スポンサーリンク
カテゴリー

『勝手にしやがれ(featuring 稲葉浩志)』(TAK MATSUMOTO)の音域

こんにちは。今回はTAK MATSUMOTOさんの『勝手にしやがれ(featuring 稲葉浩志)』(2003)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 同曲は、沢田研二さんの『勝手にしやがれ』のカバーになります。沢田研二さんのキー[mid1C~mid2G]よりも3つ高いキーで歌われております


『勝手にしやがれ(featuring 稲葉浩志)』(TAK MATSUMOTO)
『勝手にしやがれ(featuring 稲葉浩志)』(TAK MATSUMOTO)









【地声最低音】mid1D#(D#3) 

★やっぱりm1D#[おま]えは出てm1F[行くぅ]F[だな]【Aメロ】


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★寝たふりしm2F[て]m2G[る]hiA#[間]m2G#[に]【サビ】 

※曲全体で3回


【補足】mid2Fmid2G#を含むフレーズ一覧

★壁ぎわに寝がm2F[え]m2G[り]F[う]って【Aメロ冒頭】

★行ったきりならm2F[しあわ]m2G[せ]m2G#[に][な][る][が][い][ぃ]【Bメロ】
m2G#[戻る気にな]G[りゃ]m2F[いつでも]おいでよ

★せm2F[め]m2G[て]【サビ】
★少m2F[し]m2G[は]m2G#[カ]G[ッ]F[コ][け]させて[く]G[れ]
m2G[出て]m2F[行っ]てくれ
★アア m2F[アア]m2G[ア][ア][ア] [ア]


 まず、『勝手にしやがれ(featuring 稲葉浩志)』についてです。この楽曲は、2003年にB’zのギタリストである松本孝弘さん(TAK MATSUMOTO)によりリリースされたアルバム『THE HIT PARADE』の中に収録されております。タイトルにあるように、B’zのボーカル稲葉浩志さんがゲスト参加しております。同曲は、ドラマ『あなたの隣に誰かいる』の挿入歌としてタイアップが付きました。
 アルバム『THE HIT PARADE』は1960年代~1980年年代前半の人気歌謡曲をカバーしたアルバムです。以前、当ブログで紹介したZARDの坂井泉水さんをボーカルに迎えた『異邦人』(過去記事)も収録されております。同アルバムは、現在CDのみのリリースであり、配信などは行われていないようです。

 『勝手にしやがれ』のオリジナルは1977年に、男性歌手の沢田研二さんによりリリースされました。『時の過ぎゆくままに』などとともに沢田研二さんを代表する楽曲の1つであります。作詞は阿久悠さん、作曲は大野克夫さん、編曲は船山基紀さんによりなされております。大野克夫さんは、アニメ『名探偵コナン』シリーズの音楽でも知られております。

 


 さて、『勝手にしやがれ(featuring 稲葉浩志)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は各サビで1回ずつ登場します。曲全体で3回程度なので回数としては多くないです。また、同曲は上述のようにmid2G,mid2G#といった少し高めの音階が多く登場します。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも高めです。一般的には、原曲キーから2つ程度下げた方が歌いやすいと思います。

 『勝手にしやがれ』は音域全体でみると、低音域に少し余裕があり、キー調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整は可能だと思いますが、場合によっては低音部分が辛くなるかもしれません。
 ただ、同曲はキー調整をしたとしても、B’zのボーカル稲葉浩志さんのような表現をするのは難しいです。キー調整を加えるとしてもある程度歌い慣れておく必要があります。発声にニュアンスとしては、原曲の沢田研二さんの方が再現しやすいかもしれません。ちなみに、沢田研二さんのバージョンはmid1C~mid2Gで歌唱されております。カバーバージョンが難しいと感じられた方は、原曲の方にあたってみるのもよいと思います。

 『勝手にしやがれ(featuring 稲葉浩志)』は一般的には難しめの曲になりますが、B’zの他の楽曲群と比較すると、キーが低めに設定されております。よって、「ロック色の強いB’zの楽曲を歌いこなしたい」と考えた際に手掛かりになる楽曲かもしれません。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする