スポンサーリンク
カテゴリー

『天使のスーツケース』(SIX LOUNGE)の音域

こんにちは。今回はSIX LOUNGE(シックス・ラウンジ)の『天使のスーツケース』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『天使のスーツケース』(SIX LOUNGE)、Tenshi no Suitscase(SIX LOUNGE)
『天使のスーツケース』(SIX LOUNGE)の音域







【地声最低音】mid1E(E3) 

m1E[も]m1F#[う]E[き]F#[た]くはない【サビ[Bメロ]】


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビで1回

★あなm2G[た]m2F#[の]身体で染[め]G[てよ] hiB[Ah Ah] hiA[Ah] [Ah]【ラストサビ】 


【裏声最高音】hiB(B4) ※1,2番サビ

★あなm2G[た]m2F#[の]身体で染[め]G[てよ] hiB裏[Ah Ah] hiA[Ah] [Ah]【サビ】 


【補足】mid2E(一部略)hiA#を含むフレーズ一覧

★スーツケースにガラクタm2E[ぶ]ち込んで 街を抜け出す【Aメロ】

★きれm2G[い]m2F#{ご]とばかりだF#[か]G[ら] 嘘みたい【サビ】

m2G[あな]m2F#[た]が置F#[い]G[て]った【Cメロ】 
★白い小さなアネモネの花m2F#[に]m2G[は]
★水m2G[を]m2E[あげ]るよ 来G[世]E[も]きっ[と][い][っ]しょ[だ]G[よ]

★真っ赤にしてわm2G[すれない]【ラストサビ】
☆怒りも、涙も、m2G[笑]顔も、hiA#[か]hiA[な]G[し]みも

※カラオケなどでは☆の部分が最高音に設定されているようです。

 まず、SIX LOUNGE(シックス・ラウンジ)について少し説明します。SIX LOUNGEは2012年に結成された3人組ロックバンドです。結成当時は高校生であり、2015年に現在の編成となりました。2018年にメジャーレーベルに所属しました。2021年4月には、3枚目のフルアルバム『3』がリリースされました。
 SIX LOUNGEのジャンルとしては、ガレージ・ロックなどに属します。ボーカルのヤマグチユウモリ
さんの男性性の強いボーカルに象徴されるように、全体としてロックバンドらしいナンバーが多いです。昨今は、「ロック離れ」といった言葉も多く聞かれますが、ギターがジャカジャカ鳴った力強いロックが聴きたい方にお奨めしたいバンドです。
 SIX LOUNGEの代表的な楽曲としては、『メリールー』、『くだらない』といった曲が人気のようです。私自身は、『IN FIGHT』という最近の楽曲も非常に耳に残りました(新しいアルバムに収録されていおります)。また、井上陽水さんのトリビュートアルバムでカバーされた『Just Fit』という曲も印象に残っております。


 さて、『天使のスーツケース』についてです。この楽曲は、2019年にロックバンドSIX LOUNGEによりリリースされたシングル曲であります。アルバム『THE BULB』に収録されております。CDシングルのリリースと共に、SIX LOUNGEのYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。

 『天使のスーツケース』はアップテンポのロックナンバーであります。演奏時間が3分程度と短く、非常に密度が濃いです。歌メロについては、AメロサビCメロといった形で作られております。
 同曲の音域的な特徴についてです。上図のように、男性の音域としてはやや高めのレンジで歌われております。ただ、hiA~hiBといった音階が地声で登場する場面は2回程度で、mid2G辺りがしっかり歌いこなせれば、ある程度形になりやすいです。場合によっては、少しキーを下げてもよいです。

 さて、『天使のスーツケース』【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはラストのサビで1回登場します。回数としては少ないです。通常サビでは同じフレーズを裏声で歌唱しております。よって、高音が得意でない方はここは裏声でもよいと思います。
 この、hiBを除くと、ラストのサビでhiA#が1回登場します。ここは出来れば地声でしっかり歌いたいところです。hiA#は一般的な男声にとっては高めの音階になりますので、少しキーを下げた方が歌いやすいです。ボーカルのヤマグチさんは男性性の強い声質をしておりますので、キーを下げて低音を強調しても合いやすいと思います。

 『天使のスーツケース』は低音域に余裕があり、キー調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能だとは思いますが、ボーカルの発声が力強く、ビギナーなどには真似にくいかもしれません。キーを下げても歌いにくい場合は、別の易しめの曲と並行して練習してください。

 『天使のスーツケース』は歌い慣れた人であれば、比較的チャレンジしやすい楽曲なのではないかと思います。個人的には、ボーカルのヤマグチさんの発声が非常に艶っぽく、真似してみたいと感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする