高音】hiA(A4)  

★心のm2F#[火]m2G#[そっ]F#[と]hiA[震]G#[わせ]【サビ】

※各サビ1回ずつ、曲全体で3回


【補足】mid2F#mid2G#を含むフレーズ一覧

★It’s m2E[my] birth[day] E[え] [い]【サビ】
★(ひとつひとつ)増m2E[やし]E[が]m2F#[ら] 
★そう m2G#[いつだって] It’s G#[my birthday]

★讃えなm2F#[が]m2G#[今日]F#[を]祝いたい【ラストサビ】


 まず、『Birthday』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。『君と重ねたモノローグ』との両A面シングルであり、アルバム『SOUNDTRACKS』に収録されております。
 同曲は、映画『ドラえもん のび太の新恐竜』のために書き下ろされました。コロナ禍の中で公開が延期されましたが、映画を見られた方には強く印象に残った楽曲であると思います。

 『Birthday』はストリングスと優しいサウンドが印象的なバンドナンバーです。同曲をはじめアルバム『SOUNDTRACKS』は、スティーヴ・フィッツモーリスさん、サイモン・ヘイルさんが編曲に携わっております。両氏は日本では宇多田ヒカルさんの『Fantome』などにも携わってろいます。
 歌メロの音域については、Mr.Childrenとして標準的なレンジであり、一般的な男性の音域よりもやや高めです。
 


 さて、『Birthday』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G2)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。 一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは各サビで1回ずつ登場します。登場回数としてはそこまで多くないですが、mid2G#とコンボになっております。また、同曲ではmid2G#も多く登場します。これらは一般的な男性の音域よりも高めですので、少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。目安として、原曲キーよりも2つ程度下げてみてください。

 『Birthday』は音域自体が広めであります。キー調整は可能ですが、ある程度歌い慣れた人向けになるのではないかと思います。その点でビギナーにはややハードルが高いかもしれません。一方で、「低音部が多いAメロBメロ」と「高音域のサビ」など、場面ごとにメリハリが付いておりますので、歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです(キー調整込みで)。ただ、リズムなどが少し取りにくいので、その点はハードルになります。

 『Birthday』は原曲キーの場合はhiA、mid2G#辺りがしっかり歌えるかが試されます。この辺りが歌いこなせると、カラオケなどでは選曲の幅が広がります。