スポンサーリンク
カテゴリー

『Swan』([ALEXANDROS])の音域

こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『Swan』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Swan』([ALEXANDROS])
『Swan』([ALEXANDROS])









【地声最低音】mid1C(C3) 

m1C[い]だいてた疑問符が 耳元近くであざm1C[わ]らう【Aメロ】


【地声最高音】hiC(C5)  

★愛をhiA[歌]m2G[う]hiC[そ]A[ぶ]G[り]みせられながら【サビ】
★明hiA-m2G[け透け][そ]らえ[がき]hiC[たく]A[て]【Cメロ】

※曲全体で16回登場します。


【裏声最高音】hiC(C5) 

★愛をhiA[歌]m2G[う]hiC裏[そ]A[ぶ]G[り]みせられながら【冒頭サビ】
hiA[and] hiA#[I’m] hiC裏[fa]lling…【Cメロ】


【補足】mid2GhiA#を含むフレーズ一覧

★溢m2G[れ]た言G[葉]hiA[な]hiA#地[が]A[め]【サビ】
hiA[また]m2G[会]えるの?
★音もなく、音もなく、 足m2F[バ]タつF[か]m2G[せ]【Bメロ】


 まず、『Swan』(スワン)についてです。この楽曲は2016年に4人組ロックバンド[ALEXANDROS]によりリリースされたシングル作品です。アルバム『EXIST!』に収録されております。同曲は、ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』の主題歌として書き下ろされました。

 『Swan』はアップテンポのバンド曲です。イントロからサビが入り、その後AメロBメロサビと繋がっていきます。モノクロのMVが印象的であります。アップテンポのロック曲ですが、静と動のメリハリが効いた曲だと私は感じました。
 歌メロの音域は広めであり、高音は高いです。一般的な男性はキーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。



 さて、『Swan』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはサビやCメロで登場します。登場回数は曲全体で16回になり、かなり多いです。原曲キーで歌唱する場合は、このhiCをしっかり歌いこなすことがカギとなります。この辺りは一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げた方が歌いやすいです。

 『Swan』は音域自体が広めであります。低音部分に余裕があり、少しであればキー調整は可能ですが、それを考慮しても歌い慣れた人向けの楽曲です。

 ドロスの楽曲の多くに言えますが、大体どの曲も地声hiC以上の高音域が要求されることが多いです(地声最高音がhiB位の曲もあります)。音域も広めですので、キー調整もしにくいものが多いです。ビギナーには手を付けづらいかもしれません。歌い慣れた高音域が得意な人にとっては、力試しになるようなアーティストだと私は分析しております。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    ドロスはリクエストが沢山来てそうですね、この曲もよく歌いますがhiCがそんなに出てるとは気付かなかったです、結構しんどいですね

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    コメントありがとうございます。
    そうですね。この曲結構キツいですね。
    ドロスはぴたっくまさんのリクエスト曲含めて
    あと、3曲来てます。
    多分、ぴたっくまさんのやつは次くらいになります。

  3. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    コメントありがとうございます。リクエスト遅くなって申し訳ありません。
    仰る通り、「最高音以外で、ここも高いところあるよなぁ」というのが
    知りたくて、自分もブログを書いてます。
    お役に立てて光栄です。
    この曲は、ホントにhiCの登場回数が多いですね。
    ただ、歌詞に英語が含まれてないので
    その点でもチャンスかもしれません。
    ムーンソングとかの英語詞で私はいつも躓きますw