スポンサーリンク
カテゴリー

『天ノ弱』(164 feat.GUMI)の音域

こんにちは。今回は164 feat.GUMIの『天ノ弱』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『天ノ弱』(164 feat.GUMI)
『天ノ弱』(164 feat.GUMI)









【地声最低音】mid2A(A3) 

m2A[ぼ]くの頭ん中はもうhiA-hiA#[グ][ル][ル]さ]【1番Bメロ】
★僕にはm2A[ま]だわかhiA[ら]【2番Bメロ】


【地声最高音】hiG(G5)  

hiG[き]hiF[み]hiD#[に]hiD[わ]D#[た]【ラストサビ[転調+1]】

※曲全体で1~2回

【裏声最高音】hiG#(G#5) 

★こhiD-hiD#[ぼ[れ]そうD#[な]hiG#裏[ほ]hiG[ど]【ラストサビ[転調+1]】
★宛hiD-hiD#[て[があ][わ]hiG#裏[け]hiG[ない]hiF[だ]D#[ろ] 


【補足】hiDhiF辺りを含むフレーズ一覧

hiA[僕]がずっと前から思ってる事を話そうか【Aメロ】
★捨てるhiC#[宛]hiB[て]hiA#[も]ないんだ【2番Bメロ】

★こhiD[の]hiD#[両]D[手]D#[か]【ラストサビ[転調+1]】
★ あhiD[い]hiD#[を]D#-hiF[[に][ず]ろう]
hiD#[ま]hiF[待]hiD[つ]D#[よ] [もう]F[いい][かい]



 まず、『天ノ弱』(あまのじゃく)についてです。この楽曲は、2011年にボカロPの164さんによりリリースされました。使用ボカロはGUMIです。164さんの代表的なボカロ作品の1つであり、ニコニコ動画でもミリオン再生を記録しました。2011年の作品ですが、最近のボカロカラオケランキングでも上位に位置するなど、長らく愛され続ける作品といえます。

 ちなみに、ボカロPの164さんは2008年よりボカロ曲の投稿を開始しました。好きなジャンルはエモやハードコアとのことです。『天ノ弱』以外では、40mpさんとの共同名義である『タイムマシン』などが大きなヒットを記録してます。

 『天ノ弱』はアップテンポのメロコア作品です。AメロBメロサビといった形で作られており、ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどでは馴染みやすい形かもしれません。私なりの経験ですが、Bメロ辺りは慣れないとなかなかリズムが取り辛いと思います。

 音域については、女声曲としては極めて高いですので、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいです。また、男性の場合は、オク下げで歌唱してもよいと思います。声優の小野賢章さんが、オク下げでのカバーを行っておりますので、男性の方は参考にされると良いと思います。






 さて、『天ノ弱』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiG(G5)、【裏声最高音】hiG#(G#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも極めて高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiGはラストのサビで登場します。通常のサビではhiF#が最高音となります。この辺りは、ほとんどの女性のとってはあまり現実的ではないと思います。一般的にはキーを下げるなどして、歌唱した方が歌いやすいです。また、hiF,hiGなどにあたる部分は裏声で歌ってもよいと思います。

 『天ノ弱』は音域自体がかなり広めであります。低音部分に少し余裕があり、キー調整は可能ではありますが、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲になるのではないかと思います。キーを調整するにしても中~上級者向けの作品になるのではないかと思います。

 ちなみに、男性が歌唱する場合は、オク下げでもよいと思います。高音が得意な人などはオク下げ+3などしてもよいです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミセス より:

    今日配信がスタートした、大森元貴のデビュー曲Frenchの音域調査をお願いしたいです。

    あと、もうラインで通知をもらうことは不可能ですかね?

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。

      以前は、ライブドアブログでしたのでLINEとの連携がしやすかったのですが
      今は少し難しいかもしれません。また、調べてみます。

      一応、Twitterアカウントがありますので
      もし登録しているならば、ご参考くださいませ。
      https://twitter.com/vocal_range

      リクエストありがとうございます。同曲はリストアップしておきます。